内外点描

5年で日本の農業を変える!立ちあがった農家のこせがれ・宮治勇輔さん

2010.06.25(金)  貝田 尚重

今やらなければ、日本の農業が手遅れになります。だから、自分の会社のことをやっている場合ではないんです。日本の農業を5年で変えます。

 NPO法人「農家のこせがれネットワーク」代表・宮治勇輔に天命が下ったのではない。自ら天命を求め、自らに課したのだ。(文中敬称略)

1次産業をかっこよくて・感動があって・稼げる3Kに

みやじ豚・宮治勇輔氏/前田せいめい撮影宮治 勇輔(みやじ・ゆうすけ)氏
株式会社みやじ豚社長、NPO法人農家のこせがれネットワーク代表理事 1978年神奈川県藤沢市出身(撮影:前田せいめい)

 宮治は1978年、神奈川県藤沢市の養豚農家の長男として生まれた。4つ下の弟に「絶対に実家は継がないオーラが出ていた」と言われるほど、学生時代は家業を継ぐなど考えたことも無かった。農業に興味も無かった。父親から継いでほしいと言われたことも無かった。慶応大学総合政策学部を卒業すると、一般企業に就職した。農業のことが気になり始めたのは、社会人1年目の秋だ。

 宮治は「いつかは起業したい」という夢を胸に、毎朝5時半に起床し、出社前に会社近くのスターバックスで本を読み、勉強することを習慣にしていた。たまたま数冊の農業関連の本を読み、日本の農業の負の側面を突き付けられた。就農人口の高齢化。きつい上に稼げない、結婚もできない、だから後継者もいない。このままでは、日本の農業が廃れていく。

 そう思うと、「実家をなんとかしたい」「日本の農業をなんとかしたい」という思いがフツフツと湧いてきた。そして「1次産業をかっこよくて・感動があって・稼げる3K産業にする」という目標を定めた。とはいえ、もちろん、すぐに決断できたわけではない。「果たして養豚でメシを喰っていけるのか」「自分に豚のフンの掃除ができるのか」何度も自問自答を繰り返した。

価格決定権を生産者に取り戻す

ゆとりあるスペースで、同じ母親から生まれた兄弟だけで育てる「腹飼い」。ストレスフリーで伸び伸びと育った肉の味は格別(写真:みやじ豚提供)

 結局、4年勤めて会社を辞めて実家に戻った。宮治は、父親が生産する豚の味には絶対の自信があった。通常は20頭を飼育するスペースに半分の10頭しか入れない。しかも、同じ部屋で飼うのは同じ母豚から生まれた兄弟に限定する「腹飼い」という方法だ。広いスペースで、ストレスもケンカもなく伸び伸びと育てる。当然、旨い。

 しかし、そんなふうに独自のこだわりを持ち、コストを掛けて育てても、一般流通ルートに乗せれば他の豚と同じ価格だ。また、その豚を食べた消費者がどれほど美味しいと思っても、生産者にフィードバックする方法がない。生産者が手応え、やりがいを実感できる機会がほとんどない。

 そこで宮治が考えたのが、バーベキューイベント。自慢…
Premium Information
<<好評発売中!>>
【JBpress新書シリーズ発刊!】
第一弾は「若者よ、外資系はいいぞ」
~四十代年収四千万になる人生設計術:祖父江 基史氏・著
楽天SocialNewsに投稿!
このエントリーをはてなブックマークに追加

バックナンバー

Comment

アクセスランキング
プライバシーマーク

当社は、2010年1月に日本情報経済社会推進協会(JIPDEC)より、個人情報について適切な取り扱いがおこなわれている企業に与えられる「プライバシーマーク」を取得いたしました。

Back To Top