果物不足のあなたに、ドライフルーツのススメ

栄養豊富で食べるのも簡単

2015.03.20(Fri) 藤田 貢崇
筆者プロフィール&コラム概要
ドライフルーツ。もとは貯蔵目的で乾燥させたもの。生の果物とは風味も食感も異なる

 果物普及啓発協議会が2010年に発表した「『くだもの』の消費に関するアンケート調査報告書」によると、1年前と比較して、ドライフルーツを食べる回数が「減った」あるいは「ほとんど食べなくなった」と回答した人は、合計で約27パーセントに上った。その一方で、およそ12パーセントの人が、今後のドライフルーツの摂取を「増やしたい」と答えている。

 果物のある食生活推進全国協議会では、果物を毎日の食生活に欠かせない品目として定着させるため、1人1日200グラム以上の果物の摂取を勧める「毎日くだもの200グラム運動」を推進している。

 しかし、新鮮な果物を毎日摂り続けるのは、実際としてはかなりの工夫が必要だ。果物は食べるために皮をむいたり、種を除いたりする必要があるなど、確かに手間がかかる食品でもある。

 そこでドライフルーツに注目したい。栄養成分の多くはそのままで、しかも携帯性に優れている食品で、職場などでも簡単に摂ることができる。今回は、ドライフルーツに焦点を当ててみる。効率的な果物摂取の一助にしてほしい。

紀元前4000年から続く保存食

 私たちがよく使う「ドライフルーツ」という言葉は和製英語。英語圏では "dried fruit" が正しい呼び方だ。言葉どおり、「乾燥させた果物」のこと。サツマイモやレンコンなどの野菜を乾燥させたもの、ナッツなど種子の類もドライフルーツと呼ばれることがある。

この連載記事のバックナンバー
トップページへ戻る

ジャーナリスト・翻訳家。科学技術や教育などの分野を中心に、数々の寄稿と翻訳を手掛ける。日本科学技術ジャーナリスト会議・理事。サイエンス映像学会・理事。2011年より法政大学経済学部教授。博士(理学)。この夏、動物行動学者ジェーン・グドールの食をテーマとした翻訳書も出版の予定。


食の万華鏡

食の安全に対して国民の関心が高まっている。今後、安全で美味しい食の供給国としての日本を考えた時にもこの問題は重要になる。食の安全の話題を中心に、食トレンド、食品マーケットなど、食にまつわる様々なテーマを取り上げる。