米国で急速に開発が進む木質バイオマス

国防の観点から軽油、ジェット燃料の生産を視野に

2013.11.06(水) 藤原 秀樹
    http://goo.gl/jDd7Gn
  • 著者プロフィール&コラム概要

これまで、バイオマスが今後の再生可能エネルギーとして最も期待されていること(第1回)、OECD(経済協力開発機構)諸国では化石燃料のうち石油・石炭が減少し、バイオマスとその他再生可能エネルギーが増加すること(第2回)を紹介してきた。

 原子力発電所は2008年の時点では伸びると予想されていたが、福島第一原子力発電所事故以後は不明である。いずれにせよ、バイオマスの重要性は増加しても減少することはない。

米国がバイオマス利用に熱心なのは安全保障上の理由から

ナショナル・バイオフュエル・アクション・プラン(2008年)

 ところで、バイオマスからのエネルギー、すなわちバイオエネルギーの中で、穀物から作るバイオエタノールと木質資源(主に木材)から作るバイオ燃料は大きく異なる。この違いを米国の例で示そう。

 米国と言えば、京都議定書の批准をしていなかったり、どうも環境対策に熱心ではないと思われる方々も多いのではないだろうか。ところが、実際にはバイオマスの利用については非常に熱心なのである。

 2008年のジョージ・W・ブッシュ政権下で、バイオマス研究開発委員会(Biomass Research and Development Board)が、「ナショナル・バイオフュエル・アクション・プラン」というのを発表した。

図1:米国の石油生産能力と消費(出典:ナショナル・バイオフュエル・アクション・プラン、2008年)

 それによると、バイオエネルギーによるCO2削減より先に述べられている重要なことは、米国国内での石油生産の減少である。

 図1(和文は著者)のように、年々石油の米国内での生産が減少しているが、需要は伸び続けているのだ。

 シェールガスでガスの供給は増しているものの、石油の生産が減少していることに変わりはない。それに伴い、石油の輸入が次第に増加している。

 これを米国は安全保障上の問題として捉えている。国内で再生可能なエネルギーで、しかも石油の代替になるものを作る。この方針はバラク・オバマ政権になっても引き継がれた。

1
スマートエネルギー情報局TOPに戻る
PR
PR
PR
バックナンバー一覧 »

POWERED BY

  • ソーシャルメディアの公式アカウントOPEN!
    TwitterFacebookページでも最新記事の情報などを配信していきます。「フォロー」・「いいね」をよろしくお願いします!
Twitter
RSS

藤原 秀樹 Hideki Fujiwara

 

カーボンニュートラル資源研究所 代表

慶応義塾大学工学部卒・同大学院修了後、十條製紙(現・日本製紙)入社。

米国・ウェスタンミシガン大学留学。工学博士。

日本製紙・取締役・研究開発本部長、関係会社役員を歴任。

TAPPIフェロー(米国紙パルプ技術協会名誉会員)、TAPPI 塗工部門技術賞 (アジア初)

東京大学大学院農学生命科学研究科・農学部・非常勤講師、タイ国アジア工科大学院・客員教授

米国紙パルプ技術協会・国際研究管理委員会 委員(副委員長)
マルクス・ヴァレンベリ賞(スウェーデン)選考委員会・アジア地区大使を経て、現在は選考委員会のシニアアドバイザー

エネルギー戦略

20世紀の社会を築き、支えてきた石油。しかし世界的な環境意識の高まりの中で、石油依存社会の限界が明らかになりつつある。石油はいまどうなっているのか。石油社会の次を築き、新世紀を切り開くイノベーションは何か。その最先端の姿をリポートする。

>>最新記事一覧へ