「1日当たり2680万円」 制裁金でヤフーに圧力 米情報収集

米カリフォルニア(California)州サニーベール(Sunnyvale)のヤフー(Yahoo!)本社〔AFPBB News

 経営難に直面している米ヤフーの経営陣は、さらに困難な状況に追い込まれそうだ。

物言う株主、メイヤーCEOに圧力

 米ウォールストリート・ジャーナルの3月24日付の記事によると、物言う株主として知られる米ヘッジファンドのスターボード・バリューは、ヤフーの取締役を全員更迭させる構えという。

 スターボード・バリューは現地時間24日朝にもヤフーの取締役9人を新たに指名する計画を発表すると同紙は伝えている。

 これに先立つ今年1月、スターボード・バリューは、ヤフーの経営陣と戦略の刷新を要求する旨の書簡を取締役会に送り、委任状争奪戦を仕掛ける可能性を示唆していたが、ウォールストリート・ジャーナルの記事によるとスターボード・バリューはこれを実際に行うもようだ。

 これにより、経営改革を進めるヤフーのマリッサ・メイヤー最高経営責任者(CEO)にはさらにプレッシャーがかかると同紙は伝えている。

 ヤフーが今年2月に発表した昨年10~12月の決算は、44億ドルを超える大幅な赤字だった。またこの時同社は今後の成長戦略や、非戦略的資産の売却検討の開始、約15%の従業員を削減するリストラ策などを明らかにしていた

ヤフーのスリム化計画とは

 その内容はずばり、事業のスリム化だ。

 例えば消費者向けサービスは、検索、メール、ブログ「Tumblr」の3事業と、ニュース、スポーツ、ファイナンス、ライフスタイルの4つのウェブサイトという構成に簡素化し、成長が見込めないゲームサイトやテレビ向けアプリのサービスは終了する。