IoT(Internet of Things)の最新ニュースや企業&ベンチャー事例(ケーススタディ)ほぼ毎日掲載

テクノロジー
2017.03.09

日本初!養蜂業を変える画期的ITシステム
いつでもどこでも巣箱の内部を把握

BY

ミツバチの世話をするはつはな果蜂園の松原代表(写真提供:はつはな果蜂園)

 ミツバチをITシステムで育てるという日本初の試みに取り組む養蜂家がいる。広島で「はつはな果蜂園」(広島県廿日市市)を営む松原秀樹さんだ。

 松原さんはかつて日本IBMの営業マンとして東京で働いていた。しかし、自然と触れ合う生活への思いが絶ち切れず、故郷の広島にUターンして農業を始めることを決意する。

 松原さんが農業の柱として選んだのは養蜂だった。ITの世界から養蜂の世界に飛び込んだ松原さんは、巣箱管理の作業を効率化する必要性を痛感し、ITシステムを発案。自らそのシステムを利用してミツバチを育てると共に、システムの販売も手掛けている(システムの名称は「Bee Sensing(ビー・センシング)」。開発と販売は東京・上野のアドダイスという会社と共同で行っている)。

 松原さんは養蜂業のどのような課題を解決しようとしたのか。ITシステムで養蜂業はどう変わるのか。松原さんに話を聞いた。

養蜂業はどうすれば大規模化できるのか

──15年務めたIBMを辞めて養蜂業を始められたそうですが、なぜ養蜂の世界に進まれたのですか。

JBPRESS

あわせてお読みください

注目連載

記事ランキング

  • 直近1時間
  • 昨日

あわせてお読みください

IoTニュース

NTT西がIoTクラウド第一弾、ドローン活用の太陽光パネル点検技術を提供開始(ニュース)
MOVIMAS、法人のIoT用途向けに「0円SIM」を提供
【俺たちのIoT】第12回:AIとIoTのかかわり、キーワードは「人間の代わり」 
浅草六区、経済産業省「IoT活用おもてなし実証事業」に参加し訪日外国人旅行者の対応向上を目指す
ファームノート、農業でのAI研究開発・事業基盤強化のため総額5億円の資金調達を実施
警察庁、2016年のサイバー脅威動向を発表 - IoT機器への不正アクセスが急増
コニカミノルタ、複合機でIT管理が可能なプラットフォーム「Workplace Hub」を発表
フィンテックが切り開く「金融IoT」の世界を読み解く
オライリー氏が望む「人」と「コンピュータ」の関係 今後“労働”はどうなるか
あれがしたい、これがしたいを叶えてくれる。世界最小クラスの積み木型IoT「Cubeキット」
KDDIら、宮古島でLoRaWAN/IoTを活用したマンゴー栽培の実証実験
ルネサス、省電力広域ネットワーク標準化推進団体「LoRa Alliance」に加入
日立、IoTなどと連携し物理セキュリティデータを収集・分析するための統合基盤を開発 | IT Leaders
MOVIMAS、6次産業化を見据えた小型で安価な環境計測IoTサービスを提供開始
ファーウェイと独テレコム、パブリック・クラウドでIoTに参画
IoTの導入検証をワンストップ提供--キヤノンITSがサービス化

IoTニュース”は、Mynd Engineを活用して、世の中のIoT関連の記事をまとめさせていただき、ご紹介させていただきます。