40年ぶりに原油輸出に踏み切った米国の事情

既に原油の輸入量を上回る生産量、エネルギーの自給自足は目の前に

2014.06.30(月) 堀田 佳男
    http://goo.gl/D5OdkE
  • 著者プロフィール&コラム概要

米大統領、ロシアに国際監視団への参加など要求 ウクライナ情勢

原油輸出を許可したバラク・オバマ大統領〔AFPBB News

米国がエネルギー戦略をゆっくりとシフトさせている。

 バラク・オバマ政権は先週、ほぼ40年ぶりに米国産の原油を輸出する許可を出した。1975年に米企業による原油輸出が禁止されて以来、初めてのことである。

 今になってなぜオバマ政権は原油の輸出に踏み切ったのか。その背景と今後の狙いを探りたい。

2020年までにサウジアラビアを抜く産油国に

 オバマ大統領は今年1月の一般教書演説で、「エネルギーの独立(インディペンデンス)を目指している」と述べた。福島の原発事故以来、米国も原子力発電には消極的になり、エネルギー独立という意味は自然再生エネルギーへの依存強化に見えたが、必ずしもそうではない。

 実は米国の原油産出量は、既に輸入量を上回るレベルに達しているのだ。

 米エネルギー省情報局(EIA)の発表によると、2013年10月時点で、1日当たりの原油輸入量は750万バレルであるのに対し、産出量は780万バレルである。原油をほとんど産出しない日本にとっては羨ましい限りだ。

 背景にはシェール革命によるシェールオイル・ガスの生産量の急増がある。何しろ国際エネルギー機関(IEA)の見通しでは、米国の原油産出量は2020年までに原油大国のサウジアラビアを抜くというのだ。

 原油と言っても様々に分類されている。比重の重い順に、超重質、重質、中質、軽質、そして超軽質と分かれている。米国で生産量が急増しているのが、軽質と超軽質の原油で、2011年以来96%も増えている。と言うのも、シェールオイルは軽質と超軽質に入るからだ。

 増えるだけならいいが、既に余剰を生みだして価格低下を招いている。生産過剰により、例えば天然ガスの価格は2008年のピーク時から3割も値崩れしている。

 いくらシェール革命といえども、供給過剰では体力のない会社は潰れてしまう。シェールオイル・ガスを扱っていたオクラホマ州に本社を置くGMXリソーシズは2013年4月に破綻している。

1
スマートエネルギー情報局TOPに戻る
PR
PR
PR
バックナンバー一覧 »

POWERED BY

  • ソーシャルメディアの公式アカウントOPEN!
    TwitterFacebookページでも最新記事の情報などを配信していきます。「フォロー」・「いいね」をよろしくお願いします!
Twitter
RSS

Yoshio Hotta ジャーナリスト

1957年東京生まれ。早稲田大学文学部卒業後、ワシントンDCにあるアメリカン大学大学院国際関係課程修了。米情報調査会社などを経て1990年に独立。以来、ワシントンDCを拠点に政治、経済、社会問題など幅広い分野で取材・執筆。25年間の滞米生活後、2007年に帰国。現在は国内外で精力的にジャーナリスト活動を続けている。著書に『なぜアメリカ金融エリートの報酬は下がらないのか』、『大統領はカネで買えるか』、『大統領のつくりかた』、『日本人医師―満屋裕明』ほかがある。

USA

20世紀の世界秩序を築いてきた超大国、米国が揺らいでいる。世界はこのまま多極化へと向かうのか。政治、経済、金融、外交、軍事…。豊富なネットワークと独自の情報網を持つ執筆陣が、米国の現状と今後についてあらゆる角度からJBpressならではの切り口で論じる。

>>最新記事一覧へ