2019.2.19
  • 新着一覧
  • ランキング
  • facebook
  • twitter
  • RSS
  • 会員登録
廣末 登

1970年生まれ。北九州市立大学大学院博士後期課程修了。博士(学術)。国会議員政策担当秘書を経て、現在は福岡県更生保護就労支援事業所長を務める。ノンフィクション作家。著書に、『ヤクザになる理由』(新潮新書)、『ヤクザと介護――暴力団離脱者たちの研究』(角川新書)、『ヤクザの幹部をやめて、うどん店はじめました。――極道歴30年中本サンのカタギ修行奮闘記』(新潮社)等がある。

「テキヤ」は「ヤクザ」として扱うべき存在か ライフ

「テキヤ」は「ヤクザ」として扱うべき存在か
日本の祭りを支えるテキヤの裏側(前編)

ライフ 初詣や夏祭りの楽しみの一つが、参道脇の露店だろう。露店がなければ初詣も祭りも味気ない。その露店を支え… 2019.2.5
ヤクザの子が背負う「資本の格差」という宿命 ライフ

ヤクザの子が背負う「資本の格差」という宿命
格差のタマゴ――見えない「2つの資本」という不平等

ライフ 前回の記事、『彼らがヤクザになった理由』には大きな反響があった。もちろん中には否定的な意見もあった。… 2019.1.7
彼らがヤクザになった理由 ライフ

彼らがヤクザになった理由
過酷な環境にいた少年たちを、社会は本気で救おうとしたのか

ライフ 暴排条例制定で、ヤクザは社会から排除されるべき存在として扱われるようになった。だが彼らも生まれながら… 2018.12.10
PR
PR
辞めるも残酷、残るも地獄──平成ヤクザの現在(いま) ライフ

辞めるも残酷、残るも地獄──平成ヤクザの現在(いま)
現代ヤクザに明日はあるのか

ライフ 昭和から平成初期、日常的な存在だった「ヤクザ」は、2010年代に全国各地で暴排条例が施行され始めると、「… 2018.11.13
PR
PR
有料会員のご案内

初月無料 / 月額540円

  •  - プレミアム会員限定の記事を配信
  •  - 人気コラムニストの特別セミナーへご招待
  •  - スマホでの閲読がより快適に
PR