究極の方法?「痩せたければダイエットをするな」

意志力でコントロールする“アンチダイエット”減量法

2016.12.09(Fri) 漆原 次郎
筆者プロフィール&コラム概要
とかく減量といえば、「これは食べない」と食べものを断つダイエットを人はしようとするが・・・。

 年末から年始にかけては「ダイエット欲」が高まる時期だ。忘年会や年末休暇でつい食べすぎて反省し、年が明ければ「一年の計は元旦にあり」と一念発起して食事制限にいそしみだす。これからの数週間、そのように過ごす人もいるだろう。

 だが、世間には「体重を減らすためにはダイエットをすべきでない」とする論があるのをご存じだろうか。「“太る原因の食べものを食べない”という誓いは立ててはならない」というのだ。

減量成功へのカギとなる「意志力」

 この“アンチダイエット”減量法とでもいうべき理論と方法は、ロイ・バウマイスターとジョン・ティアニーの共著書『WILLPOWER 意志力の科学』(渡会圭子訳、インターシフト刊、原題“WILLPOWER”)で述べられているものだ。

WILLPOWER 意志力の科学』(ロイ・バウマイスター、ジョン・ティアニー共著、渡会圭子訳、インターシフト刊)

 バウマイスターは米国フロリダ州立大学社会心理学部の教授で、意志を研究対象とする心理学者。ティアニーはジャーナリスト。共著書だが、基本的にはバウマイスターの研究や知見を、ティアニーが紹介する形をとっている。

 ダイエットの本論に入る前に、書名にもある「意志力」とは何かを、説明しておきたい。

 意志力を定義するような記述はないが、近い意味で使われているのが「自己コントロール能力」だ。自分で自身の欲望などを抑える能力、つまりは自制する力といってよい。

この連載記事のバックナンバー
トップページへ戻る

1975年生まれ。神奈川県出身。出版社で8年にわたり理工書の編集をしたあと、フリーランス記者に。科学誌や経済誌などに、医学・医療分野を含む科学技術関連の記事を寄稿。日本科学技術ジャーナリスト会議理事。著書に『日産 驚異の会議』(東洋経済新報社)、『原発と次世代エネルギーの未来がわかる本』(洋泉社)、『模倣品対策の新時代』(発明協会)など。


食の万華鏡

食の安全に対して国民の関心が高まっている。今後、安全で美味しい食の供給国としての日本を考えた時にもこの問題は重要になる。食の安全の話題を中心に、食トレンド、食品マーケットなど、食にまつわる様々なテーマを取り上げる。