南インドのカレー定食「ミールス」ブームが到来!

カレーはやっぱり健康食だった

2015.09.25(Fri) 麻生 千晶
筆者プロフィール&コラム概要
南インドのカレー定食「ミールス」。都内の料理店にて

 「カレーは健康に良い食べものか」

 このように質問されたらどう答えるだろうか。カレーには野菜や肉が具材に使われるほか、体を温めて発汗作用を促す生姜や、滋養強壮を高めるニンニク、さらに胆汁の分泌を手助けするウコンなどといった、何種類ものスパイスが使われている。

 スパイス単体の効果を聞けば「カレーは身体によさそうだ」というイメージをもつ方が多いのではないだろうか。

 しかし、日本で売られている一般的な市販のルーには油脂や小麦粉が多く使用されており、家庭で作ったカレーでもカロリーは意外に高くなる。高級レストランやホテルで提供される欧風カレーも、野菜や肉を長時間煮ることで得られる煮汁「フォンドボー」を使用し、濃厚な味付けが魅力だが、カロリーが高いのが実状だ。

 では、インドカレーはどうか。街なかで見かけるインドカレーの多くは、チキンやマトン(羊肉)といった肉をメインに、バターや生クリームを使用した濃厚なカレーだ。そこに小麦を原料とした「ナン」や「チャパティ」とよばれる平らなパンを浸して食すスタイルが多い。

 これはインドでも主に北の地方で食べられるカレー料理であり、辛さはマイルドでこってりとした濃厚な味わいが特徴だ。日本でも最近ではランチタイムになると、「メインのカレー1種類にナンはお代わり自由でワンコイン(500円)」などと安価なセットを提供する店も登場しており、サラリーマンの人気を呼んでいる。

 ただし、この北部地方のインドカレーは生クリームやバターを多く使用しているため、カロリーも高い。つまり、これらのカレーはいくら身体によさそうな香辛料を使っているといってもカロリーが高いわけで、また油の多い料理という印象が拭えない。

 そんな多くの日本人が持つイメージを覆すようなカレーが、いま注目を集めている。

ヘルシーなカレー、南インドの「ミールス」

 あまり知られていないが、インドのとくに南に位置するカルナータカ州、アーンドラ・プラデーシュ州、ケララ州、タミル・ナードゥ州などでは、他とは少々違うカレーが主流だ。

この連載記事のバックナンバー
トップページへ戻る

明治大学農学部を卒業し生命科学系出版社に勤務後、執筆業を開始。幅広い分野に興味を持ち、「読んでよかった」と思ってもらえるテーマ、文章を心がけて日々活動中。


食の万華鏡

食の安全に対して国民の関心が高まっている。今後、安全で美味しい食の供給国としての日本を考えた時にもこの問題は重要になる。食の安全の話題を中心に、食トレンド、食品マーケットなど、食にまつわる様々なテーマを取り上げる。