IoT(Internet of Things)の最新ニュースや企業&ベンチャー事例(ケーススタディ)ほぼ毎日掲載

イノベーション
2017.05.22

運転は無人時代へ。DeNAが自動車領域にもたらす変革
ITは自動車産業を救う? ドライバー不足を解消する自動運転技術

BY

自動車関連市場参入に勝算はあるのか?

なぜ、DeNAは自動車領域に参入したのか? ひとつは、単純に市場規模が非常に大きいからだ。自動車をいうと、製造ばかり目にとらわれがちだが以下を見てもらいたい。

・自動車販売(新品、中古)
・自動車整備
・自動車保険
・自動車賃貸(リース、レンタカー)
・カー用品
・補修部品、リサイクル部品
・カーナビ市場
・自動車向けガソリン市場

と、業界全体は広範囲で全部では50兆円以上の市場があるのだそうだ。実際、Google、Alibaba、TESLA、UBER、Wazeなど、多くの企業が参入してきており、大きな変化を及ぼす可能性が高い。

「大きな産業市場が激変の時期を迎えていて、かつ、それがハードウェアからソフトウェアへの付加価値の移行を伴っていることを考えると、インターネット企業のDeNAにも何かご協力できることがあるのではないかという視点で、参入を決めました。」と、中島氏。

携帯電話は今から20年ほど前に登場し、スマートフォンへと進化した。現在はひとり1台、スマートフォンを持っているのが当たり前の時代で、アプリを動かしたり、音楽や動画の配信を楽しんだりと、いろいろなサービスが利用できる。この状況を20年前に言い当てた人はいないが、昔から大きな投資をしてきた企業がリーディングカンパニーとして今も生き残っている。

「自動車が同じような変化を起こすのであれば、今、大きく投資をしておくべきであろうということで、先は読めませんが、まずは参入してみましょうと。走りながら戦略を考えているような理解です。」と中島氏。

また日本をはじめとしたアジア諸国は、交通サービスの規模が大きく、世界への影響力も大きい。タクシー台数の比較では、全世界のトップ10ヶ国のうち、5ヶ国がアジアに集中している。タクシーの台数でいえば、日本は世界で5番目の国だ。アジアにおける交通サービスの規模、影響力というのは、非常に大きい。その日本で、どういう変化が起きるのかは、世界が注目しているところでもあるのだ。

ITが自動車産業を救う?

日本では、第一次モータリゼーションが1960年代の東京オリンピックをきっかけに起こり、自動車産業の発展によって、世の中が便利で豊かになった。2020年の東京オリンピックで第二次モータリゼーションが起こるとすると、日本の自動車業界が主導して新しいユーザー体験を世の中に提供できる可能性がある。

そこには当然、米国シリコンバレーのIT企業を筆頭に、世界各国がグローバリー標準モデルを狙ってくる。日本は産業の垣根を超えて日本主導で第二次モータリゼーションを起こし、その後の日本経済を支える必要に迫られる。

それには、スマートフォンだけでレンタカーの予約、決済といったことが簡単に行えるようになっているだろう。そうした近い将来が来た時にDeNAはどういった企業に進化しているのか、この目でチェックしてみたい。

JBPRESS

あわせてお読みください

テクノロジー

AIスピーカーはBluetoothスピーカーと何が違う?

