2018.10.17
  • 新着一覧
  • ランキング
  • facebook
  • twitter
  • RSS
  • 会員登録

マーケット

マーケットの最新動向と景気診断、株式、為替、金融商品などに関する情報をお届けします。
世界経済に忍び寄る次の景気後退 国際

世界経済に忍び寄る次の景気後退
景気の勢いにばらつき、頼みの綱の米国が息切れしたら・・・

国際 つい1年前、世界経済は同時好況を謳歌していた。2017年には、英国を除くすべての主要先進国とほとんどの新… 2018.10.16
ハイテク株総崩れ、IPOの宴が早々に終わる恐れ 国際

ハイテク株総崩れ、IPOの宴が早々に終わる恐れ
市場全体のムードの反映か、ハイテク業界の時代の変化の前兆か?

国際 米アマゾン・ドット・コムが1兆ドル企業だった頃のことを読者は覚えておいでだろうか。あれは、つい5週間前… 2018.10.15
世界の努力をよそに崩れないドル支配 国際

世界の努力をよそに崩れないドル支配
トランプ大統領が何を言っても関係なし、FRB議長の采配に注目

国際 米連邦準備理事会(FRB)のジェローム・パウエル議長が9月26日に記者会見を開いた時、投資家は警戒しながら… 2018.10.3
PR
PR
新興国大揺れ、アジアといえども免れない災難 国際

新興国大揺れ、アジアといえども免れない災難
90年代の危機と異なる事情、夢見た「デカップリング」は今・・・

国際 アヤム・ゲップレ・ジュアラという、フライドチキンを細かく砕いた料理を出すインドネシアのレストランチェ… 2018.9.28
中国が為替操作をやめるべき理由 国際

中国が為替操作をやめるべき理由
大きく変わる競争の構図、今こそ絶好のチャンス

国際 「貿易で我々からぼったくっている」。外国人についてドナルド・トランプ大統領が不満を口にするとき、その… 2018.9.18
PR
PR
PR
世界経済に忍び寄る次の景気後退
景気の勢いにばらつき、頼みの綱の米国が息切れしたら・・・
[The Economist] 2018.10.16
ハイテク株総崩れ、IPOの宴が早々に終わる恐れ
市場全体のムードの反映か、ハイテク業界の時代の変化の前兆か?
[Financial Times] 2018.10.15
世界の努力をよそに崩れないドル支配
トランプ大統領が何を言っても関係なし、FRB議長の采配に注目
[Financial Times] 2018.10.3
PR
新興国大揺れ、アジアといえども免れない災難
90年代の危機と異なる事情、夢見た「デカップリング」は今・・・
[The Economist] 2018.9.28
中国が為替操作をやめるべき理由
大きく変わる競争の構図、今こそ絶好のチャンス
[Financial Times] 2018.9.18
米国で起きかけた全面的な銀行取り付け騒ぎ
FT記者の告白、10年前に報道を差し控えた恐怖の1日
[Financial Times] 2018.9.12
PR
「どれだけ顧客本位か」で金融機関が選別される時代に
独立系ファイナンシャル・アドバイザーIFAは日本で根付くのか
[山岸 裕一] 2018.8.21
トルコリラはどこまで下がるのか?
外交危機で経済危機に拍車、トランプ政権の制裁に戦々恐々
[The Economist] 2018.8.14
グローバル金融市場、日本の影響力はまだ大きい
日銀の動きが注目される理由、次の混乱の震源地になる恐れも
[The Economist] 2018.8.7
仮想通貨に姿変え、韓国に現れた日露戦争の亡霊
帝政ロシア軍「ドンスコイ号」の金塊で株価3倍、しかし・・・
[アン・ヨンヒ] 2018.8.3
米国だけがもつ“経済の核兵器”、「ドル利用禁止」
ロシアなどに対する米国の経済制裁が効果的な理由とは
[榎本 裕洋] 2018.7.26
外国人が中国国債を熱心に購入する理由
人民元への賭けか、それとも罠か?
[The Economist] 2018.7.5
人民元が最大の下げ、今度は米中通貨戦争の懸念
関税の影響を相殺する狙い、通貨の「兵器化」に伴う大きなリスク
[Financial Times] 2018.7.4
暗号通貨、まじめな業界のふざけたスター
ビットコイン狂騒曲の舞台アジア、陰でこんな人も暗躍
[Financial Times] 2018.6.25
仮想通貨における51%攻撃、不正が勝つ条件とは
何一つ理解できていない大手メディアを鵜呑みにせず自分の頭で考えよう
[伊東 乾] 2018.6.12
それでも米国債投資が理にかなう理由
3%を超えた10年債利回り、投資家の念頭に不況シナリオ?
[The Economist] 2018.5.31
アマゾン、「Fortune 500」で初のトップ10入り
アップルは引き続き“最も利益が高い企業”
[小久保 重信] 2018.5.23
商品相場と地政学、「800ポンドのゴリラ」効果
トランプ大統領が世界のコモディティー市場に送る衝撃波
[The Economist] 2018.5.1
米国債市場のメッセージは無視できない
これが株式市場だったら大騒ぎ、金利の急騰が意味することは?
[Financial Times] 2018.4.30
平成を眠り続けた日本とトランプ政権で迷走する米国
大前研一「2018年の世界」
[biblion] 2018.4.23
次へ
有料会員のご案内

初月無料 / 月額540円

  •  - プレミアム会員限定の記事を配信
  •  - 人気コラムニストの特別セミナーへご招待
  •  - スマホでの閲読がより快適に
PR