高級ブランド「トマト」が続々と登場する理由

“赤い輝き”は商機の光

2013.05.02(Thu) 白田 茜
筆者プロフィール&コラム概要

 トマトの収穫最盛期を迎え、「トマトフェア」と称して様々なトマトを販売する店舗を見かけるようになった。近年、トマトの人気が続いている。2006年にはトマトの専門店がオープン。トマトをメインにしたレストランと、トマトの加工品を販売する複合型店舗が、現在都内を中心に多店舗展開している。2012年には「トマトはメタボ予防に効果あり」と報道され、店頭で品薄になる店もあったという。「トマト鍋」など食べ方も広がってきている。

 そんなトマトの全国的なブランド化が加速している。「桃太郎」、高糖度の「アメーラトマト」「みつトマト」「光樹とまと」「あまエル」。塩分が多い土壌で作られる「塩トマト」といったものもある。数えればきりがないほどだ。

 なぜ、いまトマトのブランド化が加速しているのか。ブランド化に成功した事例を取り上げつつ、背景を見ていきたい。

全国各地で栽培されるトマト

トマトの主な生産県
(参考:農林水産省「平成24年産春野菜、夏秋野菜等の作付面積、収穫量及び出荷量」より筆者作成)

 4月上旬、都内の高級百貨店。野菜売り場で「トマトフェア」が開催されていた。ずらりと並んでいたのは、フルーツトマト、完熟トマト、チェリートマト、メロン並みに甘い高糖度トマト。いまや全国各地に特徴を持つトマトがある。

 トマトは、暖かい気候の中で育つ。夏から秋にかけては主に茨城県や北海道、秋から春にかけては熊本県などで採れる。「農林水産統計」によると、トマトの生産量は2012年度で「夏秋トマト」が35万2500トン、「冬春トマト」が36万9800トンとなっている。

 生産量1位は熊本県。2位は北海道、3位は茨城県と続くが、全国各地に産地が分散している。

様々な種類のトマト。時計回りで左上から「サンマルツァーノ」「桃太郎」「ロケットトマト」

 トマトの種類は、大きく分けると、大中小の順で「大玉トマト」「ミディトマト」「ミニトマト」の3種類。これに加えて、最近は甘みの強い「フルーツトマト」、極小の「マイクロトマト」、酸味と香りが強く調理用に使われる「サンマルツァーノ」など、多種多様な品種が市場に出回っている。

 このように様々な種類のトマトが栽培され、各地でブランド化が進んでいる背景は何だろうか。3つ挙げてみたい。

この連載記事のバックナンバー
トップページへ戻る

1978年佐賀県生まれ。佐賀県庁で食品のブランド化に関わる。その後、大学院で農業政策や食品安全に関するリスクコミュニケーションを学ぶ。食品コンサルタント会社を経て、現在は社会的関心が高い科学ニュースについて専門家のコメントを収集しジャーナリストに提供する活動をしている。関心のあるテーマは、農業、食品流通、食品安全、リスクコミュニケーション。


食の万華鏡

食の安全に対して国民の関心が高まっている。今後、安全で美味しい食の供給国としての日本を考えた時にもこの問題は重要になる。食の安全の話題を中心に、食トレンド、食品マーケットなど、食にまつわる様々なテーマを取り上げる。