Palestinians walk through a wet street after the rain as the sun sets over the Al-Shatee refugee camp in Gaza City on February 13, 2017. (c)AFP/MOHAMMED ABED

 いよいよ夏本番となってきた。夏の暑さの中を歩くビジネスマンを見ると、ある出来事を思い出す。

 昨年の夏、あるIT企業から電話営業を受け、後日、営業の方が弊社に訪問されることになった。数日後、営業の方とお会いすると、歳は20代前半、大学を卒業して間もない印象を受けた。

 ワイシャツはしわくちゃで第1ボタンを外し、ネクタイは緩く締め、上着は鞄の中に突っ込んでいた。初対面の人間と会うにはあまりにラフすぎる身だしなみだった。

 打ち合わせが始まり、サービスの説明を受け、いくつか疑問点が湧いたので私が質問をすると、彼は自社のサービスをあまり理解できておらず、焦るばかりで説明ができない。

 ビジネスマナーからサービスの説明まで、全くと言っていいほど教育ができていない。このような状態でお客様のもとに営業に出すこの会社の神経を疑った。

熱意と誠実さは伝わってくるのだが・・・

 しかし、目の前にいる20代前半の彼は至らない点は多々あるが、それでも一生懸命な熱意と誠実さは伝わってきた。私はこのまま彼を放っておけないと思い、こう切り出した。

 「ところで〇〇さん、ワイシャツがしわくちゃだね。ネクタイも緩く締めすぎだし、上着は脱ぐにしても鞄の中に突っ込んでいるのが見えるのはまずいでしょう。初対面のお客様を前にさすがにそういった格好は失礼だと思うよ。そういうことはマナー研修とかで教わらないの?」

 そう言うと彼は、「すみません、うちの会社はマナー研修とかはないんです」。

 「サービスの内容もあまり理解できていないみたいだけど、そういったことは上司がしっかり教えてくれないの?」

 「すみません、パンフレットだけ渡されて後は自分で営業して来いって感じで。一応、近くにいた先輩には聞いたんですが、いまいちよく分かっていなくて」

 「ノルマはあるの?」

 「はい、あります」

 「そのノルマは厳しいの?」

 「結構、厳しいです」

 「何も教えてもらっていなくて、ノルマだけ厳しいのか。それは君もつらいよな」

 「ええ、でもまだまだ頑張らないといけなくて」