第1期(全8回)第4回 情報システム部門編~第8回 Overallのご視聴登録受付中!

第2回人事

第3回従業員エンゲージ
メントと企業文化

第4回情報システム

第5回経理・財務

第6回経営企画

第7回総務

第8回(最終回)Overall

ロゴ

~今こそ真のビジネスパートナーへ~

「人事」「経理・財務」「総務」「法務」「情報システム」「経営企画」といった部門は、これまで「バックオフィス」という言葉で語られてきました。しかし今、その在り方が大きく変わろうとしています。押し寄せる多様なリスクと向き合い企業を守るだけではなく、経営者や事業部門の戦略策定から実行まで寄り添い、能動的にビジネスの成長にコミットする「パートナー」ともいえる存在に進化することが求められているのです。その姿は、人々に「安全」と「繁栄」をもたらす存在として伝わる「守護神(ガーディアン)」そのものです。

本番組は、各領域で当代一流の知見をお持ちの第一人者をホストに、現在進行形で変革に取り組まれているビジネスパーソンをゲストに迎え、ビジネスパートナーとしての在り方や進化の方向性、求められるマインドセットやスキルセットなどについて熱く議論する「超本格派ビジネスパートナートーク番組」です。

プロフェッショナル同士が最先端の知見をぶつけ合う、濃く、深い議論をお楽しみください。

番組の見どころ

328[木]
13:0014:00

好評につきご視聴登録の受付を終了しました。
たくさんのご登録、誠にありがとうございました。

人事

第2回人事部門編

supported by

techouse

番組内容

人事はビジネスパートナーへ進化する
人と組織の両面で経営戦略をサポート

人事の領域では近年、制度を構築し効率的に管理・運用することが中心だった管理型の人事から、経営戦略と人材マネジメントを連動させ、企業の成長に積極的に寄与する「戦略人事」へと進化することが求められています。「CHRO(Chief HR Officer)」の経営ポジションの新設とともに、導入企業が増加している「HRBP(Human Resource Business Partner)」はその象徴といえます。経営と事業の成長に貢献する新時代の人事の在り方を考察します。

出演者

髙倉 千春氏

HOST

髙倉 千春

高倉&Company共同代表
(元ロート製薬 取締役 CHRO)

プロフィール
髙倉 千春氏

髙倉 千春

高倉&Company共同代表
(元ロート製薬 取締役 CHRO)

93 年からコンサルティング会社にて組織再編、人材開発に携わり、 99 年ファイザー人事部担当部長、2006 年ノバルティス・ファーマ人材組織部 部長、 14 年より味の素理事グローバル人事部長としてグローバル人事制度を構築、展開。 20年よりロート製薬取締役、22年同CHROに就任。 22 年より日本特殊陶業社外取締役 サステナビリティ委員長。 23年より三井住友海上火災保険・野村不動産ホールディングス社外取締役。

引地 淳氏

GUEST

引地 淳

三菱重工業
HRマネジメント部 部長

プロフィール
引地 淳氏

引地 淳

三菱重工業
HRマネジメント部 部長

1991年三菱重工に入社後。名古屋にて労務管理を担当後、2000年に本社に異動し、人事システム導入プロジェクト等に参画。2010年から名古屋地区のグループ長として、安全衛生、人事・労政を担当し、2018年に名古屋地区事業所の所長代理に就任。2019年に本社に異動し、責任者として人事システムのリニューアル、BPO拡大プロジェクトを遂行。2022年4月よりHRマネジメント部長(現職)。

TOPICS

TOPIC-1
「人材版伊藤レポート2.0」策定の検討メンバー、元ロート製薬 CHRO髙倉千春氏が徹底解説! 人的資本経営の論点と、これからの人事の役割
~「個」が活きる組織の実現に向けて~

・不確実性の時代における人事の役割とミッション

・これからの時代に必要な人事体制の鍵!「Center of Excellence」と「Business Partner」を髙倉氏が深掘り解説

・「人財」の変遷:「Human Asset」から「Human Capital」へ

・ロート製薬の変革事例に学ぶ、個人と会社組織の理想的な関係とは?

