今こそ我々には「忍者食」が必要なようだ

疲労にもストレスにも効く驚くべき機能性食品

2016.06.03(Fri) 佐藤 成美
筆者プロフィール&コラム概要
第21回 国際食品素材/添加物展・会議での「忍者食」コーナー。

 アニメや映画のキャラクターとして世界中で人気の高い「忍者」。そんな忍者が持ち歩いた携帯食は、現代にも通じるパワーフードだった。

 5月に東京で開催された「第21回 国際食品素材/添加物展・会議(ifia JAPAN 2016)」における「忍者食」コーナーの報告と合わせて、忍者食の価値に迫ってみたい。

任務に携帯していた「兵糧丸」

 急増する外国人観光客にとりわけ人気が高いのが、忍者だ。「忍者屋敷」を模した都内のレストランには、外国人観光客であふれているという。忍術を使い、影のように立ち回る姿に引きつけられるのは、日本人ばかりではないようだ。

 時代劇でのイメージとは異なるが、もちろん忍者は実在していた。人目をさける忍者ゆえ、史料は少ない。だが、近年では忍者の学術研究が行われており、実態が明らかになってきている。

 忍者の任務は、敵地に忍び込み、敵の情報を集めること。そのため、忍者は、日々、身体の修練に励んでいたという。

 そんな忍者の食事はどうだったのかというと、普段の食事は普通の人と変わらなかったようだ。だが、忍者としての任務に出るときは、強飯や梅干しのほか、「兵糧丸(ひょうろうがん)」という独自の携帯食を持ち歩いていたという。

 兵糧丸は、忍者の漫画でも、「1つ食べれば1日動き回れる」ほどカロリーが高いとして登場する食料である。実際の記録に残る兵糧丸は、地域により材料やレシピに違いはあるが、おおむねそば粉や米、ハト麦などの穀物の粉末に、ゴマや松の実、ハチミツ、魚粉などを加えて丸めたものだった。

 穀物は炭水化物が豊富にあるし、ゴマや松の実などの木の実は脂質やミネラルを含む。魚粉はタンパク質が豊富である。兵糧丸は、保存性がよくカロリーが高いだけでなく、栄養素もバランスよく含んでいた。現代でいえば、エネルギーバーやシリアルバーのようなバランス栄養食だったのである。

この連載記事のバックナンバー
トップページへ戻る

サイエンスライター、明治学院大学非常勤講師(生物学)、農学博士。食品会社の研究員、大学の研究員、教員などを経て現在に至る。研究所の広報誌やサイトなどにも原稿を執筆している。


食の万華鏡

食の安全に対して国民の関心が高まっている。今後、安全で美味しい食の供給国としての日本を考えた時にもこの問題は重要になる。食の安全の話題を中心に、食トレンド、食品マーケットなど、食にまつわる様々なテーマを取り上げる。