2017.5.30

JBpress「プレミアム会員」が続々と増えています。
登録(月額540円、初月無料)はこちらから!

黒井 文太郎
63年生まれ。『軍事研究』記者、『ワールド・インテリジェンス』編集長などを経て、現在は軍事ジャーナリスト。専門は各国情報機関の最新動向、国際テロ(特にイスラム過激派)、日本の防衛・安全保障、中東情勢、北朝鮮情勢、その他の国際紛争、旧軍特務機関など。著書に『ビンラディン抹殺指令』『アルカイダの全貌』『イスラムのテロリスト』『世界のテロと組織犯罪』『インテリジェンスの極意』『北朝鮮に備える軍事学』『紛争勃発』『日本の情報機関』『日本の防衛7つの論点』、編共著・企画制作に『生物兵器テロ』『自衛隊戦略白書』『インテリジェンス戦争~対テロ時代の最新動向』『公安アンダーワールド』、劇画原作に『実録・陸軍中野学校』『満州特務機関』などがある。
中国を拠点にサイバー活動、北朝鮮・偵察総局の全貌 国際

中国を拠点にサイバー活動、北朝鮮・偵察総局の全貌
北朝鮮・恐怖の秘密工作機関(後編)

国際 偵察総局の近年の活動として特筆すべきは、サイバー作戦である。偵察総局第6局は、たとえば遼寧省、黒龍江… 2017.3.9
政権幹部も粛正する北朝鮮・国家保衛省の全貌 国際

政権幹部も粛正する北朝鮮・国家保衛省の全貌
北朝鮮・恐怖の秘密工作機関(前編)

国際 国家保衛省は不穏分子を実際に摘発・粛正する実働部隊である。その権限はさらに絶大なもので、金正恩の命令… 2017.3.7
やはり暴走、「オルタナ右翼」が牛耳るトランプ政権 国際

やはり暴走、「オルタナ右翼」が牛耳るトランプ政権
正確な情報分析は二の次?政治の経験と知識に乏しいトランプ

国際 アメリカ政府の省庁・機関にいた強力なヒューマンリソースが政策決定ラインから外され、ホワイトハウス内に… 2017.2.2
PR PR
日本の希望的楽観論に過ぎない「最低でも2島返還」 国際

日本の希望的楽観論に過ぎない「最低でも2島返還」
北方領土を返還する気などさらさらないプーチン

国際 筆者はかつてこの北方領土問題について、在日ロシア大使館員に取材したことがあります。古い話ですが、当時… 2016.11.28
トランプ勝利に反応か?ロシアがシリア空爆を再開 国際

トランプ勝利に反応か?ロシアがシリア空爆を再開
トランプの安保政策は未知数だが、早くも動いたプーチン

国際 トランプ勝利の影響は、すでにシリアでは始まっているのだ。しかも、民間人の被害が激増するという悪い形で… 2016.11.18
PR 中国を拠点にサイバー活動、北朝鮮・偵察総局の全貌
北朝鮮・恐怖の秘密工作機関(後編)
[黒井 文太郎] 2017.3.9
政権幹部も粛正する北朝鮮・国家保衛省の全貌
北朝鮮・恐怖の秘密工作機関(前編)
[黒井 文太郎] 2017.3.7
やはり暴走、「オルタナ右翼」が牛耳るトランプ政権
正確な情報分析は二の次?政治の経験と知識に乏しいトランプ
[黒井 文太郎] 2017.2.2
PR 日本の希望的楽観論に過ぎない「最低でも2島返還」
北方領土を返還する気などさらさらないプーチン
[黒井 文太郎] 2016.11.28
トランプ勝利に反応か?ロシアがシリア空爆を再開
トランプの安保政策は未知数だが、早くも動いたプーチン
[黒井 文太郎] 2016.11.18
自衛隊の「駆けつけ警護」を政局に利用するな
議論を迷走させる3つの問題とは
[黒井 文太郎] 2016.11.9
PR 北朝鮮の核・ミサイル実験、次はいつ行われるのか
「記念日」に決行?しかし過去の事例から読み解くと・・・
[黒井 文太郎] 2016.10.20
シリアで再び、東アレッポで大虐殺が進行中
共犯者「アサド政権&ロシア」の嘘に惑わされるな
[黒井 文太郎] 2016.9.26
日本は「核ノドン」の脅威下に入ったと考えるべき
嘘とは言えない北朝鮮の「核ミサイル」保有宣言
[黒井 文太郎] 2016.9.13
北朝鮮はさらに大きな軍事行動に出てくる
ノドンを秋田沖へ発射、次は核実験かムスダン長距離発射か
[黒井 文太郎] 2016.8.9
ISより大量殺戮、シリアで国民を苦しめる諸悪の根源
イスラム国とシリア情勢、情報の正しい読み解き方(後篇)
[黒井 文太郎] 2015.12.31
有志連合とロシアの空爆を一緒にしてはいけない理由
イスラム国とシリア情勢、情報の正しい読み解き方(前篇)
[黒井 文太郎] 2015.12.30
ロシア機墜落で動向が注目される「爆弾のプロ」
ISシンパの世界では「大成果」、模倣する者が続出か
[黒井 文太郎] 2015.11.6
シリアを空爆、またもや詭弁を弄したプーチン
「IS討伐」はどこへ?目的はアサド政権のアシスト
[黒井 文太郎] 2015.10.4
イスラム国は日本を特に重視しているわけではない
錯綜した人質事件の情報(中篇)
[黒井 文太郎] 2015.2.10
イスラム国の「真の狙い」など存在しない
錯綜した人質事件の情報(前篇)
[黒井 文太郎] 2015.2.3
イスラム過激派はなぜ過激なのか?「平和」な宗教がテロを生み出すメカニズム
オバマとイスラム国の戦争(その4)
[黒井 文太郎] 2014.10.27
戦いたい!海外の戦場へ向かう日本人たちの系譜
元自衛官からイスラム国を目指した北大生まで
[黒井 文太郎] 2014.10.17
アメリカにとっての都合がシリア内戦の将来を決める
オバマとイスラム国の戦争(その3)
[黒井 文太郎] 2014.10.14
イスラム国を力でねじ伏せなければならない理由
オバマとイスラム国の戦争(その2)
[黒井 文太郎] 2014.10.6
次へ
1 2 3
有料会員のご案内

初月無料 / 月額540円

  •  - プレミアム会員限定の記事を配信
  •  - 人気コラムニストの特別セミナーへご招待
  •  - スマホでの閲読がより快適に
  • 詳細をみる
  • JBpress無料会員のご登録
PR