ウオッチング・メディア

原発と離婚できない福島住民の生活とあまりにも深く絡み合った原発産業

2011.05.19(木)  烏賀陽 弘道

福島県南相馬市からの報告を続ける。

 福島第一原発から20キロの立ち入り禁止ゾーン境界線に行ってみた時のことだ。幹線道路である国道6号線が田んぼの真ん中で封鎖され、検問ができていた。見慣れた電光掲示板に「災害対策基本法により 立ち入り禁止」という文字が流れ、10人ほどの警察官が立って車を止めている。

 「ここから先は行けないんですか? 報道記者なんですが」

 私も聞いてみた。

 「申し訳ないのですが、ダメです」

 「京都府警」(応援だろう)の文字がヘルメットに読める若い警官がそう言った。

 検問の風景を写真に撮ることにした。ちょうど夕方6時ごろだった。西の稜線に日が沈む。野桜が満開だ。あたりが茜色に染まって美しい。

立ち入り禁止地域から出てくる土木作業服の若者たち

 検問の周りを1時間くらいうろうろしていて、不思議なことに気付いた。無人地帯になっているはずの20キロラインの内側から、自動車が次々に現れたのだ。

 白いワンボックスカーに若者が数人乗っている。望遠レンズで覗くと、土木作業服を着ていた。靴を脱ぎ、足をダッシュボードに投げ出してたばこを吸っている。

立ち入り禁止区域から続々と自動車が出てくる(筆者撮影)

 続いて、白いトラック。ボディに「××工務店」の名前が見える。白い軽ワゴン車。ダンプ。どんどん出てくる。

 警官がそのたびに止め、何か書類をチェックしている。誰も防護服など着ていない。

 ふと見ると、警官が私の方に駆け寄ってくる。

 「すみません、写真はやめてもらえますか」

 「どうしたんですか?」

 警官は車の方を振り返った。

 「何だか、ダメらしいです」

 私はカメラを降ろした。前を通る車から、運転席の若者がこちらをにらみつけていた。何だかピリピリした雰囲気だ。

 1台だけ、白い防護服を着た2人組の乗った軽ワゴン車が通った。検問を出たとたん、道路わきの駐車場に車を入れ、外に出て防護服を脱いだ。そして走り去った。

 道路脇の食堂から、男性が出てきた。店を閉めて家に帰…
Premium Information
<<好評発売中!>>
【JBpress新書シリーズ発刊!】
第一弾は「若者よ、外資系はいいぞ」
~四十代年収四千万になる人生設計術:祖父江 基史氏・著
楽天SocialNewsに投稿!
このエントリーをはてなブックマークに追加

バックナンバー

Comment

アクセスランキング
プライバシーマーク

当社は、2010年1月に日本情報経済社会推進協会(JIPDEC)より、個人情報について適切な取り扱いがおこなわれている企業に与えられる「プライバシーマーク」を取得いたしました。

Back To Top