IoT(Internet of Things)の最新ニュースや企業&ベンチャー事例(ケーススタディ)ほぼ毎日掲載

2019.10.16

ウーバーの無責任な「ドライバー雇用」は許されない
IoT時代、<企業とギグワーカーとの雇用関係>が変わる

BY

ラスベガスでのウーバー・リフトの専用乗り場。CES期間中は割増料金になる(著者撮影)

(朝岡 崇史:ディライトデザイン代表取締役)

「ギグエコノミー」(Gig Economy)。それはインターネットを通じて単発の仕事を受注する働き方や、それによって成り立つ経済形態のことを指す。

 ギグの語源は英語のスラングだ。本来は、さほど親密ではないミュージシャン同士がライブハウスで音合わせを兼ねて短い演奏をすることを意味し、それが転じて2015年くらいからインターネット仲介による「単発の仕事」というニュアンスで頻繁に使われるようになった。

 配車サービスを展開するウーバー(Uber)やリフト(Lyft)、民泊サービスのエアビーアンドビー(Airbnb)、キー・バイ・アマゾン(Key by Amazon)でハウスキーピングサービスを展開するアマゾンホームサービスのサプライヤー、日本国内でもクラウドソーシングでウェブデザインやコンテンツ制作などを行うランサーズやクラウドワークスなどはギグエコノミーの典型的な事例である。

(参考動画)キー・バイ・アマゾンのサービス: Amazon Key - October 2017

 最近のマッキンゼーの調査によれば、米国とEU各国では約6400万人が(必要に迫られてではなく、自らの選択で本業に加えて副業として)ギグワークを請け負っているという(参考:「ギグエコノミーの労働者が直面する5つの問題」Forbes Japan)

 それでは、ギグワーカーの中でも明確な本業を持たず、ギグエコノミー企業であるテック企業からフルタイムかそれに近い形で仕事を請け負う労働者は「独立請負人(フリーランサー)」なのだろうか? それとも、最低賃金や失業保険、労災・医療保険など福利厚生を保証される「企業の従業員」とみなされるべきなのだろうか?

 このグレーゾーンに対して明確な一線を引くだけでなく、ギグエコノミーの業界全体を大きく揺るがすことになる法案が、2019年9月10日、米国のカリフォルニア州の上院を通過した。ギグワーカーの権利を守るための法案、「カリフォルニア州下院法5号」(Assembly Bill 5、以下「AB5」)がそれである。この法案は同9月18日にガビン・ニューサム州知事が署名したことにより、2020年1月に発効することが正式に決まった。

 IoT時代、<企業とギグワーカーとの雇用関係>が変わる。

ギグエコノミー企業を厳しく監視するAB5

 AB5には、「労働者を独立請負人に分類することは、中産階級の空洞化、そして所得の不平等の大きな要因となってきた」とギグエコノミーのダークな側面が指摘、明記されている。

JBPRESS

あわせてお読みください

記事ランキング

  • 直近1時間
  • 昨日

話題のキーワード

注目連載

あわせてお読みください

IoTニュース

エッジAIのエイシング、三井住友海上キャピタルから3億円を資金調達
デジタルトランスフォーメーション(DX)なんて言っているからダメなんじゃないか?
ディープインサイト、組み込み型エッジAIを提供
物理セキュリティも注力、レノボ初のエッジサーバー「ThinkSystem SE350」
富士通総研、埼玉県内企業向けAI・IoT活用支援サイトを構築
そのスマート家電は、来年も“スマート”なのか? IoT機器に常在する「サポート終了」というリスク
ホームネットとビレッジハウス・マネジメント、LEDとSIMを一体化IoT電球「ハローライト」のテスト導入
ローカル5Gとは何か? 総務省の狙いやNEC、パナソニック、東芝の動きなどを解説
IoT/AIを超高齢社会にどう生かすか? 「先駆者」としての障がい者
ICUの遠隔化で緊急医療体制を進化
災害・BCP対策、医療×AI/IoTで病院はどう変わる?
1億画素スマホや5Gスマホは日本に来る? シャオミに日本市場参入の意図を聞く
「半導体が産業の主役に」SEMICON Japan 2019の狙い
漁業、農業へのAI、IoT活用は実用段階へ--KDDIが手がける5つの事例
日立ソリューションズ、「GeoMation 屋内位置把握ソリューション」にデータ分析支援機能を追加
強化学習によってIoT機器が自ら最適な無線チャネルを選択 東京理科大

IoTニュース”は、Mynd Engineを活用して、世の中のIoT関連の記事をまとめさせていただき、ご紹介させていただきます。