IoT(Internet of Things)の最新ニュースや企業&ベンチャー事例(ケーススタディ)ほぼ毎日掲載

2019.10.16

ウーバーの無責任な「ドライバー雇用」は許されない
IoT時代、<企業とギグワーカーとの雇用関係>が変わる

BY

ラスベガスでのウーバー・リフトの専用乗り場。CES期間中は割増料金になる(著者撮影)

(朝岡 崇史:ディライトデザイン代表取締役)

「ギグエコノミー」(Gig Economy)。それはインターネットを通じて単発の仕事を受注する働き方や、それによって成り立つ経済形態のことを指す。

 ギグの語源は英語のスラングだ。本来は、さほど親密ではないミュージシャン同士がライブハウスで音合わせを兼ねて短い演奏をすることを意味し、それが転じて2015年くらいからインターネット仲介による「単発の仕事」というニュアンスで頻繁に使われるようになった。

 配車サービスを展開するウーバー(Uber)やリフト(Lyft)、民泊サービスのエアビーアンドビー(Airbnb)、キー・バイ・アマゾン(Key by Amazon)でハウスキーピングサービスを展開するアマゾンホームサービスのサプライヤー、日本国内でもクラウドソーシングでウェブデザインやコンテンツ制作などを行うランサーズやクラウドワークスなどはギグエコノミーの典型的な事例である。

(参考動画)キー・バイ・アマゾンのサービス: Amazon Key - October 2017

 最近のマッキンゼーの調査によれば、米国とEU各国では約6400万人が(必要に迫られてではなく、自らの選択で本業に加えて副業として)ギグワークを請け負っているという(参考:「ギグエコノミーの労働者が直面する5つの問題」Forbes Japan)

 それでは、ギグワーカーの中でも明確な本業を持たず、ギグエコノミー企業であるテック企業からフルタイムかそれに近い形で仕事を請け負う労働者は「独立請負人(フリーランサー)」なのだろうか? それとも、最低賃金や失業保険、労災・医療保険など福利厚生を保証される「企業の従業員」とみなされるべきなのだろうか?

 このグレーゾーンに対して明確な一線を引くだけでなく、ギグエコノミーの業界全体を大きく揺るがすことになる法案が、2019年9月10日、米国のカリフォルニア州の上院を通過した。ギグワーカーの権利を守るための法案、「カリフォルニア州下院法5号」(Assembly Bill 5、以下「AB5」)がそれである。この法案は同9月18日にガビン・ニューサム州知事が署名したことにより、2020年1月に発効することが正式に決まった。

 IoT時代、<企業とギグワーカーとの雇用関係>が変わる。

ギグエコノミー企業を厳しく監視するAB5

 AB5には、「労働者を独立請負人に分類することは、中産階級の空洞化、そして所得の不平等の大きな要因となってきた」とギグエコノミーのダークな側面が指摘、明記されている。

JBPRESS

あわせてお読みください

テクノロジー

AIスピーカーはBluetoothスピーカーと何が違う?

IoTの重要性がさらに高まるコロナ後の世界

第四のスマートスピーカ「Josh.ai」、狙うはハイエンド住宅特化のホームIoT市場

[セキュリティ:5/29]今すぐ対策 安全かつ効率的なテレワーク開発環境を構築する方法(無料/ウェビナー)

伊藤忠テクノソリューションズとIdein、AIによる顔認識機能を活用した体温検知デバイスの販売開始

ソニー、NTTドコモ、エムスリーが医療機関・患者向けのICT・IoT活用で協業の検討を開始

二酸化炭素濃度を測定し換気を促す、KDDIとエコモットの法人向けIoTパッケージ

京葉ガスとセンスウェイ、建物内温度や外気温を可視化して空調を制御する空調IoTソリューションを共同開発

[製造業:~5/25,~5/29]新型コロナ対策 今こそ取り組むべきIoT活用応援セミナー(無料/ウェビナー)

NTTデータ、データ管理の高度化においてデータ整備・データ分析活用業務をトータルサポートする新ブランド「Abler」を創設

FAがわかれば、製造現場がわかる、IoTゲートウェイ「PUSHLOG」―アスコ・杉村氏インタビュー

「ゼロトラスト」時代に求められる産業向けIoT機器のセキュリティ管理―サイバートラストオンラインセミナーレポート2

ソラコム、「SORACOM IoT ストア」にてリモートアクセスや移動管理のための産業用IoTデバイスを提供開始 

マイクロソフトとソニー、AIスマートカメラと映像解析で協業

IoT人気記事ランキング|金融機関や行政の手続きを共通化するプラットフォーム「AIRPOST」など[5/11-5/17]

