UI銀行 代表取締役社長 田中 俊和 氏

 2022年1月、東京きらぼしフィナンシャルグループ傘下の「UI(ユーアイ)銀行」がサービスを開始した。同社は国内で2つ目となるデジタルバンクだ。JBpress/JDIRは22年8月23日・24日の両日、金融DXの実現に必須となる要素を総合的に学び、考察する、「第3回 金融DXフォーラム」をオンラインで開催する。同社代表取締役社長の田中俊和氏はそこで「『UI銀行』が考えるDX戦略について」と題した特別講演を行う予定だ。講演に先立ち、同社設立の狙いや、今後推進しようとするDX戦略などについて聞いた。

<編集部からのお知らせ>
UI銀行の田中社長も登壇するオンラインイベント「第3回 金融DXフォーラム」を、2022年8月23日(火)・24日(水)に開催します!
▶イベントの詳細や参加登録(無料)はこちら

世界No.1のデジタルバンクと称されるDBS銀行の在日代表や、九州の有力地域機関である九州フィナンシャルグループの笠原社長をはじめ、三菱UFJ銀行、りそなホールディングス、ソニーフィナンシャルグループ、イーデザイン損保など有力金融機関のDXキーパーソンが多数登壇します!

フルクラウドでシステムを構築した「デジタルバンク」

―― UI銀行は2022年1月にサービスを開始しました。以来半年あまりになりますが、現在までの進捗はいかがですか。

田中 開業当初はかなり忙しかったですね。特に気を配ったのがシステムトラブルを起こさないことです。新しい銀行として大きく期待をされてサービスを開始する中で、お客さまにご迷惑をおかけするようなことがあってはなりません。ですから、相当な緊張感を持って日々のオペレーションに取り組んできました。幸いなことに、これまでサービスに影響を与えるようなトラブルは発生しておらず、安定的に稼働しています。

―― デジタルバンク開業にあたっては、勘定系システムを含め、フルクラウドを採用したそうですね。従来、銀行は「メインフレーム(大型汎用機)」のシステムが主流でした。フルクラウドの理由はどのような点ですか。

田中 フルクラウドとは言うものの、勘定系はプライベートクラウドですので、閉じたクラウドです。情報系はAWSを利用したパブリッククラウドになっています。

 クラウドを利用する理由として、運用コストが抑えられることや、開発期間を短縮できるというメリットがあります。きらぼし銀行は、東京都民銀行、八千代銀行、新銀行東京の3行が合併して誕生しました。3行は別々のシステムを使っていたため、これを統合したのですが、一つのシステムにするのに7年近くもかかったのです。社会の変化が激しく、金融慣行もめまぐるしく変わる中で、今またそれだけの時間をかけていると変化のスピードについていけません。何より、お客さまのニーズに応えるサービスを早期に創出できません。

 それではいけないと、フルクラウドを採用することを決めました。UI銀行では今回、韓国大手の新韓金融グループの日本法人であるSBJ銀行が提供する「AiTHER(アイテル)」というシステムを採用しました。韓国の銀行という点では外資系ということになりますが、同行はすでに日本で10年以上、全銀システムなどにつないで稼働してきた実績があります。日本独自の金融システムにも対応しており、カスタマイズなども非常に少なく導入できました。

UI銀行 代表取締役社長 田中 俊和 氏/1965年生まれ。1989年北陸銀行に入行。2006年新銀行東京に入行。取締役を務めたのち、2016年より経営企画部長として東京TYフィナンシャルグループ(現 東京きらぼしフィナンシャルグループ)へ。2018年よりきらぼし銀行取締役執行役員、2020年きらぼしデジタルバンク設立準備会社(現 UI銀行)代表取締役社長を経て、現職。

「銀行らしくない」サービスを創出していきたい

―― UI銀行は、日本で2番目に誕生したデジタルバンクとして注目されています。メガバンクや地方銀行もスマートフォン向けサービスを拡充するなど、デジタル化を加速させています。UI銀行が、きらぼし銀行の中ではなくあえて新会社として設立された背景は。

田中 一言で言えば、従来の銀行にはない組織を作るためです。UI銀行ではこれまでの銀行にはなかった新しいサービスを創出したいと考えています。そのためには、組織や人も従来の常識にとらわれてはならないと考えました。

 例えば、細かい話ですが、銀行員だからスーツを着ているべきというのではなく、ジーンズにTシャツでもいいと思います。銀行内だとなかなか難しいところがありますが、外の組織だとそれができます。

