800円フレンチにハラール食、
こんなことになっている大学の学食

メニュー、サービスを競い合う“大学競争”

2014.04.11(Fri) 麻生 千晶
筆者プロフィール&コラム概要

 学食。その言葉を聞いてどんなイメージを抱くだろうか。一昔前の筆者の学生時代には、「肉料理中心で、安いのにお腹がいっぱいになる」メニューが多かった。しかし、現代の学食は一味も二味も違う。様々な付加価値を持った学食が登場しているのだ。現代の学食事情を見ていくと、大学が直面している課題も見えてくる。

味は本格的、でも値段は学生目線

 学食に加えられた価値としてまず上がるのが「高級化・本格化」だ。

 東京都文京区にある東洋大学・白山キャンパスでは、インド人シェフによる本格的なインドカレーがドリンク、サラダ付きで500円で食べられる。注文を受けてから焼き上げる熱々のナンとスパイスを使ったカレーは学生に人気だ。

 同大学には、すき焼き、しゃぶしゃぶで有名な「スエヒロ」が手がける店まであり、うどんやカレーなどの定番メニューのほか、ステーキまで食べられるという。

 このような学食を提供するのは東洋大学だけではない。目黒区にある東京大学駒場キャンパスには、本格的なフレンチレストランが登場。ランチの日替わりワンプレートは800円で、メインを肉・魚から選ぶことができる。リーズナブルな価格だけでなく、本格的な味わいが好評を呼び、学生だけでなく近隣住民からの利用も多いという。 

ハラール食やベジタリアン食で国際化対応

 学食の進化は高級化や本格化だけにとどまらない。

 新宿区の早稲田大学大隈ガーデンハウスでは、イスラムの学生向けの「ハラール食」を提供している。ハラール食とは、イスラム教で認められた食材を、イスラム教の教えに沿った方法で調理した料理のこと。禁忌である豚肉を使わないのはもちろん、他の料理で使用した包丁や鍋でハラール食を調理することもできないため、ハラール専用の調理器具を用意しなくてはならない。

この連載記事のバックナンバー
トップページへ戻る

明治大学農学部を卒業し生命科学系出版社に勤務後、執筆業を開始。幅広い分野に興味を持ち、「読んでよかった」と思ってもらえるテーマ、文章を心がけて日々活動中。


食の万華鏡

食の安全に対して国民の関心が高まっている。今後、安全で美味しい食の供給国としての日本を考えた時にもこの問題は重要になる。食の安全の話題を中心に、食トレンド、食品マーケットなど、食にまつわる様々なテーマを取り上げる。