アップルはモバイルアプリの開発者に人気

新規開発アプリの7割がアップル向け、グーグルは3割

2012.06.12(火) 小久保 重信
    http://goo.gl/ox5a3
1
nextpage

スマートフォンやタブレット端末用のアプリの市場では、相変わらず米アップル「アイフォーン(iPhone)」や「アイパッド(iPad)」のOS(基本ソフト)「アイオーエス(iOS)」が人気を集めており、米グーグルの「アンドロイド(Android)」を引き離しているようだ。

 とは言ってもこれは消費者人気のことではなく、アプリ開発者からの支持のことである。

タブレットの強さがアイオーエスの魅力

 モバイルアプリの解析や市場調査を手がける米フラーリ(Flurry)がまとめた最新の調査によると、今年1~3月に新規に開発されたモバイルアプリのアイオーエスとアンドロイドの比率は69%対31%で、これは昨年12月に行った前回調査の数値とあまり変わりがない。

米アップルのアプリ配信250億件突破

開発者に人気のiOS。写真はアップルのロゴ〔AFPBB News

 今や世界のスマートフォン市場は、アイオーエスとアンドロイドを合わせたシェアが8割を占めており、市場はこの2つのプラットフォームが支配している状態。

 とりわけアンドロイドのシェアは59%に達しており圧倒的な力を見せつけている。にもかかわらず開発者の間では今もアップル人気が高い。

 その理由にはいくつかあるようだが、フラーリではまず、タブレット端末の利用度の違いを挙げている。

 同社によると今年1~5月の期間にアップルのアイパッドからネット接続された割合は88%に上ったが、韓国サムスン電子のアンドロイド端末「ギャラクシータブ(Galaxy Tab)」は9%だった。

 米アマゾン・ドットコムの「キンドル・ファイア(Kindle Fire)」もOSアンドロイドを採用しているが、その割合はわずか3%という状況だ。

iOSアプリはAndroidの4倍稼ぐ

 さらに開発者の収益に関する調査結果を見ると、アイオーエスとアンドロイドの違いがより明確になる。例えばアイオーエス向けアプリが1ドルの収益を上げるのに対し、同じアプリのアンドロイド版で得られるのは24セントにとどまる。

 これは同社が昨年10~12月と今年1~3月に行った調査でもほぼ同じ結果となっている。

1
nextpage
  • PR
  • PR
新着記事
MORE
BackNumber
MORE
ArticleRanking

ニューズフロント社長。1961年生まれ。翻訳者、同時通訳者を経て、1998年から日経BP社のウエブサイトでIT関連の記事を執筆し始めた。 2000年にニューズフロントを設立。英語力の豊かなIT専門記者を育成すると同時に、独自に海外ニュースの速報事業を展開している。2003年に国内ニュースの配信にも進出した。

IT最前線

刻一刻と変化するITの世界。米国だけでなく世界中で起きている最新の情報を海外の有力メディアからピックアップし、この世界に詳しい筆者が鋭い分析を加えてお送りする。

>>最新記事一覧へ