長生きの戦国武将は何を食べていたのか

武士メシに学ぶ(前篇)

2013.03.29(Fri) 池田 亜希子
筆者プロフィール&コラム概要

 「信長のシェフ」をご覧になっただろうか。西村ミツル作による同名のマンガ(梶川卓郎画、芳文社『週刊漫画TIMES』)を元に作られたドラマだ。平成から戦国時代へタイムスリップした腕利きのフレンチシェフ「ケン」が、信長の料理人として活躍する話である。全9回の平均視聴率は10.9%と、ドラマ低視聴率の時代ではなかなかのヒットであった。

 このドラマをきっかけに調べてみたところ、どうやら最近、武士の料理、つまり“武士メシ”が密かなブームになっているようだと知った。そこで「武士メシに学ぶ」というテーマで武士メシブームを前後篇でひもといてみたい。

 前篇では、厳しい戦国時代における武士メシから、戦うためにメシを食べることの大切さを考えてみる。後篇では、いくつかのレシピとその効能から、武士メシの魅力を探ってみる。

メシ、これすなわち戦略なり

 3月15日に最終回を迎えた「信長のシェフ」。その面白さは、メシを利用した巧みな戦術にあった。現代のパーティーや商談でも、美味しい料理が重要な役割を果たす場面はある。その時のメシは、自分と相手の距離を縮めてくれるツールといったところだろうか。一方、戦国時代のメシは、生き死ににかかわる戦略の1つとして利用されていた。

 「信長のシェフ」では、信長が将軍・足利義昭に「朝倉攻め」を了承させるために料理を利用した。ケンは、越前でとれたカニやサバで義昭をもてなす。越前は朝倉義景の領地。そこでとれた食材を義昭が口にすれば、それは朝倉攻めを認める意味になる。義昭もそのことが分かっているから、宴に緊張感が走る。しかし、追い詰められた義昭は、状況にあらがえずパクリ。戦国時代、それなりの地位の者が人前で食事を取る行為には、大きな意味が込められていたのだろう。

 信長が妹婿の浅井長政と戦った「姉川の闘い」でのこと。不利な戦況を悟った信長は、浅井軍に食わす料理を作るようケンに命じる。その真意を汲みケンが敵兵にご馳走したのは、“肉を焼いたにおい”だった。ケンの思惑通り、その美味しそうなにおいで敵兵は戦意を喪失する。人の心理をついた作戦で戦況は変わった。

 食がこれほどまで戦略に使えることを知ると、日々の生活でも何かやってみたくなる。ちょっと刺激的で楽しいかも。そんなスリル感が、武士メシが興味を引く理由でもある。

戦をすれば腹がすく

 「腹が減っては戦ができぬ」という、武士とメシの関係をリアルに表現した諺がある。一方、「戦をすれば腹がすく」というのも真実である。現代人も仕事で戦えば腹はすく。

この連載記事のバックナンバー
トップページへ戻る

東京工業大学大学院修了後、三菱化学(現田辺三菱製薬)の医薬品安全性部門に勤務。薬の安全性について調査、病院への啓発活動を行う。TBSラジオに転職し、「人権トゥデイ」「グッドモーニングジャパン」などの番組取材・レポートを行う。現在は、取材・執筆力と科学的な素養を生かし、サイテック・コミュニケーションズ社にてサイエンスライターとして活動している。


食の万華鏡

食の安全に対して国民の関心が高まっている。今後、安全で美味しい食の供給国としての日本を考えた時にもこの問題は重要になる。食の安全の話題を中心に、食トレンド、食品マーケットなど、食にまつわる様々なテーマを取り上げる。