Digital Experience! TOP>JBpress>マーケティング道場

年末年始、ビッグデータをとことん研究する

役に立つビッグデータ関連図書はこれだ!

2012.12.19(水) 本間 充
    http://goo.gl/ovQVo
1
nextpage

 2012年2月、Web広告研究会で今年のWebマーケティング関係者が注目すべきテーマ、「Cooking Big Data(クッキング ビッグデータ)」宣言を行った。2012年の上半期にはあまり注目されていなかったこの宣言、夏くらいから急速に話題になってくれた。

「Cooking Big Data」宣言――客観的マーケティングへの意識を高める

 ビッグデータという言葉は確かにバズワードかもしれない。しかし、これをきっかけにデータを活用した客観的マーケティングを検討することは非常に良いことだと思う。これまでマーケティングに使ってきたデータを見直すだけでも、自分たちのマーケティングを進化させることができるだろう。

 例えば、テレビの視聴率をGRP(Gross Rating Point)で考えるべきか、TRP (Target Rating Point)で考えるべきか。もちろんこれからはTRPで考えるべきだが、そのような指標の見直しをするだけでも大きな進歩である。

 ところで、ビッグデータをマーケティングに活用したいと思っている人から、どのような書籍を参考にしたらよいかと聞かれることがある。そこで今回は、私の読書経験からいくつかの本を紹介したいと思う。

ビッグデータとは何かを整理したい人へ

 自分がビッグデータを理解していたとしても、周りの人に説明するのはたやすいことではない。

ビッグデータビジネスの時代』(鈴木良介著、翔泳社、1890円・税込)

 ビッグデータの定義は何か? そして周辺知識として必要なものとは・・・? これらについては、なるべく平易な言葉で説明を行うことが大切である。また、どの領域でビッグデータを活用すべきかを明確にすることもとても重要だ。

 『ビッグデータビジネスの時代 堅実にイノベーションを生み出すポスト・クラウドの戦略』(鈴木良介著)は、非常に平易に書かれて読みやすく、自分の中で整理をするのに良い書籍である。

 やや簡単すぎて物足りないという人もいるかもしれないが、組織の中でマーケティングやデータを専門としない人たちに理解してもらうには、このくらい平易に説明する必要があるだろう。

ビジネスでビッグデータ活用を始めようとしている人へ

 組織の中でビッグデータをビジネスに導入するには、その組織で分析しているデータやデータ分析への取り組み方の現状を理解したうえで、目的達成に必要なスタッフを集めないといけない。

 多くの組織でデータ分析を行ってはいても、それを次のビジネスの設計に生かしているかというと、必ずしもそうではないだろう。組織的にデータを活用すること、そしてデータ活用のための組織にリーダーが必要なことなどの課題を解決していかないといけない。

1
nextpage
  • PR
  • PR
新着記事
MORE
BackNumber
MORE
ArticleRanking

 

本間 充 Mitsuru Honma

 

1992年、花王に入社。1996年まで、研究所に勤務。研究所では、UNIXマシーンや、スーパー・コンピューターを使って、数値シミュレーションなどを行う。研究の傍ら、Webサーバーに遭遇し、花王社内での最初のWebサーバーを立ち上げる。1997年から研究所を離れ、本格的にWebを業務として取り組み、1999年にWeb専業の部署を設立した。花王のWebを活用したマーケティングに取り組み続け、現在は、デジタルコミュニケーションセンター 企画室長を務めている。新しいWebのコミュニケーションの検討・提案や、海外花王グループ会社のWeb活用の支援、またB2B領域のサイトの企画まで、広く花王グループのWebのコミュニケーションに関わっている。Ad Tech Tokyo 2009, Ad Tech Singapore 2010等でも講演。

社外においては、公益社団法人・日本アドバタイザーズ協会 Web広告研究会の代表幹事を、2011年から務めている。
北海道大学卒業、数学修士。日本数学会員オープン・モバイル・コンソーシアム メンバー

マーケティング道場

現在のマーケティングの課題、デジタルマーケティングの最新手法、マーケティング投資の考え方とは? 確実に顧客に届き、アクションを促す新しいマーケティングのあり方を探る。

>>最新記事一覧へ