IoT(Internet of Things)の最新ニュースや企業&ベンチャー事例(ケーススタディ)ほぼ毎日掲載

イノベーション
2017.03.21

エースを投入せよ!IoT実現の鍵を握るインド活用
豊富な資金と人材を背景にしたデジタルパワー

BY

インド南部バンガロールのInfosys本社。

 IoTというと、ドイツやアメリカなど先進国の動向が取り上げられることが多い。しかし、近年のIoTブームでは、インドに関心を持つ日本企業も少なくない。今年2月には、日本のIoT推進コンソーシアムと、インド・ソフトウエア・サービス協会(NASSCOM)の間でIoT分野における協力の覚書が結ばれ、両国の協業余地にも期待が高まっている。

圧倒的なデジタルパワー

 なぜ、インド×IoTが注目を浴びるのか? 理由として、インドの(1)ITコスト競争力、(2)優秀なIT人材、(3)豊かなIT人材プール、の3つがある。

 コスト競争力の点では、他のアジア諸国を圧倒する安い人件費と、低いオフィスインフラ費用を挙げられる。人材の質の面では、名門インド工科大学をはじめ、毎年200万人近い優秀なエンジニアリング人材が、高度な英話力や積極的な対人コミュニケーション力、貪欲な成長志向を持って労働市場に供給される。加えて人材の量を見ると、インドIT産業には毎年約370万人が就職し、その数は中国の1.7倍以上、フィリピンの3倍以上にも相当する。

 これらを背景に、インドのIT産業は著しく成長。“デジタルパワー”を高めてきた。中でも“BIG4”と呼ばれるITジャイアント(TCS社、HCL社、Wipro社、Infosys社)は、事業の多角化と高付加価値化を積極的に推し進めている。加えて、新興企業の勃興も見逃せず、年間約50億米ドル(約5740億円)にも達するインドスタートアップへの投資のうち、IT関連企業が占める割合は高い。

 競争力の高い圧倒的なデジタルパワーを背景に、インドはIoTにおける“Enabler(=IoTを実現するツール提供者)”としての役割が期待され、注目を集めているわけだ。

フルーガルエンジニアリングとデータアナリティクス

 ”IoT Enabler”として、インドはどのような価値を提供できるのか? 鍵を握るのは、「フルーガルエンジニアリング(倹約志向の設計開発)」と「データアナリティクス」のノウハウだ。

JBPRESS

あわせてお読みください

注目連載

記事ランキング

  • 直近1時間
  • 昨日

あわせてお読みください

IoTニュース

フリービットら4社、「LoRaWAN」を用いたIoT事業化実証実験を共同で実施
ローム、京都大学、NextDrive、日新システムズ、国際無線通信規格Wi-SUN FANを搭載した小型IoT用ゲートウェイの開発に成功
インテルとハネウェル、物流業界のスマート化を目指して協業
NTT東日本、農業IoT共同実証実験を開始
日立、IBM z Systemsをベースとした新メインフレーム環境を2018年度から提供
NTT東、「ミリ波」と「Wi-Fi」を活用した畜産IoTの実証実験――センサー不要で牛はストレスフリー
「IoT × Subscription Day – IoTビジネスを創る、つなげる – 」 ユニアデックス株式会社協賛セミナー6/22開催[PR]
スマートリモコンで「外付けIoT」、すぐにはIoT化が難しい生活家電をIoT化【俺たちのIoT】
IoT人気記事ランキング|主要メーカーの自動運転車プロジェクト、三越伊勢丹とソフトバンクによる期間限定ストアなど [5/15-5/21]
フリービットなど4社、仙台市でIoTサービスの事業化に向けたLoRaWANの実証
ドローンワークスが「IoTビジネス共創ラボ」に参画、「ドローンワーキンググループ」を立ち上げ
コニカミノルタがIoTプラットフォームを手がける理由
三菱電機、ROE10%以上の成長経営指標は4年連続達成--IoT関連で新事業創出へ
ロームとACCESSのWi-SUNモジュール活用した「スマートハウス向け電力マネージメントソリューション」、Askey製IoTゲートウェイに採用
増加する窓口業務に人工知能で対応、担当者の負担を軽減するチャットボット ーJapan IT WEEK春 −3
SAP on Azureにみる基幹システムのためのAzure【第12回】 | IT Leaders

IoTニュース”は、Mynd Engineを活用して、世の中のIoT関連の記事をまとめさせていただき、ご紹介させていただきます。