IoT(Internet of Things)の最新ニュースや企業&ベンチャー事例(ケーススタディ)ほぼ毎日掲載

イノベーション
2017.03.01

あと3年で自動運転車が街の中を走り始める!
アップデートで可能性を拡げていくIoTのクルマ

BY

自動運転技術によって、未来のクルマはどうなっていくだろうか。(写真はイメージ)

 近年のIT技術やIoTへの知見の蓄積などから、「自動運転」は今や夢物語ではなく、現実味のある計画として語られるようになってきた。実際のところ、どのくらいのタイムスパンで実現され、それによってどのようなライフスタイルやビジネスがもたらされるのだろうか。

 自動運転技術の開発に古くから取り組んできた、インテル株式会社 事業開発・政策推進本部 チーフ・アドバンストサービス・アーキテクト(兼)ダイレクターの野辺継男氏に話を聞いた。

インテル株式会社 事業開発・政策推進本部 チーフ・アドバンストサービス・アーキテクト(兼)ダイレクターの野辺継男氏。

* * *

コンピュータの進化の先にIoTと自動運転

――自動運転はコンピュータと切り離して考えることはできません。クルマとコンピュータの関係から聞かせてください。

野辺継男氏(以下、敬称略) クルマの中にコンピュータが入るのは必然性があります。

 クルマがどういう環境で走っているのかセンサーで認識し、走行状態もクルマの上のコンピュータが分析します。さらに、多くのクルマからのデータをクラウドに送り、分析することで、環境と走行状態を照らし合わせて安全な運転が支援可能となります。また、そうした多くのクルマからのデータに基づき地図が更新されていきますが、それをまた参照しながらクルマが走るといった形で、通信とデータセンターを介した情報の循環が生まれることが非常に重要です。これはまさにIoTです。

 以前はテレマティクスと言われた考え方ですが、日本では海外よりも携帯データ通信が発達し、カーナビゲーションの装着率も高かったため、2004年頃から比較的多くのクルマがデータセンターに接続され、IoTという言葉がまだ生まれていない頃から実はクルマはIoTを実現していたと言えます。

JBPRESS

あわせてお読みください

注目連載

記事ランキング

  • 直近1時間
  • 昨日

あわせてお読みください

IoTニュース

IoTを使用したスマート掃除でコスト削減
働く人々の課題を現場で解決する、コニカミノルタがエッジ型IoT「Workplace Hub」を国内で公開 | IT Leaders
スマートテレビの利用規約に同意すると「どんなこと」に同意したことになるのか?
マイクロソフトのAzureとNTTドコモの閉域網を用いたセキュアなIoTプラットフォーム
日本マイクロソフト、ユニアデックス、NTTドコモが協業、各社サービスを連携させたIoTパッケージを9月から提供
守りから攻めのセキュリティに - 富士通が推進する事故前提型のIoT対策とは
JPCERT/CCに聞くIoTセキュリティ - 機器を正しく分類して対策を考えるのがキモ
ツクモ12号店が“IoTガジェットコーナー”を新設
スケーラブルなIoTプラットフォーム「SORACOM」はこう作られた
OKI、IoTを活用し観光客の周遊性を高める「スマート@ツーリズムシティ」
経産省、「データ利活用促進に向けた企業における管理・契約等の実態調査」を実施
富士通と横浜市住宅供給公社、IoTを活用した高齢居住者の見守りサービスで協業
MOVIMASとスマートブルー、ソーラーシェアリング対応IoTソリューション「MOVIMAS AGR」による 高単価作物栽培の実証事業を開始
コニカミノルタ、Workplace HubでIoT事業への本気度を国内でもアピール
日本企業はIoT導入に消極的!? HPE Arubaが国内外の企業を対象に調査
レース中のドライバーをIoTで測定--NTTらが実証実験

IoTニュース”は、Mynd Engineを活用して、世の中のIoT関連の記事をまとめさせていただき、ご紹介させていただきます。