 これから、ベンチャーやスタートアップ企業の人たちとコラボレーションする機会も増えるでしょう。異業種からの採用も積極的に行っていきたいですね。

 UI銀行は、これから5年後10年後に銀行らしくない銀行にしなければなりません。徐々に、さまざまなサービスを展開することによって銀行らしさがなくなっていく、もしくは銀行員らしくない人が増えていく。たぶん、そんなことになるだろうと思っています。

―― 「銀行らしくない」サービスを創出するためにもDXが不可欠だと考えられます。フルクラウドの採用はその点でも重要ということでしょうか。

田中 先ほど、クラウドのメリットは、コストや時間を削減できることだと言いました。私はさらに、柔軟な拡張性にも期待しています。今後はさまざまな新しいサービスを創出していきます。それを従来のようにウォーターフォール型で開発をしていては、開発に時間がかかり、市場に送り出したときにはすでにニーズが変化している可能性があります。そうでなくアジャイル型で時機を逸せずリリースすることが大切です。

 また、「銀行らしくない」サービスを創出するためには、金融業界以外のさまざまな企業との連携が必要不可欠です。API(アプリケーション・プログラミング・インターフェース)連携の構築などにおいては、オープンなクラウド環境でコラボレーションしながら開発を進めていくことが当たり前になるでしょう。

―― きらぼしグループは2021年11月、スタートアップのサポート体制を整備したKicSpace HANEDAを羽田イノベーションシティ(HICity)にオープンしていますね。

田中 はい。これはきらぼしグループ全体での取り組みとなりますが、HICity以外にも、南青山でインキュベーション拠点を運営しています。この場所を利用し、何かを始めたい、何かを生み出したいと考えるベンチャー企業やスタートアップ企業が増えるといいなと思っています。

BaaSなども視野に入れた、新たな金融機能を提供

―― 今後は、既存の銀行だけでなく、さまざまな企業がデジタルを活用した金融サービスに参入してくると考えられます。その中でどのように優位性を発揮していく考えでしょうか。

田中 UI銀行が目指す姿として「ふやすのは、わたし資産」というコンセプトを掲げています。これは、お金など有形資産だけでなく、経験や知識、スキルなどの無形資産を増やすことにも貢献したいという思いを込めています。そのためにも今後、金融と非金融の両方の分野で多様なサービスを提供していく計画です。フィンテック企業はもちろんのこと、エンターテインメントなども含めたさまざまなコンテンツホルダーとも連携していきます。

 きらぼしグループに限らず、高額預金者の中心はシニア層です。きらぼし銀行で主要なお客さまを営業店の「デジタルコンシェルジュ」がサポートしながら、シニア層のデジタルシフトを促進していきます。そのお子様世代のミドル層、お孫さん世代の若年層までをカバーできるのがUI銀行の特長です。資産がUI銀行の中で継承される仕組みを作っていきたいと考えています。

―― メガバンクやネットバンクとは違う土俵で勝負をするということですね。

田中 そのとおりです。提供するサービスをフックに、10万人、20万人単位のお客さまに強いといった分野をいくつも作っていくイメージです。そうなってくると、もはや「きらぼしグループ」や「UI銀行」としてのブランドを押し出したり、金利や手数料の競争をして預金を獲得するといった勝負ではなくなります。むしろそれでは生き残りは難しいでしょう。

 一つのビジネスの形態としては、「BaaS(バンキング・アズ・ア・サービス)」として、「エンベデッドファイナンス(組み込み型金融)」のような形で、商圏やお客さまをお持ちの企業や団体、あるいは学校などで私たちの金融機能を提供する。それによっていつの間にかサービスを使っていただいている、いつの間にかお客さまが増えている。そういった関係を作っていきたいと考えています。

「こんなビジネスをやってみたい」あるいは、「マネタイズ(収益化)はまだ見えないが、何か面白いことをやりたい」と考えている、企業や団体の方にはぜひお声がけいただきたいですね。もちろん、お客さまにも、今後さまざまな取り組みをしていくので、ぜひご注目していただきたいと願っています。

◇ ◇ ◇

 2022年8月23日(火)・24日(水)に開催される「第3回 金融DXフォーラム」では田中氏の特別講演「『UI銀行』が考えるDX戦略について」も配信を予定している(田中氏の登壇は23日)。講演では、ここで紹介した以外に、東京きらぼしフィナンシャルグループにおけるUI銀行の位置づけや、今後のサービスの全体像や成長戦略などが詳しく紹介される予定だ。ぜひ、登録し視聴してほしい。

「第3回 金融DXフォーラム」のお申込みはこちら!