2018.2.26

JBpress「プレミアム会員」が続々と増えています。
登録(月額540円、初月無料)はこちらから!

  • 新着一覧
  • ランキング
  • facebook
  • twitter
  • RSS
  • 会員登録
佐藤 けんいち

(さとう・けんいち)ケン・マネジメント代表。1962年、京都府生まれ。一橋大学社会学部・社会理論課程で「歴史学」を専攻。「社会史」研究のパイオニア、阿部謹也教授のゼミナールで3年間学ぶ。大学卒業後、銀行系と広告代理店系のコンサルティングファーム勤務を経て、機械部品メーカーでナンバー2の実務担当者として社長業以外のすべての機能をカバー。タイで現地法人を立ち上げ代表を務めた。2009年に独立して現在に至る。1992年には米国最古の工科大学、レンセラー・ポリテクニーク・インスティチュートでMBAを取得。学校法人玉川学園で教育諮問委員を務めている。著書に『人生を変えるアタマの引き出しの増やし方』(こう書房)、『ビジネスパーソンのための近現代史の読み方』(ディスカヴァー・トゥエンティワン)がある。

「春節」を祝わない日本は不思議な国なのか? 国内

「春節」を祝わない日本は不思議な国なのか?
年中行事まで太陽暦に移行した日本の特異性

国内 歴史的に中国文明の影響を受けてきた国のなかでは、日本だけが「春節」を祝わない国となっている。その意味… 2018.2.13
節分には恵方巻? 「伝統」はこうして誕生する 国内

節分には恵方巻? 「伝統」はこうして誕生する
バレンタインチョコも発明品、知恵を絞って消費を喚起

国内 2月の消費を盛り上げるために導入されたバレンタインデーのチョコレートと節分の恵方巻といった、商業目的… 2018.1.30
アル中だったブッシュと、一滴も飲まないトランプ 国際

アル中だったブッシュと、一滴も飲まないトランプ
新年会シーズンにあえて「禁酒」について考えてみる

国際 1月16日は「禁酒の日」だ。なぜこの日が禁酒の日かというと、かの悪名高い「禁酒法」がアメリカで施行され… 2018.1.16
PR
PR
「米中G2時代」の現実から目をそらしてはいけない 国際

「米中G2時代」の現実から目をそらしてはいけない
日本人が想像する以上に長くて深いアメリカと中国の関係

国際 中国の存在感は、今後アジアのみならず世界のなかで、経済的にも政治的にも、ますます増大していくことだろ… 2018.1.2
どんな都市? よく分かるエルサレムとテルアビブ 国際

どんな都市? よく分かるエルサレムとテルアビブ
イスラエルの米国大使館「移転」問題の意味を考える

国際 残念ながら日本ではテルアビブが報道で取り上げられることがきわめて少ない。そこで今回は、テルアビブとエ… 2017.12.19
PR
PR
PR
「春節」を祝わない日本は不思議な国なのか?
年中行事まで太陽暦に移行した日本の特異性
[佐藤 けんいち] 2018.2.13
節分には恵方巻? 「伝統」はこうして誕生する
バレンタインチョコも発明品、知恵を絞って消費を喚起
[佐藤 けんいち] 2018.1.30
アル中だったブッシュと、一滴も飲まないトランプ
新年会シーズンにあえて「禁酒」について考えてみる
[佐藤 けんいち] 2018.1.16
PR
「米中G2時代」の現実から目をそらしてはいけない
日本人が想像する以上に長くて深いアメリカと中国の関係
[佐藤 けんいち] 2018.1.2
どんな都市? よく分かるエルサレムとテルアビブ
イスラエルの米国大使館「移転」問題の意味を考える
[佐藤 けんいち] 2017.12.19
サンタとムーミンの国に学ぶ「小国」の生き残り術
独立100周年!人口550万人のフィンランドが日本より豊かな理由
[佐藤 けんいち] 2017.12.5
PR
31歳のイケメン首相誕生か?オーストリアに注目せよ
「ハプスブルク帝国」崩壊から100年、今も中欧で求心力を発揮
[佐藤 けんいち] 2017.11.21
タイではなぜクーデターがスムーズに行われるのか
「勅令・枢密院・不敬罪」3つのキーワードでタイを理解する
[佐藤 けんいち] 2017.11.7
これだけ事件が起きても米国で銃規制が進まない理由
特殊すぎる国、米国は今も「中世」を生きている
[佐藤 けんいち] 2017.10.24
解散総選挙は日本の政治制度の“伝統”だった
大義があろうがなかろうが総選挙は民意を反映する
[佐藤 けんいち] 2017.10.10
「先進的」伝統を作り出した英国の2人の女王
脇役のアルバート公もロールモデルに
[佐藤 けんいち] 2017.9.26
ダイアナ元妃とマザー・テレサの名前の秘密
名前はプロファイリング情報のかたまり
[佐藤 けんいち] 2017.9.12
どう付き合う?今もなおアジアに深く根を下ろす英国
日本と英国の利害が重なり合う場「ブルネイ」
[佐藤 けんいち] 2017.8.29
独立から70年!いよいよ始まるインドの時代
舞台はインド、日英米はさらに密接な関係に
[佐藤 けんいち] 2017.8.15
「歴史家」大統領補佐官はトランプを制御できるか
ベトナム戦争の「失敗の本質」を分析したマクマスター氏
[佐藤 けんいち] 2017.8.1
トランプ陣営「2人の将軍」の知られざる共通点
マティス国防長官の座右の書は古代ローマの古典
[佐藤 けんいち] 2017.7.18
米国独立宣言と同じ年に出版されていた歴史的書物
今こそ立ち返りたいアダム・スミスの主張の真意
[佐藤 けんいち] 2017.7.4
ついに英国から始まった「怒れる若者たち」の反乱
選挙敗北でメイ首相が苦境に、目を離せない英国の動向
[佐藤 けんいち] 2017.6.20
英国のEU離脱の衝撃は何百年と語り継がれるだろう
「逆回し」で歴史をさかのぼると見えてくること
[佐藤 けんいち] 2017.6.6
有料会員のご案内

初月無料 / 月額540円

  •  - プレミアム会員限定の記事を配信
  •  - 人気コラムニストの特別セミナーへご招待
  •  - スマホでの閲読がより快適に
PR