ニッポンビジネス・ななめ読み

誰も批判しない「実燃費」の内外格差燃費ランキングを鵜呑みにしてはいけない

2010.05.07(金)  相場 英雄

今年1月末、エコカー補助金(環境対応車への買い換え・購入に対する補助制度)が9月30日まで延長されることが決まった。長引く消費不況の下支え役として、我が国最大の産業である自動車業界、そして裾野の広い部品業界をフォローする施策であることは間違いない。

 だが、昨年末にも当コラムで指摘した通り、エコカー減税には数々の問題点があると筆者は考える。今回は、エコカー減税の素地となる燃費基準、特に国産車と外国車の内外格差について触れてみたい。

国交省ランキングと実燃費の間に大きな隔たり

 4月2日、国土交通省は2009年度の燃費性能に優れた乗用車ランキングを発表した。それによれば、1位はハイブリッドカーの代表格、トヨタ「プリウス」が選ばれた。

 同省によるプリウスの1リットル当たりの燃費は38.0キロ。2位はホンダの「シビックハイブリッド」で、同31.0キロ。3位はホンダ「インサイト」で同30.0キロなどとなった。

 同省は毎年、省エネルギーへの国民的な関心を高めること、省エネルギー車への注目度アップを狙ってランキングを公表している。

 昨年末、筆者は本コラムで「燃費5キロ、それでも『エコカー』を名乗る不思議」と題する原稿を執筆した。

 この中で筆者は、同省がエコカーを認定する際に基準としている「10.15基準」の矛盾に触れた。

 国内メーカー各社は、この基準をクリアするために、精緻な専用ギアシフトプログラムを導入し、カタログ上の燃費をより良く見せるための「企業努力」を展開している。先月発表された同省のランキングは、まさしくこのテスト結果を反映させたものに他ならない、と述べた。

ユーザーから集めた外国車の平均燃費データで分かったこと

 国交省のランキングとは別に、「e燃費」というサイトが発表しているランキングをご存じだろうか。e燃費は、アイ・アール・アイ コマースアンドテクノロジーという企業が運営する携帯端末向けのマイカー情報管理サービスだ。約40万人のユーザーから寄せられた車種ごとの燃費を平均したもので、先日、2009~2010年の1年間燃費平均値ランキングが公表された。

【編集部おススメ関連記事】 日産GT-R:DCT装備で高燃費のガソリンエンジン、エコカーだけがエコじゃない「ハイブリッドだけが次世代技術なのか」/実用燃費と乖離した燃費基準に頼る日本のガラパゴスエコカー「世界から取り残されていく日本の『エコカー』」/補助金打ち切りで暴かれるニッポンクルマ社会の後進性「一体なんだったんだ、エコカー補助金
 それによると、国産乗用車部門の1位は、やはりプリウ…
Premium Information
<<好評発売中!>>
【JBpress新書シリーズ発刊!】
第一弾は「若者よ、外資系はいいぞ」
~四十代年収四千万になる人生設計術:祖父江 基史氏・著
楽天SocialNewsに投稿!
このエントリーをはてなブックマークに追加

バックナンバー

Comment

アクセスランキング
プライバシーマーク

当社は、2010年1月に日本情報経済社会推進協会(JIPDEC)より、個人情報について適切な取り扱いがおこなわれている企業に与えられる「プライバシーマーク」を取得いたしました。

Back To Top