ケーススタディ 無料会員限定

JA全農が挑む「データに基づく農業」

国産農作物維持のために生産改革に取り組み、収量を増やす

指田 昌夫
印刷用表示
いいね ツイートする
JA全農 農業従事者の減少 生産改革