Digital Experience! TOP>JBpress>マーケティング道場

勘から客観判断へ、激変するマーケティングの世界

ビッグデータを活用し、相次ぐ新規参入

2012.09.12(水) 本間 充
    http://goo.gl/D6itw
1
nextpage

 今回から、このコーナーでキュレーションをさせていただくことになりました。そこで、まず初回は私が最近考えていることを紹介したいと思います。

日本のマーケティングは大きな変化の中に

 マーケティングを取り巻く環境が変化していることは、読者の皆さんもお気づきのことだと思います。環境の変化、マーケティング自身の変化が起こり、そして実はその変化に相互作用があるのです。

日本への旅行に注意喚起、中国観光局

日本はもはや多民族・多言語の市場に〔AFPBB News

 環境の変化には、消費者の多様性が増したことが大きいのではないでしょうか。すでに日本は多民族、多言語の市場に変化しています。

 一例を示すと、外国からの日本への観光客は、2010年には800万人を超えています。また、2010年度の在日外国人は200万人を超えています(出典:日本政府観光局[JNTO]「訪日外客の動向」)。

 もはや日本では日本語を母国語としない住民と訪問者も消費者になり、この数は今後も増えていきます。

 また、日本人の中にも多様な生活スタイル、商品選択の視点が存在します。つまり、日本人の中にも多様性があり、非日本人も含めた市場全体では、さらにその多様性の広がりが見られるわけです。

 そして、マーティング自身も、よりデータ分析を根拠としたものに変化しています。

 これは、横山隆治さんのコラム「革命前夜を迎えた広告業界、準備すべきことは?」にもあるように、デジタルマーケティングの進化が一番大きな変化ですが、他にもコンピューティングの進化で、大量のデータを分析するビッグデータ分析がマーケティングの領域でも使えるようになったという変化も大きいと思います。

 このように、消費者の多様化とデータ分析によってマーケティングの仕事も大きく変わってきたと思います。

 今までは、マーケッターが消費者の立場になって考えることもできました。しかし、現在のように多様な市場では、もはやすべてのターゲットの消費者の立場になることはできず、データを見て判断することが重要です。

 そして、そのデータは、デジタルマーケティングを理解することによって多くの種類や方向から取得することが可能です。すなわち、今までとは異なる領域の知識と、視点が必要なのです。

1
nextpage
  • PR
  • PR
新着記事
MORE
BackNumber
MORE
ArticleRanking

 

本間 充 Mitsuru Honma

 

1992年、花王に入社。1996年まで、研究所に勤務。研究所では、UNIXマシーンや、スーパー・コンピューターを使って、数値シミュレーションなどを行う。研究の傍ら、Webサーバーに遭遇し、花王社内での最初のWebサーバーを立ち上げる。1997年から研究所を離れ、本格的にWebを業務として取り組み、1999年にWeb専業の部署を設立した。花王のWebを活用したマーケティングに取り組み続け、現在は、デジタルコミュニケーションセンター 企画室長を務めている。新しいWebのコミュニケーションの検討・提案や、海外花王グループ会社のWeb活用の支援、またB2B領域のサイトの企画まで、広く花王グループのWebのコミュニケーションに関わっている。Ad Tech Tokyo 2009, Ad Tech Singapore 2010等でも講演。

社外においては、公益社団法人・日本アドバタイザーズ協会 Web広告研究会の代表幹事を、2011年から務めている。
北海道大学卒業、数学修士。日本数学会員オープン・モバイル・コンソーシアム メンバー

マーケティング道場

現在のマーケティングの課題、デジタルマーケティングの最新手法、マーケティング投資の考え方とは? 確実に顧客に届き、アクションを促す新しいマーケティングのあり方を探る。

>>最新記事一覧へ