IoT(Internet of Things)の最新ニュースや企業&ベンチャー事例(ケーススタディ)ほぼ毎日掲載

テクノロジー
2017.03.09

日本初!養蜂業を変える画期的ITシステム
いつでもどこでも巣箱の内部を把握

BY

ミツバチの世話をするはつはな果蜂園の松原代表(写真提供:はつはな果蜂園)

 ミツバチをITシステムで育てるという日本初の試みに取り組む養蜂家がいる。広島で「はつはな果蜂園」(広島県廿日市市)を営む松原秀樹さんだ。

 松原さんはかつて日本IBMの営業マンとして東京で働いていた。しかし、自然と触れ合う生活への思いが絶ち切れず、故郷の広島にUターンして農業を始めることを決意する。

 松原さんが農業の柱として選んだのは養蜂だった。ITの世界から養蜂の世界に飛び込んだ松原さんは、巣箱管理の作業を効率化する必要性を痛感し、ITシステムを発案。自らそのシステムを利用してミツバチを育てると共に、システムの販売も手掛けている(システムの名称は「Bee Sensing(ビー・センシング)」。開発と販売は東京・上野のアドダイスという会社と共同で行っている)。

 松原さんは養蜂業のどのような課題を解決しようとしたのか。ITシステムで養蜂業はどう変わるのか。松原さんに話を聞いた。

養蜂業はどうすれば大規模化できるのか

──15年務めたIBMを辞めて養蜂業を始められたそうですが、なぜ養蜂の世界に進まれたのですか。

JBPRESS

あわせてお読みください

注目連載

記事ランキング

  • 直近1時間
  • 昨日

あわせてお読みください

IoTニュース

未来投資戦略2017(デジタルヘルス用語)
スマートシティのフォーマットを、島根県益田市から -IoT益田同盟による、市民/在県企業向けIoTサービスレポート
どんな家電でもIoT対応になる!? 不思議なコンセント拡張機器『intelliPLUG』
紛失防止タグ「MAMORIO」は失くさないためのIoT追跡ツール
Wi-RANシステムによる遠隔地及び中継地の情報同時収集試験成功
ダイキン工業に聞くIoT戦略、現場で実現した「25年前からの発想転換」とは
自動車産業に変革をもたらすデータ爆発 - インテルが自動運転に注力する理由
サムスン、IoT向けプロセッサ「Exynos i T200」の量産を開始
ドコモ、横浜市らとIoTスマートホームを活用した未来の家プロジェクト開始
旅行者向けIoTデバイス「TATERU Phone」の多言語音声翻訳機能を実証実験
NEC、AIで製造現場の検品業務を省力化するソリューションを販売開始
セゾン情報、IoTの接続検証施設「HULFT IoT PoC Lab.」を開設
IoTで重要なのは「データをためておくこと」--オープンイノベーションコミュニティの成果
アパートにIoT機器を手軽に導入できるキット、大家さん向けに展開 
【特別企画】富士通クラウドテクノロジーズ - ニフティクラウド&IoTのブースが盛況
Mobility × IoT × FinTechベンチャーのGMS  フィリピン国パラニャーケ市と提携

IoTニュース”は、Mynd Engineを活用して、世の中のIoT関連の記事をまとめさせていただき、ご紹介させていただきます。