IIJとLinks Field Networks社が業務提携、SoftSIMソリューションを共同推進

日立IoT「Lumada」でエレベーター/ビル設備の稼働可視化や設定変更

コーウェイ、空気清浄機「AIRMEGA」シリーズにIoT対応モデルなど新登場

河川水位監視や路線バス運行管理も、オートバックスセブンの見守りIoT…CEATEC 2019

アクセルラボ、スマートホーム向けIoT機器の展示やコンセプトルームを展開【CEATEC 2019】

「CEATEC 2019」レポート。ANAが初出展でアバター技術を披露

日立ソリューションズ東日本、製造業向けの生産性向上IoT/データ分析ソリューション「WellLine」

「5Gで何が変わる?」ドコモ、au、ソフトバンク、楽天モバイルのトップが激論 #CEATEC

大成建設、建物の運用・保守業務をAIとIoTで効率化、日本マイクロソフトと協業 | IT Leaders

【CEATEC】AI+IoTプラットフォームを提供するTuyaが、多彩なIoT製品を展示

マイクロソフト、大成建設、NXPジャパンが協業--IoTデータ活用体制を拡大

AIロボにひとめぼれ オートバックスセブン発IoTプラットフォーム構想の本気度

企業のデジタルシフトはIoT、5G、サブスクリプションが牽引。マインドセットを転換せよ──ITRのアナリストが提言

ウーバーの無責任な「ドライバー雇用」は許されない

“IoTファーストクラスシート”登場 乗客の眠りを検知しCAに報告 機内食で起こされず快適な旅

アルプスアルパインはCASEやインターフェイス技術を訴求へ…CEATEC 2019

シャープ、AIoT活用しスマートライフのプラットフォーマーに−−2つの子会社設立

家庭向けにIoT社会で息を吹き返す、パナの「IoT-PLC」

インフォマート、IoTを活用した在庫管理ソリューションサービス

「いまはベンチャーが大手を選択する時代」超先端分野で東芝がNextremerと組んだ理由

記事ランキング

  • 直近1時間
  • 昨日

話題のキーワード

注目連載

あわせてお読みください

IIJとLinks Field Networks社が業務提携、SoftSIMソリューションを共同推進

日立IoT「Lumada」でエレベーター/ビル設備の稼働可視化や設定変更

コーウェイ、空気清浄機「AIRMEGA」シリーズにIoT対応モデルなど新登場

河川水位監視や路線バス運行管理も、オートバックスセブンの見守りIoT…CEATEC 2019

アクセルラボ、スマートホーム向けIoT機器の展示やコンセプトルームを展開【CEATEC 2019】

「CEATEC 2019」レポート。ANAが初出展でアバター技術を披露

日立ソリューションズ東日本、製造業向けの生産性向上IoT/データ分析ソリューション「WellLine」

「5Gで何が変わる?」ドコモ、au、ソフトバンク、楽天モバイルのトップが激論 #CEATEC

大成建設、建物の運用・保守業務をAIとIoTで効率化、日本マイクロソフトと協業 | IT Leaders

【CEATEC】AI+IoTプラットフォームを提供するTuyaが、多彩なIoT製品を展示

マイクロソフト、大成建設、NXPジャパンが協業--IoTデータ活用体制を拡大

AIロボにひとめぼれ オートバックスセブン発IoTプラットフォーム構想の本気度

企業のデジタルシフトはIoT、5G、サブスクリプションが牽引。マインドセットを転換せよ──ITRのアナリストが提言

ウーバーの無責任な「ドライバー雇用」は許されない

“IoTファーストクラスシート”登場 乗客の眠りを検知しCAに報告 機内食で起こされず快適な旅

アルプスアルパインはCASEやインターフェイス技術を訴求へ…CEATEC 2019

シャープ、AIoT活用しスマートライフのプラットフォーマーに−−2つの子会社設立

家庭向けにIoT社会で息を吹き返す、パナの「IoT-PLC」

インフォマート、IoTを活用した在庫管理ソリューションサービス

「いまはベンチャーが大手を選択する時代」超先端分野で東芝がNextremerと組んだ理由

IoTニュース

情勢変化に対応した人材指針を出さすに「人材が足りない」は敗者の言い訳 | IT Leaders
IoTを海外展開、IoTでサブスクモデルの導入を図りたいのですが?――「餅は餅屋」に任せろ
システムに容易に組み込めるIoTデバイス ラトック
IoTBASE、「ELTRES」対応のIoTサービスを提供開始
KDDIら、“IoTボール”でアスリートの育成支援--球の軌道や正しい姿勢をAIで解析
IoT家電を使うとギフトカードがもらえる?経産省主導の「LIFE UP プロモーション」とは 
NTTのIoTシステム向けメッセージ認証技術「LightMAC」 ISO/IEC 29192-6に採択
ルネサス、Armマイコン「RAファミリー」を発表
自動で衣類を折り畳んで収納するタンス「INDONE」、CEATEC 2019でアップデートモデルを発表
IoT、Mobility、Wellnessなど7分野の製品展示、TDK
富士通と名古屋市、地下鉄駅構内の混雑状況をIoTで可視化する実証実験
Gunosy、フラーの「App Ape」を導入 スマホユーザーの分析にライフログデータを活用へ
セニアカーの状態をリアルタイムで検知、スズキとNTT Comが実証実験へ
住友ゴム、AI/IoT基盤を活用したタイヤ生産システムを構築 | IT Leaders
安価なIoT機器でも安全なライフライクル管理を実現、サイバートラストがLinux用にSDKを提供 | IT Leaders
規制緩和で実現なるか 日本発都市型スマートシティの現在

IoTニュース”は、Mynd Engineを活用して、世の中のIoT関連の記事をまとめさせていただき、ご紹介させていただきます。