Digital Experience! TOP>JBpress>マーケティング道場

注目されるヤフーの施策、日本から新たな潮流も

ソーシャル化する社会が世界を大きく変え始めた〜第19回

2012.10.25(木) 小川 和也
    http://goo.gl/LxoCB
1
nextpage

 ヤフーは10月16日、Yahoo! JAPAN とフェイスブックのパートナーシップの一環として、トップページとYahoo!検索の「リアルタイム検索」における連携開始を発表した。

 この連携内容をおさらいしておくと、次の2点が実現されたということになる。

米ヤフーのCOOにグーグル幹部のデカストロ氏、1月下旬までに就任

米カリフォルニア州サニーベールのヤフー本社に掲げられたロゴ〔AFPBB News

(1)Yahoo! JAPAN トップページにフェイスブックの新着情報が表示されるようになる(フェイスブックにログインした状況でアクセスした場合)

(2)リアルタイム検索でフェイスブック上の全公開設定の投稿が検索対象に加えられた

 この連携強化、受け止め方によっては一見さりげない。

 ソーシャルメディアの中でユーザーの反応を見ていると、「ヤフーの方でもフェイスブックの新着情報チェックや投稿の検索ができるようになると便利かも」という類いのものが多く、中には「フェイスブックの投稿が検索でヒットしてしまうとは、ちょっと怖い・・・」というものも含まれている。

 しかし実はこの連携、そんな反応以上に大きい意味合いを持つことを見逃すわけにはいかない。

グーグル不敗神話を打ち破ったフェイスブック

 2010年3月15日(米国時間)、フェイスブックがグーグルを追い抜き、米国で最もアクセスの多いウェブサイトになったと発表された(米エクスペリアン・ヒットワイズ調査)。

 同年3月第2週の米国ウェブトラフィックに占めるグーグルのシェアは7.03%であったが、フェイスブックは7.07%となり、僅差ではあってもグーグルを抜いたことが世界中で衝撃的な事実として受け止められた。

 そしてこれが一過性の“アクシデント”ではなく、もはや大局的な流れであることを示したのは、2010年通年でフェイスブックが初めて米国のインターネット訪問者数シェアの首位に立ったことが明らかになったときだ。

 それまでグーグルを中心とした検索エンジンは、巨大な利用ユーザー数とトラフィックを生み出す源としてインターネットの世界では絶対的な存在であった。もはやそれに対抗し得るものなど、現れないようにさえ思えた。

 しかし2010年にフェイスブックがグーグルを抜いて訪問者数シェアのトップに立ったときから、ウェブトラフィックを巡る「検索エンジン対ソーシャルメディア」「グーグル対フェイスブック」という構図が生まれ、注目されるようになった。その意味では、インターネットの歴史の中でもエポックメイキングな出来事であった。

1
nextpage
  • PR
  • PR
新着記事
MORE
BackNumber
MORE
ArticleRanking

Kazuya Ogawa

アントレプレナー / デジタルマーケティングディレクター / 著述家
西武文理大学特命教授

小川和也オフィシャルサイトはこちら

慶應義塾大学法学部卒業後、大手損害保険会社勤務を経て、2004年グランドデザイン&カンパニー株式会社を創業、代表取締役社長に就任。数々のITベンチャービジネスや、デジタルマーケティングディレクターとして大手企業や行政、アーティスト等の先端的デジタルマーケティング事例を数多くつくり続けている。

ビジネスだけではなく、デジタルと人間や社会の関係の考察と言論活動を行っており、著書、寄稿、講演、メディア出演多数。主な著書に、「デジタルは人間を奪うのか」(講談社現代新書)、日本で初めての概念をテーマとした「ソーシャルメディアマーケティング」(共著・ソフトバンククリエイティブ)、「ソーシャルメディア維新」(共著・毎日コミュニケーションズ)、「Facebookマーケティング」(共著・ソフトバンククリエイティブ)、「ソーシャルブランディング」(共著・インプレスジャパン) など。

マーケティング道場

現在のマーケティングの課題、デジタルマーケティングの最新手法、マーケティング投資の考え方とは? 確実に顧客に届き、アクションを促す新しいマーケティングのあり方を探る。

>>最新記事一覧へ