「酵素ジュースできれいになれる」は本当か?

酵素と生食の真相を追う(前篇)

2013.06.21(Fri) 漆原 次郎
筆者プロフィール&コラム概要

大澤 タンパク質分解酵素のペプシンが働くのは胃から先ですからね。胃で消化されるよりも以前に効果を発揮するとされる酵素もあります。例えば、チオレドキシンという酵素は、食道疾患を抑えるとして京都大学などで開発が進められています。

宣伝でも「酵素が体に吸収」までは言わず

──では、私たちの体内にある酵素の働きを、食べることで高めることはできるのでしょうか?

大澤 私たちが体の中に本来持っている酵素の活性を高めるような成分の食材を取ることには意味があります。例えば、ゴマやウコンなどには、抗酸化酵素や解毒酵素の活性を高めるリグナンという物質が含まれています。

 しかし、酵素を直接、体に取り入れて酵素の力を発揮させようとするという話には、“勘違い”があるのです。

──勘違いであるにもかかわらず、なぜ、酵素を体に直接的に取り込む健康法が流行っているのでしょうか?

大澤 いわゆる「酵素健康法」を吹聴する医者の方が、発酵食品と酵素をごちゃまぜにしているのだと思います。

 テレビで、ある有名な酵素食品のコマーシャルをちゃんと見てみると、「人間の酵素活性は落ちてくる。だから酵素をとりましょう」と言っていますが、「酵素が体に吸収されます」とまでは言っていません。

 酵素健康法を広めようとする方は、酵素の様々な機能や特徴のうちのいいところだけを寄せ集めて、1つの論を作ろうとしています。もし、反論があるのだとすれば、きちんとした根拠を持って反論してほしいと思います。

(後篇へ続く)

いかがでしたか?
JBpress をブックマークしましょう!
Twitterで @JBpress をフォローしましょう!
Facebookページ に「いいね」お願いします!

この連載記事のバックナンバー
トップページへ戻る

1975年生まれ。神奈川県出身。出版社で8年にわたり理工書の編集をしたあと、フリーランス記者に。科学誌や経済誌などに、医学・医療分野を含む科学技術関連の記事を寄稿。日本科学技術ジャーナリスト会議理事。著書に『日産 驚異の会議』(東洋経済新報社)、『原発と次世代エネルギーの未来がわかる本』(洋泉社)、『模倣品対策の新時代』(発明協会)など。


食の万華鏡

食の安全に対して国民の関心が高まっている。今後、安全で美味しい食の供給国としての日本を考えた時にもこの問題は重要になる。食の安全の話題を中心に、食トレンド、食品マーケットなど、食にまつわる様々なテーマを取り上げる。