2019.5.22
  • 新着一覧
  • ランキング
  • facebook
  • twitter
  • RSS
  • 会員登録

あらゆる分野から注目の1冊を取り上げて、書評もしくは著者インタビューなどによってエッセンスを紹介します。
“数学嫌い”でも魅力を感じる著者の底知れぬ情熱 ライフ

“数学嫌い”でも魅力を感じる著者の底知れぬ情熱
『ぼくと数学の旅に出よう 真理を追い求めた1万年の物語』

ライフ フランス生まれの若き数学者ミカエル・ロネーによる数学普及運動を書籍としてまとめた一冊。1万年以上前か… 2019.2.12
「地方であること」を感じさせる物語 ライフ

「地方であること」を感じさせる物語
地方競馬、Jリーグチーム、地域活性化から捉える“地方”

ライフ 今後都会のメリットはどんどん薄れていくのではないか。そうなったとき、「都会」に住み続けることに価値を… 2019.2.9
地球環境変動を生き抜くために地球外文明を探せ! ライフ

地球環境変動を生き抜くために地球外文明を探せ!
HONZ特選本『地球外生命と人類の未来──人新世の宇宙生物学』

ライフ 地球外文明の痕跡を探すことによって、わたしたち人類が地球温暖化や気候変動を生き抜くための方途を見つけ… 2019.2.5
PR
PR
「世界はどんどん悪くなっている」は本当か!? 国際

「世界はどんどん悪くなっている」は本当か!?
世界の見方が変わる新刊『ファクトフルネス』がもたらす“驚き”

国際 貧困、人口、教育、エネルギーなど世界にまつわる質問に対して、ほとんどみんなが間違える。みんなが同じ勘… 2019.1.30
次の米大統領は大坂なおみ選手と似た背景? 国際

次の米大統領は大坂なおみ選手と似た背景?
2020年の選挙で初の女性大統領誕生か、しかも非白人

国際 ドナルド・トランプ米大統領が初めて折れた。いったん言い出したことは絶対に撤回したことがないトランプ大… 2019.1.30
PR
PR
PR
“数学嫌い”でも魅力を感じる著者の底知れぬ情熱
『ぼくと数学の旅に出よう 真理を追い求めた1万年の物語』
[HONZ] 2019.2.12
「地方であること」を感じさせる物語
地方競馬、Jリーグチーム、地域活性化から捉える“地方”
[長江 貴士(さわや書店)] 2019.2.9
地球環境変動を生き抜くために地球外文明を探せ!
HONZ特選本『地球外生命と人類の未来──人新世の宇宙生物学』
[HONZ] 2019.2.5
PR
「世界はどんどん悪くなっている」は本当か!?
世界の見方が変わる新刊『ファクトフルネス』がもたらす“驚き”
[中川 ヒロミ] 2019.1.30
次の米大統領は大坂なおみ選手と似た背景?
2020年の選挙で初の女性大統領誕生か、しかも非白人
[高濱 賛] 2019.1.30
新社会人へのメッセージに困ったときに頼れる本
ベテラン社会人でも有意義な「理不尽との付き合い方」を知る
[栗澤 順一(さわや書店)] 2019.1.26
PR
美術史を作るのは画家か、それとも画商か?
HONZ特選本『ならず者たちのギャラリー』
[HONZ] 2019.1.22
辞書編集から見えてくる人間模様と驚きのエピソード
HONZ特選本『辞書編集、三十七年』
[HONZ] 2019.1.15
転職とは、人生に自由を取り戻すこと
転職を考えた時にためになる3冊
[松本 大介(さわや書店)] 2019.1.12
「スジ」にこだわる日本人、「量」で考える中国人
中国人の精神の深いところを掘り起こす『スッキリ中国論』
[新潮社フォーサイト] 2019.1.8
史上最高の狙撃手「女ゴルゴ13」の素晴らしき人生
HONZ特選本『最強の女性狙撃手』
[HONZ] 2019.1.1
ついに完結!『銀牙 THE LAST WARS』
奥羽軍vsモンスーンの戦いのラストは?
[栗澤 順一(さわや書店)] 2018.12.29
AIと5G技術で、中国はなぜ米国を追い抜けたか
中国人スパイ掃討作戦に潜む米国の驕りと焦り
[高濱 賛] 2018.12.26
タコ(またはタコの足)に「心」はあるか?
HONZ特選本『タコの心身問題――頭足類から考える意識の起源』
[HONZ] 2018.12.25
『ベートーヴェンを聴けば世界史がわかる』
近代をクラシックで振り返ることで学べるものとは
[HONZ] 2018.12.18
つらさや大変さの根底にある「普通への希求」
家族に「普通」はないことを知る3冊
[長江 貴士(さわや書店)] 2018.12.15
ビジネスやマウンティングに利用される「伝統」
HONZ特選本『「日本の伝統」という幻想』
[HONZ] 2018.12.11
自分自身がどうやってできあがったかを知る感動
HONZ特選本『人体はこうしてつくられる』
[HONZ] 2018.12.4
事件の異常性を際立たせる奇妙なタイトル『死に山』
ラストの仮説がにわかには信じがたい
[松本 大介(さわや書店)] 2018.12.1
現代の言葉で訳された古典は教養主義から解放された
『いま、息をしている言葉で。「光文社古典新訳文庫」誕生秘話』
[HONZ] 2018.11.27
前へ 次へ
有料会員のご案内

初月無料 / 月額540円

  •  - プレミアム会員限定の記事を配信
  •  - 人気コラムニストの特別セミナーへご招待
  •  - スマホでの閲読がより快適に
PR