テクノロジー 無料会員限定

1年で集積度が驚異的に向上した量子コンピュータ

実用化は早くて2035年?研究者が語る技術の現状、課題、展望

川畑 史郎
印刷用表示
いいね ツイートする
量子コンピュータ 量子ビット 量子化学シミュレーション 量子機械学習 超伝導量子コンピュータ 量子アニーリング Q-LEAP