自動運転時代のビジネスモデル

――ライフスタイルだけでなく、ビジネスも変わっていきそうですね。

野辺 こうして新しく出てくるであろう市場では、継続的にいかによりよいサービスを提供するかが重要になってきます。

 自動運転の市場では、ユーザーとつながっていて、データをサーバーで分析できて、サービスをユーザーの望むように短期間にどんどん更新したり、追加することができます。ビジネスモデルとして、これはまさにインターネット上のサービスビジネスのようなものです。人の移動や物流においてもそうしたことが重要になってくるというのが、「Transportation as a service」という考え方です。

――やっていく中でブラッシュアップされていくということでしょうか。

野辺 今までの日本の製造業は、売り切りに近いビジネスを中心に行ってきました。クルマもそうで、新車を市場投入したら、次のクルマを開発しています。一度市場投入した商品は機能的に何も変わらず存在するというのが、今までの多くの製品でした。

 一方で、インターネットビジネスでは、市場に投入した後、いかに継続的にサービスを改善するかというのが競争要因になっています。ユーザーが何を不満に思っているのか、改善してほしいのかということをIoTを介してリアルタイムに分析し、ソフトウェアでアップデートする。それを可能とする企業が自動運転時代には付加価値や存在感を増してくるでしょう。

 売り切りから継続的ビジネス改善への変更は、コーポレートカルチャーなどにも依存し容易ではありませんが、一企業のみならず、産業構造自体も他産業との融和性を高める様に変えていかないと、「Transportation as a service」の実現は難しい可能性があります。

――そういう意味では、自動車業界なども業種転換を迫られていると言えますね。

野辺 そうですね、ただ、そう簡単には転換しにくいのも事実です。また全てを変える必要も全くなく、考え方だけでもデジタル志向に変え他業界との融和性を高めたり、ビジネスモデルの一部だけでもサービス志向に変えてみるといった必要性があると思われます。

 基本は売り切りビジネスから継続的ビジネスに変えていく必要があるわけですが、それを可能にするのがIoTです。サービス事業を拡大すれば、ネットワークのセキュリティをどうするか、プライバシー問題も必然的に発生し、その解決はこれまで以上に重要になります。それらを解決するにもIoTの汎用的な技術がむしろ必要となり、今後自動車業界でも非常に重要となるでしょう。