IoT(Internet of Things)の最新ニュースや企業&ベンチャー事例(ケーススタディ)ほぼ毎日掲載

テクノロジー
2017.03.09

日本初!養蜂業を変える画期的ITシステム
いつでもどこでも巣箱の内部を把握

BY

ミツバチの世話をするはつはな果蜂園の松原代表(写真提供:はつはな果蜂園)

 ミツバチをITシステムで育てるという日本初の試みに取り組む養蜂家がいる。広島で「はつはな果蜂園」(広島県廿日市市)を営む松原秀樹さんだ。

 松原さんはかつて日本IBMの営業マンとして東京で働いていた。しかし、自然と触れ合う生活への思いが絶ち切れず、故郷の広島にUターンして農業を始めることを決意する。

 松原さんが農業の柱として選んだのは養蜂だった。ITの世界から養蜂の世界に飛び込んだ松原さんは、巣箱管理の作業を効率化する必要性を痛感し、ITシステムを発案。自らそのシステムを利用してミツバチを育てると共に、システムの販売も手掛けている(システムの名称は「Bee Sensing(ビー・センシング)」。開発と販売は東京・上野のアドダイスという会社と共同で行っている)。

 松原さんは養蜂業のどのような課題を解決しようとしたのか。ITシステムで養蜂業はどう変わるのか。松原さんに話を聞いた。

養蜂業はどうすれば大規模化できるのか

──15年務めたIBMを辞めて養蜂業を始められたそうですが、なぜ養蜂の世界に進まれたのですか。

JBPRESS

あわせてお読みください

記事ランキング

  • 直近1時間
  • 昨日

話題のキーワード

注目連載

あわせてお読みください

IoTニュース

IoTセキュリティに向けた“シフトレフト”が一筋縄ではいかない理由
IoTデバイスの少量生産を可能に、25万円から金型が作れる企業があった
ソフトバンク銀座・表参道に「おうち型」IoT体験コーナー設置
ドコモ、IoTデバイス保護ソリューション「ドコモ・クラウド基盤ネットワークセキュリティサービス」を提供開始
NVIDIAとAWSが提携、エッジデバイスでのAI活用を後押し
【マンガ】Notesで「AI」「チャットボット」なんて無理だと思っていたのに……
ベッドに入れるだけで睡眠計測、「au HOME」のホームIoT新製品で睡眠の質が変わるかも【今日も元気に仕事しよう!】
国内IoT市場のユーザー支出額、2023年まで年平均13.3%で成長--IDC調査
オートバックス、大分県と包括連携協定を締結 IoTで安心・安全を提供
NVIDIA、JetsonとAWSとの連携を発表 エッジAIが容易に
日立、利用実績のあるLumadaソリューションをコンテナ化した「Lumada Solution Hub」を発表 | IT Leaders
街路灯をSigfoxでIoT化、オプテックスが杉並区で実証実験
Gunosy、データ利活用を促進する専門組織「Gunosy Tech Lab」を新設 
離農時代を救う「アグリテック」注目はIoTとAIーースタートアップが語る注目テクノロジー/笑農和代表取締役 下村豪徳氏
IoTでアワビを陸上養殖、KDDIと浜松市が連携
IoTシステムをDIY感覚で設計でき、AWSと連携できるオープンソースプロジェクト「Degu」が発足 | IT Leaders

IoTニュース”は、Mynd Engineを活用して、世の中のIoT関連の記事をまとめさせていただき、ご紹介させていただきます。