干す、焼く、煮る、日本人はこんなにもタコが好き

切っても切れない日本人とタコの仲(前篇)

2017.01.20(Fri) 漆原 次郎
筆者プロフィール&コラム概要
タコのブツ。タコ焼きなどに使われる。

「日本人のタコ好きは特殊・・・」。この見方には賛否両論あるようだ。海外では「悪魔の魚」と忌み嫌われる一方、日本には愛でる文化まであるのだから、その通り。いや、イタリアやスペインをはじめ、タコを食べる民族は少なくないからそうは言えない、といった具合に。

 ただ、言えることは、特殊かどうかはとにかく「日本人はタコが好き」ということ。タコ消費量は世界1位で、そのシェアは世界の約6割を占めるとされる。

 では、どうして日本人は無類のタコ好きになったのだろうか。前篇で日本人とタコの関わり合いの歴史を追いながら、その理由を探っていきたい。そして、後篇では、将来の日本人とタコの関係性を決するといっても過言ではない、「タコの完全養殖」実現を目指すプロジェクトを紹介したい。

かつては乾物や発酵食として食べていた

 日本人とタコの縁は、2000年ほど前までさかのぼれる。鹿児島県指宿市、兵庫県明石市、大阪府堺市などの弥生時代の遺跡から、タコを捕まえるための「蛸壺」と思しき器がまとまって出土されているのだ。

 不思議なことに、それ以前の縄文遺跡からは蛸壺はまったく出土されていない。これには、弥生時代になって蛸壺を使った漁法をする人たちが各地に移り住んだからとの説がある。だが、そもそもいつどこで誰が蛸壺を作り始めたのか、謎は多い。

 古文書に「タコ」が登場するのは、713(和銅6)年の『出雲国風土記』において。出雲郡の杵築御埼(きづきのみさき)にいたタコを天羽々鷲(あめのははわし)がさらい、たどりついた島が「タコ島」と呼ばれるようになったという話だ。「タコ」には「虫へんに居」と「虫へんに者」の字が当てられている。この島は松江市の中海にある大根島のこと。「たこ」が訛化して「だいこん」になったとも言われる。

この連載記事のバックナンバー
トップページへ戻る

1975年生まれ。神奈川県出身。出版社で8年にわたり理工書の編集をしたあと、フリーランス記者に。科学誌や経済誌などに、医学・医療分野を含む科学技術関連の記事を寄稿。日本科学技術ジャーナリスト会議理事。著書に『日産 驚異の会議』(東洋経済新報社)、『原発と次世代エネルギーの未来がわかる本』(洋泉社)、『模倣品対策の新時代』(発明協会)など。


食の万華鏡

食の安全に対して国民の関心が高まっている。今後、安全で美味しい食の供給国としての日本を考えた時にもこの問題は重要になる。食の安全の話題を中心に、食トレンド、食品マーケットなど、食にまつわる様々なテーマを取り上げる。