不整脈が心配なあなたに心臓のお話

脈が跳んだり抜けたりする期外収縮は問題ない

(長野 修)

生命維持の要となる心臓。これが不具合を起こすことは、死に直結する可能性を秘めているだけに、怖い

 生命維持の要となる心臓。これが不具合を起こすことは、死に直結する可能性を秘めているだけに、怖い。今回は、この心臓に注目し、不整脈について考えてみよう。

非常に幅の広い病気、不整脈

 取材したのは、杏林大学医学部・第二内科の准教授・池田隆徳先生だ。同氏は、同大学内の不整脈センターの統括責任者を務める不整脈の第一人者である。

 不整脈は、文字通り脈の乱れを生じる病気。その種類は多く、大きく分けると、脈の規則性が失われるもの、規則性はあるが脈が速くなる「頻脈」、逆に遅くなる「除脈」などに大別できる。池田医師は、不整脈の特徴についてこう話す。

 「不整脈は非常に幅の広い病気です。一言で不整脈と括ってしまいますが、ほとんど心配のないものから、突然死する可能性があるものまで様々です、非常に幅が広いのが、この病気の特徴です。ですから、不整脈と診断されたら、どんな不整脈で、どのくらいの危険性があるのか、必ず医師に聞いて確認することが大事です」

 まずは、「問題のない不整脈」についてのインタビューを紹介する。

脈が跳んだり抜ける期外収縮

――危険ではない不整脈とは、どういうものでしょうか?

池田 脈が跳んだり抜けたように感じる期外収縮という不整脈は、心配いりません。脈が跳んだように感じるのは、トントントンと同じリズムで脈が打つ中で、少し前倒しに早く打ってしまうものがあって、その部分の脈が跳んだように感じられます。中には「首元や喉元が何かトクッとしたりピクッと感じる」という患者さんもいます。

――脈が跳ぶ感じが続くと、本人は非常に不安に感じると思いますが。

池田 不安に感じる患者さんもいます。ただ、人間の心臓は、1日に約10万回鼓動していますが、仮にその3分の1、つまり3万回くらい期外収縮が出ても危険性はありません。場合によっては、2段脈といって、正常脈と期外収縮を交互に繰りかえす不整脈でも、心臓の機能に全く問題がなければ、一般的には危険ではありません。

新着記事

記事ランキング

おすすめ記事