・DE& I Belongings Diversity の新潮流

・人的資本経営を根底で支えるものとは?変革実現に向けた組織風土をいかに醸成するか?

・母屋の隣に「はなれ」をつくる?新しい事業と人財パイプラインの作り方

TOPIC-2
徹底解剖!三菱重工のHR戦略
~三菱重工HRマネジメント部長の引地淳氏に、髙倉氏がズバズバ切り込む!~

・三菱重工のHR戦略の全容

・“戦略人事”の実現を目指しHR組織を大再編!「HRリーダーシップ」「CoE」「HRBP」「ビジネスソリューション」の4つに再編された各機能の役割と狙い

・三菱重工はなぜHR改革の最優先事項として「HRDX」に取り組んだのか?

・人事部門が真っ先に最新デジタルテクノロジーを取り入れる深い理由

・ズバリ質問!「HR改革は狙い通り進んでいますか?」

・HR改革を推進する中で見えてきた新たな課題と今後の方向性

特別セッション(対談)

人事労務の仕事は企業のイメージに直結!
DXの壁を打破するには?

人事・労務は従業員の入社から退職までかかわり続ける「従業員エンゲージメント」や「働きやすさ」に直結する重要な業務ですが「紙」で手続きを行っている企業もまだ多く効率化は急務です。本セッションでは、ホストの高倉氏との対談を通じて人事労務業務の効率化を支援する「Techouse」中川氏がデジタル化を手段としたDXの重要性についてお話しします。

中川 拓也氏

SUPPORTER

中川 拓也

Techouse
執行役員 クラウドサービス事業部長

中川 拓也氏

中川 拓也

Techouse
執行役員 クラウドサービス事業部長

プロフィール

髙倉 千春氏

HOST

髙倉 千春

高倉&Company共同代表
(元ロート製薬 取締役 CHRO)

詳細はこちら

48[月]
13:0014:00

好評につきご視聴登録の受付を終了しました。
たくさんのご登録、誠にありがとうございました。

Special Issue

第3回 Special Issue従業員エンゲージメントと
企業文化

supported by

yappli

番組内容

“人的資本経営”実践の「鍵」?
今こそ見直す従業員エンゲージメントと企業文化

人的資本の重要性が取り沙汰される今、経営戦略実現の鍵をにぎる最大のファクターこそが「人」です。中でも、働き方の多様化、人材の流動化といった社会背景の変化により、重要なキーワードとして浮かび上がってきたのが「従業員エンゲージメント」と「企業文化」の問題です。一人ひとりの個人と組織の関係性を見直し、従業員と企業が共に成長するためにはどのような考え方や施策が有効なのでしょうか。人事だけではなく、経営者、経営企画を含めた全てのビジネスリーダーの皆さまと共に考えたいと思います。

出演者

田中 研之輔氏

HOST

田中 研之輔

法政大学
キャリアデザイン学部 教授

プロフィール
田中 研之輔氏

田中 研之輔

法政大学
キャリアデザイン学部 教授

法政大学 キャリアデザイン学部 教授、プロティアン・キャリア協会 代表理事、キャリアナレッジ 代表取締役社長。UC. Berkeley元客員研究員 University of Melbourne元客員研究員 日本学術振興会特別研究員SPD 東京大学/博士:社会学。一橋大学大学院社会学研究科博士課程修了。専門はキャリア論、組織論。社外取締役・社外顧問を35社歴任。個人投資家。著書32冊。『辞める研修 辞めない研修–新人育成の組織エスノグラフィー』『先生は教えてくれない就活のトリセツ』『ルポ不法移民』『丼家の経営』『都市に刻む軌跡』『走らないトヨタ』、訳書に『ボディ&ソウル』『ストリートのコード』など。ソフトバンクアカデミア外部一期生。専門社会調査士。主著『プロティアン―70歳まで第一線で働き続ける最強のキャリア資本術』。最刊に『実践するキャリアオーナーシップ』『進化するキャリアオーナーシップ』。日経ビジネス、日経STYLE他メディア多数連載。プログラム開発・新規事業開発を得意とする。

