果物を食べなくなった日本人

消費量は欧米の半分、美味しいだけでは売れない時代に

2014.09.05(Fri) 佐藤 成美
筆者プロフィール&コラム概要

 近年、若い世代を中心に“果物離れ”が進んでいるのをご存じだろうか。

 かつて果物を食べるといえば、皮をむいて生で食べることだったが、最近では食べやすさを狙って、カットフルーツやスイーツ、ジュースなどの加工品も多くなっている。私たちの食生活の中で、果物の位置付けが変化しているようだ。

欧米では野菜と同じ、日本ではデザート

 残暑のピークも過ぎ、いよいよ味覚の秋の到来だ。この季節になると、ブドウや梨、柿などの旬の果物が出回り、食卓を彩る。ぶどう狩りや梨もぎで採れたての味を楽しむ人も多いことだろう。

 ところが近年、日本人は果物をあまり食べなくなっている。特に40~50代の世代で果物離れが顕著だ。果物全体の消費は横ばいだが、生鮮果実としての消費は減少が続いている。一方、輸入品を中心に加工品の消費は増加している。

1人あたりの生鮮果実年間購入量。単位はキログラム。2人以上の世帯 (参考:総務省「家計調査」をもとに作成)
世代別の1日あたりの果実摂取量の変化。生鮮果実、果実缶詰、ジャム、果汁類の重量の合計。単位はグラム (参考:厚生労働省「国民健康・栄養調査」をもとに作成)
この連載記事のバックナンバー
トップページへ戻る

サイエンスライター、明治学院大学非常勤講師(生物学)、農学博士。食品会社の研究員、大学の研究員、教員などを経て現在に至る。研究所の広報誌やサイトなどにも原稿を執筆している。


食の万華鏡

食の安全に対して国民の関心が高まっている。今後、安全で美味しい食の供給国としての日本を考えた時にもこの問題は重要になる。食の安全の話題を中心に、食トレンド、食品マーケットなど、食にまつわる様々なテーマを取り上げる。