「Kindle Fire」のシェア失速、わずか4%に

原因は年末商戦の反動と海外展開の遅れ

2012.05.11(金) 小久保 重信
    http://goo.gl/KEK7O
1
nextpage

米国のIT専門市場調査会社IDCがまとめたタブレット端末の調査によると、今年1~3月期における世界のタブレット端末出荷台数は1740万台となり、10~12月期の2820万台から38.4%減少した。

 通常1~3月期の出荷台数は年末商戦のある10~12月期に比べて減少するものだが、この1~3月の減少幅はIDCの予測値を大きく上回った。

タブレットは季節商品、反動は大きい

アマゾンのタブレット「キンドル・ファイア」、賛否両論のスタート

アマゾンの「キンドル・ファイア」〔AFPBB News

 これは、タブレット端末がいまだ季節商品にとどまっていることを示しており、とりわけ米アマゾン・ドットコムの「キンドル・ファイア(Kindle Fire)」にその傾向が強いという。

 キンドル・ファイアは昨年10~12月期に初めて市場投入され、480万台を出荷して16.8%のシェアを獲得。シェアは米アップルの「アイパッド(iPad)」に次ぐ第2位となった。

 しかしこの1~3月期のシェアは4%にまで低下し、順位も3位に下げた。

 キンドル・ファイアはまだ海外展開しておらず、10~12月期は1年で最も消費が旺盛になるホリデーシーズンに支えられて台数が伸びたが、1~3月期はその反動で大きく落ち込んだというのが理由のようだ。

アイパッドのシェア7割に、サムスンは2位に浮上

 一方でアイパッドの1~3月期における出荷台数は1180万台となり、過去最高を記録した10~12月期から360万台減少した。

 またアイパッドのシェアは54.7%から68%へと上昇しているが、これはキンドル・ファイアをはじめとするライバル端末が大幅に出荷台数を減らしたことが主な要因とのことだ。

 1~3月期のシェアの順位は、アップル、韓国サムスン電子、アマゾン、中国レノボグループ(聯想集団)、米バーンズ&ノーブル(B&N)となっている。

1
nextpage
  • PR
  • PR
新着記事
MORE
BackNumber
MORE
ArticleRanking

ニューズフロント社長。1961年生まれ。翻訳者、同時通訳者を経て、1998年から日経BP社のウエブサイトでIT関連の記事を執筆し始めた。 2000年にニューズフロントを設立。英語力の豊かなIT専門記者を育成すると同時に、独自に海外ニュースの速報事業を展開している。2003年に国内ニュースの配信にも進出した。

IT最前線

刻一刻と変化するITの世界。米国だけでなく世界中で起きている最新の情報を海外の有力メディアからピックアップし、この世界に詳しい筆者が鋭い分析を加えてお送りする。

>>最新記事一覧へ