カールは例外だった?お菓子にカレー味が少ない理由

根底にあるのは古くからの日本人の「カレー観」

2017.06.23(Fri) 漆原 次郎
筆者プロフィール&コラム概要
明治「カール カレーあじ」。8月生産分をもって販売終了となる。

「カレー」について前から思ってきたことがある。日本で独自の「カレー文化」が発展してきた中で、菓子の「カレー味」に限っては、さほど根付いていないのではないかということだ。

 それが事実だとすれば、そこには「カレー“を”食べる」か「カレー“で”食べる」かという、日本人のカレーとの向き合い方が関わっているのではないだろうか。

「カール カレーあじ」完全撤退へ

 明治がスナック菓子「カール」の販売縮小を発表してから1カ月。「東日本で買えなくなる」という話題で持ち切りの中、「『カレーあじ』が食べられなくなる」という話題も静かに聞かれた。

カールのブランドサイトによると、カレー味の初代にあたる「カレーがけ」の登場は、オリジナルの「チーズ」「チキンスープ」発売から1年後の1969年。以降「ビーフカレーあじ」「元祖カレーあじ」「南国カレー」「インド風カレーあじ」「おらが村の定番カレー味」「復刻版カレーがけ」「カールSTICK本格カレー味」などを販売してきた。同社も呼んでいるように、カレー味は「定番」にふさわしい味だったといえよう。

 だが、「カール カレーあじ」の終了で、「カレー味」の菓子が1つ減ることになる。「定番」でさえ存続は無理だったようだ。

店ではチーズ味、BBQ味、チリ味が優勢

 ではと、スナック菓子全体に目を向けてみる。すると、実は「カレー味」があまり定着していないのではないかということに気づく。たしかに、スナック菓子のカレー味といえば「カレーのパウダーがまぶされているもの」と想像はできる。だが、その具体的な商品はとなると、いくつ数えられるだろうか。

この連載記事のバックナンバー
トップページへ戻る

1975年生まれ。神奈川県出身。出版社で8年にわたり理工書の編集をしたあと、フリーランス記者に。科学誌や経済誌などに、医学・医療分野を含む科学技術関連の記事を寄稿。日本科学技術ジャーナリスト会議理事。著書に『日産 驚異の会議』(東洋経済新報社)、『原発と次世代エネルギーの未来がわかる本』(洋泉社)、『模倣品対策の新時代』(発明協会)など。


食の万華鏡

食の安全に対して国民の関心が高まっている。今後、安全で美味しい食の供給国としての日本を考えた時にもこの問題は重要になる。食の安全の話題を中心に、食トレンド、食品マーケットなど、食にまつわる様々なテーマを取り上げる。