平松 浩樹氏

GUEST

平松 浩樹

富士通
執行役員EVP CHRO

プロフィール
平松 浩樹氏

平松 浩樹

富士通
執行役員EVP CHRO

富士通 執行役員EVP CHRO。1989年富士通入社後、主に営業部門の人事を担当。プロダクト事業推進本部勤労部担当部長、ビジネスマネジメント本部セールス&マーケティング人事部長などを経て、2021年執行役員常務CHRO、2022年4月から現職。

TOPICS

・従業員エンゲージメントや企業文化が重視される理由

・富士通CHROの平松氏が語る“ジョブ型人材マネジメントへのフルモデルチェンジ”とは?

・HR変革の出発点「HR Vision」は、いつ・どのようにして生み出したのか?

・富士通のHR変革でベンチマークした企業とは?

・富士通の“ジョブ型”は、欧米流なのか? 富士通オリジナルなのか?

・平松氏が考える従業員エンゲージメントの定義とは?

・従業員エンゲージメントとキャリアオーナーシップの関係性

・これからの日本型雇用のエンジンとなるものとは?

・「従業員エンゲージメントが向上すれば業績も向上する」というのは本当か?

・実際の数字で見る、富士通の従業員エンゲージメントスコアの推移

・「日本企業の従業員エンゲージメントが低いのは国民性が要因」は本当か?

・従業員エンゲージメントは“どうすれば上がる”のか?

・企業文化は本当に変えることができるのか?

・従業員エンゲージメントや企業文化の観点で、マネージャー層に必要な視点とは?

・社内人材の流動化が重要な理由

・横並び意識の強い日本の大企業の中で、富士通が本気の変革に乗り出せた理由

・平松氏が考える、CHROに求められるマインドセットとは?

・人的資本投資の費用対効果の捉え方

特別セッション

従業員エンゲージメントを高める
組織と個人のポテンシャル最大化

社内コミュニケーションが多様化する中、企業と従業員の”良い関係”を築くのは簡単なことではありません。経営ビジョンが浸透しない、従業員を定着させたいといった課題をお持ちの企業も多いのではないでしょうか。本セッションでは、社内アプリを提供する「ヤプリ」より、経営の想いと情報浸透が、従業員と企業の成長にどのように寄与するのか、両者のポテンシャルの最大化と従業員エンゲージメントの関係性についてお話しします。

山本 崇博氏

SUPPORTER

山本 崇博

ヤプリ
取締役執行役員

山本 崇博氏

山本 崇博

ヤプリ
取締役執行役員

プロフィール

詳細はこちら

422[月]
13:0014:00

情報システム

第4回情報システム部門編

supported by

ジョーシス

番組内容

受け身体質からの脱却
「攻め」と「守り」の最適解

今、情報システム部門の役割が見つめ直されています。システムの保守・運用やセキュリティー対策といった「守り」の領域と、AI・IoT・ビッグデータといった最先端技術を活用しDXの実現につなげる「攻め」の領域―。いずれも欠かせない2つを両立させ、企業の成長に貢献していくために、いま情報システム部門には何が求められているのでしょうか。真の経営パートナーとして求められる情報システム部門の在り方、改革の方向性などについて考察します。

出演者

友岡 賢二氏

HOST

友岡 賢二

フジテック
専務執行役員
デジタルイノベーション本部長
(CIO/CDO)

プロフィール
友岡 賢二氏

HOST

友岡 賢二

フジテック
専務執行役員 デジタルイノベーション本部長(CIO/CDO)

