「お酒の前に牛乳」は効果があるのか? 

「酒と体」の本当のところ(前篇)

2013.08.23(Fri) 漆原 次郎
筆者プロフィール&コラム概要

 気分を良くさせることもあれば、頭を痛くさせることもある。健康をもたらすこともあれば、体をむしばむこともある。人はそれを飲むことだけでなく、それに呑まれることもある・・・。人間にとってお酒とは、このように様々な二面性を持つ存在だ。

 お酒に含まれるアルコールが、人に“酔う”などの影響を与えることは、あまりによく知られていることだ。しかし、なぜアルコールが人にとって様々な二面性を持つのか、その仕組みや実態まで詳しくはあまり知られていない。

 日本での飲酒人口は7000万人とも言われる。多くの人にとって身近な物質「アルコール」に目を向けて、体への影響を整理しておくのもよさそうだ。

 そこで今回は、東京都目黒区にある洗足メンタルクリニックの重盛憲司氏に、アルコールの話を聞くことにした。重盛氏は、国立久里浜病院で長らくアルコール依存症などの治療に携わってきた。精神科医としてだけでなく、アルコール全般への見識が広くて深い。

 前篇では、まず、人がアルコールで酔うメカニズムや、上戸と下戸の違いといった基本的な話を聞いてみる。さらに、「牛乳を飲むと胃に膜ができて酔いにくくなる」といった、世間で流布しているアルコールをめぐる諸説の真相を聞いてみよう。

 後篇では、アルコールが体に与える良い影響と悪い影響を整理し、「適量をたしなむ」とはどういうことかを、改めて重盛氏とともに考えていきたい。

脳の内部へアルコールがしみ込んでいく

──そもそもの質問からします。なぜ、人はお酒を飲むと酔っぱらうのでしょうか?

重盛憲司氏(以下、敬称略) 2つの点から説明できます。

 1つは、お酒に含まれるアルコールによって、脳が麻痺するということです。

 お酒を飲んで体に入ったアルコールは、胃、小腸などで吸収されます。そして血管を通って肝臓で代謝されます。しかし、代謝されないアルコールは心臓へ行き、そして脳を含む全身に行きわたります。お酒を飲んで約10分もすれば、脳にアルコールが達します。

 脳では、アルコールが外側から内側へとしみ込んでいきます。脳の表面にあるのは理性を司る大脳皮質ですから、お酒を飲むとだんだん理性が取り払われていくわけです。感情が解き放たれ、“泣き上戸”や“笑い上戸”なども起きます。

この連載記事のバックナンバー
トップページへ戻る

1975年生まれ。神奈川県出身。出版社で8年にわたり理工書の編集をしたあと、フリーランス記者に。科学誌や経済誌などに、医学・医療分野を含む科学技術関連の記事を寄稿。日本科学技術ジャーナリスト会議理事。著書に『日産 驚異の会議』(東洋経済新報社)、『原発と次世代エネルギーの未来がわかる本』(洋泉社)、『模倣品対策の新時代』(発明協会)など。


食の万華鏡

食の安全に対して国民の関心が高まっている。今後、安全で美味しい食の供給国としての日本を考えた時にもこの問題は重要になる。食の安全の話題を中心に、食トレンド、食品マーケットなど、食にまつわる様々なテーマを取り上げる。