特集 新都市宣言

21世紀型企業は、社会貢献で利益を生む

時代はCSR経営を超えてSVMへ

2009.11.25(Wed) ピーター.D ピーダーセン

世界の中の日本

upperline

前回(昨日)はこれからの企業競争力は「社会・環境的品質」という第5の競争軸で決まることを述べてきた。「競争軸」とは、それぞれの時代において、企業として生存・発展できるか否かを左右する最も重要な経営要因である。

第5競争軸の台頭

 古今東西、重要な競争軸だったと言える「自己変革力」(つまり、抜本的な革新を自ら起こし、続ける経営能力)に加え、20世紀後半の市場においては、「マーケットシェア」「価格・根付け」「品質」が主要な競争軸だったと言える。

 第4の競争軸である「品質」は、まさに日本企業によって極められてきた競争軸でもあり、ゲンバ、カイゼン・マネジメント、カンバン方式などといった日本語は、世界共通のビジネス用語にまでなった。

 しかし、社会・環境制約の変化を受け、21世紀市場においては、これら4つの競争軸に加え、第5の競争軸をマスターすることが求められている。下図のように、この競争軸を「環境革新(グリーンイノベーション)+持続可能性の追求(サステナビリティ)」と捉えることができる。

図1 企業の生存・発展を左右する5つの競争軸

 第5の競争軸の台頭は、企業の規模を問わず、また国内を対象市場としていようが、グローバル市場に進出している企業であろうが、経営に影響を与えている。その度合いは、業種によって濃淡こそあるものの(化学や重工業の企業は、サービス業の企業より直接的に影響を受ける)、基本的な原理・原則や時代の要請が変わるものではない。

 環境に対して、これまでの延長線上ではなく、革新的に取り組み、市場における差別化を図りつつ取り組むこと。そして、企業として、社会の健全で持続可能な発展に貢献・寄与するための意思と戦略を持ち、揺るぎなく行動を続けること。

 この2つはセットで、これから企業として選ばれ、そして選ばれ続けるか否かの重要な決め手となるのである。そして、幸いなことに、この競争軸に取り組むことは、市場から “積極評価” されるようになってきている。

1
nextpage

このエントリーをはてなブックマークに追加

特集 新都市宣言



facebook Comments

関連キーワード検索


underline
昨日のランキング
直近1時間のランキング

当社は、2010年1月に日本情報経済社会推進協会(JIPDEC)より、個人情報について適切な取り扱いがおこなわれている企業に与えられる「プライバシーマーク」を取得いたしました。

プライバシーマーク