早稲田大学商学部を卒業後、松下電器産業(現パナソニック)に入社。独英米に計12年間駐在。ファーストリテイリング業務情報システム部部長を経て、2014年フジテック入社。日本で職業としての最高情報責任者(CIO)を確立すべく、「武闘派CIO」を名乗ってメディア取材を受ける。

板野 則弘氏

GUEST

板野 則弘

三菱マテリアル
CIO(最高情報責任者)
システム戦略部長

プロフィール
板野 則弘氏

板野 則弘

三菱マテリアル
CIO(最高情報責任者)システム戦略部長

1989年三菱化成(現三菱ケミカル)に生産技術エンジニアとして入社し、1996年米国シリコンバレーに3年間駐在。帰国後、2000年より情報システム部門に異動し、eビジネスを推進。2012年に情報システム部長、2018年にDX推進リーダーも兼任。2021年転職にて、三菱マテリアルCIOに就任(現職)。趣味はリベラルアーツ(人類の叡智)、マインドフルネス(禅+脳科学)、ゴルフ。

TOPICS

TOPIC-1
DXを成功させるための組織戦略

・各事業カンパニーとDX戦略をいかにオーケストレーションするか?

・新しい取り組みを開始する際のチームづくりのセオリーとは?

・DXを成功に導くコミュニティのメリットと活用法

・大企業のDX推進の鍵を握るのは「制度」?

・CIOとCDOの関係性はどうあるべきか?

TOPIC-2
「両利きの経営」の実践・ITの利活用とDXの違い

・「両利きの経営」に関する大いなる誤解

・「IT利活用」と「DX」の違いとは?

TOPIC-3
人材・必要なスキルの変化

・人や組織のパフォーマンスをいかにして上げるか?

・パフォーマンス=スキル(経験)×モチベーション(やる気)×集中(考える)

・いかにして新しいアイデアを生み出すか?

特別セッション

<増え続ける煩雑な業務>情シスが
付加価値の高い業務に集中するには?

SaaSやクラウドサービスの利用拡大によりアカウント管理の複雑化、シャドーITの増加など新たな課題が生まれ情報システム部門の業務はより煩雑さを増しています。フジテックCIO友岡氏との対談を通しSaaSとデバイスの一元管理を支援する「ジョーシス」高山氏が情報システム部門が経営パートナーとして付加価値の高い業務に集中するための対策をお話しします。

高山 清光氏

SUPPORTER

高山 清光

ジョーシス
日本統括上級副社長

高山 清光氏

高山 清光

ジョーシス
日本統括上級副社長

プロフィール

詳細はこちら

423[火]
13:0014:00

経理・財務

第5回経理・財務部門編

supported by

sansan

番組内容

事業価値と企業価値を最大化
経理財務は価値創造のパートナーへ

従来、経理財務部門が「経営」や「事業」に直接関与することは多くはありませんでした。しかし昨今、「FP&A(Financial Planning & Analysis)」が注目されていることからも分かるように、経理財務部門に求められる役割は大きく変わろうとしています。経営者や事業部門のパートナーとして、ビジネスの成長を支え、企業価値の最大化に貢献する経理財務部門の在り方、求められるスキルセットなどについて考えます。

出演者

池側 千絵氏

HOST

池側 千絵

ストラットコンサルティング
代表取締役/
経営管理・FP&Aアドバイザー

プロフィール
池側 千絵氏

池側 千絵

ストラットコンサルティング
代表取締役/経営管理・FP&Aアドバイザー

P&G、レノボ、ケロッグなどの外資系グローバル企業の日本子会社でCFO/FP&Aの実務を経験したのち、現在は経営管理・FP&Aアドバイザーとして日本企業の経営管理組織の変革を支援している。東証プライム上場企業社外取締役、慶應ビジネススクール非常勤講師も勤める。著書『管理会計担当者の知識・スキル・役割 ービーンカウンターからFP&Aビジネスパートナーへの進化』

