アップルがグーグルを訴える日も近い?

今後の訴訟展開を予測する海外メディア

2012.08.29(水) 小久保 重信
    http://goo.gl/ZU25t
1
nextpage

米アップルと韓国サムスン電子の特許訴訟で、米連邦地裁の陪審がアップル側に有利な評決をしたことで、「いよいよアップルがグーグルを訴える日も近づいてきた」という観測が流れるようになった。

 中でも米ニューヨーク・タイムズの27日付の記事では、その根拠として今回の米国の裁判で陪審が認定したユーザーインターフェースの特許侵害を取り上げている。

 問題となったのはサムスンが後から独自に付加した機能ではなく、そもそもグーグルのモバイル基本ソフト(OS)「アンドロイド(Android)」に備わっていた機能だからだ。

ジョブズ氏の怒りの矛先はアンドロイドだった

米グーグル、タブレット端末「Nexus 7」を発表

アップルに引き金を引かせてしまった? グーグルが発表したタブレット端末「ネクサス(Nexus)7」〔AFPBB News

 もしグーグルが今後、アップルが主張する特許を回避すべくOSに変更を加えなければ、おそらくアップルはグーグルを訴えるだろうと伝えている。

 そもそも、故スティーブ・ジョブズ氏が「アイデアを盗まれた」として怒りの矛先を向けたのはアンドロイドだった。だがこれまでアップルがグーグルを訴えなかったのは、グーグルがOSの開発だけに専念し、それを端末メーカーに無償でライセンス供与していたからだ。

 グーグルは端末販売で稼いでおらず、モバイル広告という間接的な収入を得ていた。こうした状況では具体的な損害額を証明するのが困難なため、アップルはアンドロイド端末を製造販売しているメーカーを訴えることにした。

 しかしここに来てこの状況に2つの変化が生じている。

 1つはグーグルが端末メーカーである米モトローラ・モビリティを傘下に収めたこと。もう1つは、製造こそ台湾アスーステック・コンピューターが担当したものの、グーグルも自社ブランドのタブレット端末「ネクサス(Nexus)7」を市場投入したことだ。

1
nextpage
  • PR
  • PR
新着記事
MORE
BackNumber
MORE
ArticleRanking

ニューズフロント社長。1961年生まれ。翻訳者、同時通訳者を経て、1998年から日経BP社のウエブサイトでIT関連の記事を執筆し始めた。 2000年にニューズフロントを設立。英語力の豊かなIT専門記者を育成すると同時に、独自に海外ニュースの速報事業を展開している。2003年に国内ニュースの配信にも進出した。

IT最前線

刻一刻と変化するITの世界。米国だけでなく世界中で起きている最新の情報を海外の有力メディアからピックアップし、この世界に詳しい筆者が鋭い分析を加えてお送りする。

>>最新記事一覧へ