特集 新都市宣言

寒冷地ならではの環境対策、
札幌はどこまで「スマート」になれるのか

2010.07.01(Thu) 丸山 隆平

エネルギー戦略

upperline

2008年の洞爺湖サミットを契機に「環境首都・札幌」宣言を行い、市民、産業界、行政が一体となって地球環境保全活動に取り組んでいる札幌市。

 その札幌で6月18日、日本IBMと札幌市によってフォーラム「Smarter Cities―札幌 ~環境にやさしい、地産地消型新エネルギーの活用に向けて~」が開かれた。

 札幌の環境政策にITがどのように貢献できるのか、「都市のスマート化」を札幌でどのように実現できるのか、などを探るフォーラムである。

 寒冷地である札幌市では、市民1人当たりCO2排出量が全国平均の約1.4倍と多い。だが、登壇した日本IBMの橋本孝之社長は、「スマート化という観点で見ると、そこに大きな可能性がある」と語る。

 また橋本社長は、「札幌は太陽光、雪、木質バイオなどの新エネルギー源を豊富に持っている。これらとITを駆使して、クリーンな新エネルギーのマネジメントシステムやエコシステムを構築するお手伝い・ご支援をさせていただきたい」と述べた。

木質バイオマス、積雪利用・・・、札幌ならではの新エネルギー

 札幌市の上田文雄市長は「『環境首都・札幌』を目指して」と題して札幌市の地球環境問題への取り組みについて講演した。

 上田市長はまず札幌市のCO2の排出量について紹介。「1990年には908万トンだったが、2007年は1190万トンと増加傾向にある」という。

札幌市の上田文雄市長

 また、札幌の環境問題の特徴として、「CO2の排出源は全国の他地域では産業部門が多いが、札幌市では民生家庭・民生業務・運輸の3部門が全体の9割以上を占めている」ことを挙げた。その原因としては、「製造業が少なくサービス業が多いこと。また、家庭での暖房に膨大なエネルギーを必要とすること」などが影響しているという。

 札幌市はどのようにCO2削減に取り組んでいるのか。同市は2008年の洞爺湖サミットを契機に「環境首都・札幌」を宣言し、その具体策として(1)省エネルギー、(2)新エネルギー、(3)自動車、(4)ごみ原料、(5)エコライフ――という5つの分野で活動を展開している。

1
nextpage

このエントリーをはてなブックマークに追加

特集 新都市宣言



facebook Comments

関連キーワード検索


underline
昨日のランキング
直近1時間のランキング

当社は、2010年1月に日本情報経済社会推進協会(JIPDEC)より、個人情報について適切な取り扱いがおこなわれている企業に与えられる「プライバシーマーク」を取得いたしました。

プライバシーマーク