世界のスマホ出荷、AndroidとiPhoneで8割

グーグルとアップルの市場支配はしばらく続く

2012.05.28(月) 小久保 重信
    http://goo.gl/ywaqd
1
nextpage

スマートフォンは、米グーグルのモバイル基本ソフト(OS)「アンドロイド(Android)」を搭載する端末と、米アップルの「アイフォーン(iPhone)」で世界出荷台数全体の8割を占めるようになった――。こうした調査結果を米国の市場調査会社IDCが公表して話題になっている。

Android、前年比2.5倍、iPhoneは2倍

アンドロイド、iPhone抜きシェア第2位に浮上 米国

1年前も合計で5割強のシェアを確保していたが、今では8割を超えた〔AFPBB News

 世界にはスマートフォンメーカーが数多くあり、日々膨大な数を出荷しているが、そのうち大半がOSにアンドロイドを採用している。そして残りの大半をアップル1社が占めているという構図が浮かび上がってきた。

 IDCによると、1~3月の3カ月間におけるアンドロイド端末の出荷台数は1年前からほぼ2.5倍(145%増)の8990万台に上り、その全出荷台数に占める割合(シェア)は59%に達した。

 一方アイフォーンはほぼ2倍(88.7%増)の3510万台となり、シェアは23%。それぞれの1年前のシェアは36.7%と18.6%で、この2つのシェアを合わせると55.3%だった。

 つまり2つの合計シェアは1年前時点でも半数を超えていたのだが、これがさらに拡大して82%にまで達したというわけだ。

 急成長するアンドロイドとアイフォーンの犠牲になっているのが、かつて栄光に輝いていた端末だ。例えば、フィンランド・ノキアの「シンビアン(Symbian)」の同期間における出荷台数は1年前から60.6%減って1040万台になった。カナダRIM(リサーチ・イン・モーション)の「ブラックベリー(BlackBerry)」は同29.7%減の970万台。シェアも激減しており、それぞれ10.4%と9.7%となっている。

ウィンドウズフォンのシェアはわずか2.2%

 そして、さらにシェアが低いのが米マイクロソフトの「ウィンドウズフォン(Windows Phone)/ウィンドウズモバイル(Windows Mobile)」。マイクロソフトのウィンドウズフォンはノキアが採用するようになり、両社は同OS搭載端末「ルミア(Lumia)」の販売促進に力を入れている。

1
nextpage
  • PR
  • PR
新着記事
MORE
BackNumber
MORE
ArticleRanking

ニューズフロント社長。1961年生まれ。翻訳者、同時通訳者を経て、1998年から日経BP社のウエブサイトでIT関連の記事を執筆し始めた。 2000年にニューズフロントを設立。英語力の豊かなIT専門記者を育成すると同時に、独自に海外ニュースの速報事業を展開している。2003年に国内ニュースの配信にも進出した。

IT最前線

刻一刻と変化するITの世界。米国だけでなく世界中で起きている最新の情報を海外の有力メディアからピックアップし、この世界に詳しい筆者が鋭い分析を加えてお送りする。

>>最新記事一覧へ