「真正性」「ライフサイクル」「サプライチェーン」で読み解くIoTセキュリティ動向―サイバートラストオンラインセミナーレポート1

製造業向けロボットの世界市場、19年度は1兆174億円と縮小傾向 IoT・AI分野は拡大へ

ソニー、AI処理機能を搭載したインテリジェントビジョンセンサーを開発

KDDI、5Gビジネスの開発拠点「KDDI DIGITAL GATE」においてバーチャル空間を活用した体験ツアーを開始

MODE、「IoT/コネクテッド開発支援サービス」を提供開始

SB C&S、各種センサーデータをクラウドで管理できる「obniz BLEゲートウェイ」を発売

記事ランキング

  • 直近1時間
  • 昨日

話題のキーワード

注目連載

あわせてお読みください

IoTの重要性がさらに高まるコロナ後の世界

第四のスマートスピーカ「Josh.ai」、狙うはハイエンド住宅特化のホームIoT市場

[セキュリティ:5/29]今すぐ対策 安全かつ効率的なテレワーク開発環境を構築する方法(無料/ウェビナー)

伊藤忠テクノソリューションズとIdein、AIによる顔認識機能を活用した体温検知デバイスの販売開始

ソニー、NTTドコモ、エムスリーが医療機関・患者向けのICT・IoT活用で協業の検討を開始

二酸化炭素濃度を測定し換気を促す、KDDIとエコモットの法人向けIoTパッケージ

京葉ガスとセンスウェイ、建物内温度や外気温を可視化して空調を制御する空調IoTソリューションを共同開発

[製造業:~5/25,~5/29]新型コロナ対策 今こそ取り組むべきIoT活用応援セミナー(無料/ウェビナー)

NTTデータ、データ管理の高度化においてデータ整備・データ分析活用業務をトータルサポートする新ブランド「Abler」を創設

FAがわかれば、製造現場がわかる、IoTゲートウェイ「PUSHLOG」―アスコ・杉村氏インタビュー

「ゼロトラスト」時代に求められる産業向けIoT機器のセキュリティ管理―サイバートラストオンラインセミナーレポート2

ソラコム、「SORACOM IoT ストア」にてリモートアクセスや移動管理のための産業用IoTデバイスを提供開始 

マイクロソフトとソニー、AIスマートカメラと映像解析で協業

IoT人気記事ランキング|金融機関や行政の手続きを共通化するプラットフォーム「AIRPOST」など[5/11-5/17]

「真正性」「ライフサイクル」「サプライチェーン」で読み解くIoTセキュリティ動向―サイバートラストオンラインセミナーレポート1

製造業向けロボットの世界市場、19年度は1兆174億円と縮小傾向 IoT・AI分野は拡大へ

ソニー、AI処理機能を搭載したインテリジェントビジョンセンサーを開発

KDDI、5Gビジネスの開発拠点「KDDI DIGITAL GATE」においてバーチャル空間を活用した体験ツアーを開始

MODE、「IoT/コネクテッド開発支援サービス」を提供開始

SB C&S、各種センサーデータをクラウドで管理できる「obniz BLEゲートウェイ」を発売

IoTニュース

IoTの重要性がさらに高まるコロナ後の世界
第四のスマートスピーカ「Josh.ai」、狙うはハイエンド住宅特化のホームIoT市場
[セキュリティ:5/29]今すぐ対策 安全かつ効率的なテレワーク開発環境を構築する方法(無料/ウェビナー)
伊藤忠テクノソリューションズとIdein、AIによる顔認識機能を活用した体温検知デバイスの販売開始
ソニー、NTTドコモ、エムスリーが医療機関・患者向けのICT・IoT活用で協業の検討を開始
二酸化炭素濃度を測定し換気を促す、KDDIとエコモットの法人向けIoTパッケージ
京葉ガスとセンスウェイ、建物内温度や外気温を可視化して空調を制御する空調IoTソリューションを共同開発
[製造業:~5/25,~5/29]新型コロナ対策 今こそ取り組むべきIoT活用応援セミナー(無料/ウェビナー)
NTTデータ、データ管理の高度化においてデータ整備・データ分析活用業務をトータルサポートする新ブランド「Abler」を創設
FAがわかれば、製造現場がわかる、IoTゲートウェイ「PUSHLOG」―アスコ・杉村氏インタビュー
「ゼロトラスト」時代に求められる産業向けIoT機器のセキュリティ管理―サイバートラストオンラインセミナーレポート2
ソラコム、「SORACOM IoT ストア」にてリモートアクセスや移動管理のための産業用IoTデバイスを提供開始 
マイクロソフトとソニー、AIスマートカメラと映像解析で協業
IoT人気記事ランキング|金融機関や行政の手続きを共通化するプラットフォーム「AIRPOST」など[5/11-5/17]
「真正性」「ライフサイクル」「サプライチェーン」で読み解くIoTセキュリティ動向―サイバートラストオンラインセミナーレポート1
製造業向けロボットの世界市場、19年度は1兆174億円と縮小傾向 IoT・AI分野は拡大へ

IoTニュース”は、Mynd Engineを活用して、世の中のIoT関連の記事をまとめさせていただき、ご紹介させていただきます。