NISA初の満期到来、ロールオーバーすべき?

NISAだけでなく資金計画全体をチェックするきっかけに

小島 淳/2018.10.30

いいね ツイートする

 2014年1月に始まったNISA(少額投資非課税制度)。株式や投資信託などを対象に、本来は2割課税される運用益が5年間非課税になる制度です。2014年に投資した資産については2018年12月末、NISAとして初めての満期を迎えます。

 満期後の具体的な対応は主に、(1)翌年(2019年)のNISA非課税枠に移管する、(2)課税口座(特定口座もしくは一般口座)に移管する、(3)売却して現金化する――の3つです。NISAで投資している方には金融機関からすでに詳しい案内が届いていると思います。

 これを機会に、NISA口座以外の資産についてもその運用成果と資産配分を確認してはいかがでしょうか。さらには、毎年この時期に定点観測するのもいいかもしれません。

非課税枠120万円を超えてもロールオーバー可能

 上記(1)の「翌年(2019年)のNISA非課税枠に移管する」ことを「ロールオーバー」といいます。ちなみに、2014年1月1日から2018年10月1日までで、日経平均株価は48.12%上昇しました。2018年10月半ばから下落傾向を見せているとはいえ、2014年にNISAで投資した多くの方はおそらく資産が増え、非課税効果を実感できたのではないでしょうか。