「老化防止に納豆」を科学する

食卓の定番「納豆」の歩んできた道(後篇)

2012.01.27(Fri) 漆原 次郎
筆者プロフィール&コラム概要

 日本人の食卓に欠かせない食材「納豆」の昔と今を前後篇で追っている。前篇では、糸引き納豆の謎めいた起源や、製法・販売法における近現代の技術革新の歴史を紹介した。

 いつの時代も日本人は納豆を愛してやまない。その理由には、あの独特の風味と食感がまずあるだろう。それとともに、栄養源としての価値の高さも忘れてはならない。仏教伝来以降、長らく肉食を遠ざけてきた日本人にとって、大豆を発酵させた納豆は貴重なタンパク源であり続けてきた。

 エネルギー源というだけではない。納豆による健康効果に関する知見の数々も、現代の研究によって生まれてきた。栄養源としての納豆に対して“科学的な裏付け”が次々となされているのだ。それを一言で言えば「栄養バランスに優れている」ということになるだろう。

 後篇では、前篇に引き続き、全国納豆協同組合連合会専務理事の松永進氏に話を聞きつつ、納豆の健康効果について目を向けてみたい。日本人の健康長寿は納豆がつくった──。そんな表現が似合うほどの知見が数多くある。

 日本に現存する最も古い医書は、平安時代の宮廷医だった丹波康頼により984年に作られた『医心方』だ。この中には、大豆の様々な体への効能が綴られている。曰く、脳卒中や言語障害を和らげ、産後の成長をよくする。1年食べ続けると、体が軽くなり、精力が増す。長いこと食べると胃腸の機能を高める・・・。

 大豆そのものが体にさまざまな効き目をもたらすことは、古来知られていたのだろう。大豆の効果が裏付けされるように、現代科学でも大豆は栄養価 が高い作物であることが分かっている。大豆は、脂質、炭水化物、カルシウム、鉄、各種ビタミンといった栄養素を豊富に含む。さらに「畑の肉」とも呼ばれる。肉に匹敵する程のたんぱく質を含んでいるからだ。

 「大豆を発酵させて納豆にすることで、消化吸収の効果が向上します。さらに、大豆そのものよりも納豆にして食べた方が、いろいろな点で栄養に良いことが分かってきています」

この連載記事のバックナンバー
トップページへ戻る

1975年生まれ。神奈川県出身。出版社で8年にわたり理工書の編集をしたあと、フリーランス記者に。科学誌や経済誌などに、医学・医療分野を含む科学技術関連の記事を寄稿。日本科学技術ジャーナリスト会議理事。著書に『日産 驚異の会議』(東洋経済新報社)、『原発と次世代エネルギーの未来がわかる本』(洋泉社)、『模倣品対策の新時代』(発明協会)など。


食の万華鏡

食の安全に対して国民の関心が高まっている。今後、安全で美味しい食の供給国としての日本を考えた時にもこの問題は重要になる。食の安全の話題を中心に、食トレンド、食品マーケットなど、食にまつわる様々なテーマを取り上げる。