水谷 英一氏

GUEST

水谷 英一

味の素
執行役常務

プロフィール
水谷 英一氏

水谷 英一

味の素
執行役常務

1988年味の素入社、資金・財務および海外法人管理業務を経て、1995年より米国勤務。企業提携等業務の後に、2010年よりブラジル勤務<ファイナンスおよびIT管掌取締役>、決算、税務および企画業務を経て、2019年グローバル財務部長。2023年、執行役常務財務・IR担当に就任。

特別セッション

企業価値創造に向けた経理・財務
「組織」と「業務」の在り方

企業におけるデジタル化の流れが加速する中、紙文化が根強く残る経理部門においても「組織」と「業務」の見直しが求められています。企業価値創造に向け「経営に必要なデータを管理する重要な役割」を全うする経理・財務部門となるために、企業はどのような業務フローを構築すべきでしょうか。その解決策を、インボイス管理サービス「Bill One」を提供するSansanより解説します。

對馬 睦氏

SUPPORTER

對馬 睦

Sansan
Bill One事業部 マーケティング部
オフラインプロモーショングループ
マネジャー

氏

對馬 睦

Sansan
Bill One事業部 マーケティング部
オフラインプロモーショングループ マネジャー

プロフィール

詳細はこちら

59[木]
13:0014:00

経営企画

第6回経営企画部門編

supported by

sansan

番組内容

経営者の参謀として変革をリード
経営企画の「進化」と「真価」

経営企画は日本企業に特有の部門といわれます。その経営企画が扱う領域が今、ますます多様化し高度化しています。全社戦略(経営資源配分)や業績管理といった従前からの役割に加え、新規事業開発、DX、人的資本、サステナビリティなど、多岐にわたる経営アジェンダへの関与が求められています。経営者の「参謀」として、経営企画が果たすべき機能や求められるマインドセットの変化を探ります。

出演者

日置 圭介氏

HOST

日置 圭介

re-Designare 代表
立教大学大学院 ビジネスデザイン研究科 兼任講師

プロフィール
日置 圭介氏

日置 圭介

re-Designare 代表
立教大学大学院 ビジネスデザイン研究科 兼任講師

税理士事務所勤務から英国留学を経て、PwC、IBM、デロイト、ボストンコンサルティンググループ(BCG)でコンサルティングに従事。デロイトでは執行役員パートナー、BCGではパートナー&アソシエイトディレクターを務める。メドレー社外取締役就任を機に、re-Designareを設立し、代表に就任。立教大学大学院ビジネスデザイン研究科兼任講師、日本CFO協会/日本CHRO協会シニア・エグゼクティブ等としても活動している。

横山 之雄氏

GUEST

横山 之雄

日清食品ホールディングス
取締役・CSO 兼 常務執行役員

プロフィール
横山 之雄氏

横山 之雄

日清食品ホールディングス
取締役・CSO 兼 常務執行役員

みずほ銀行(旧:富士銀行)の執行役員を経て、2008年に日清食品ホールディングス入社。執行役員財務部長を経て、2010年以降は取締役・CFOとして財務部門を統括。2021年CSO就任以降は、ESG課題を含む様々な経営課題に対処しながら日清食品グループならではのCSV経営を追求し、中長期成長戦略の成就に向けて取り組んでいる。

特別セッション

収益最大化のためのシナジー創出
実現のカギとなる「2つの人脈」とは?

企業を取り巻く環境の変化は年々加速しており、個の持つ力や知識だけに頼った経営では太刀打ちができなくなっています。これからの企業経営には、社員一人ひとりが持つ強みや人脈を有効活用し、相乗効果を発揮する「シナジーの創出」が必要です。本セッションでは、社内シナジー創出をサポートするSansanより、「社内に眠る2つの人脈」をフル活用し、シナジー効果によって収益を最大化する方法についてお話しします。

新田 竜兵氏

SUPPORTER

新田 竜兵

Sansan
Sansan事業部
エンタープライズ西日本営業部
部長

新田 竜兵氏

新田 竜兵

Sansan
Sansan事業部
エンタープライズ西日本営業部
部長

プロフィール

詳細はこちら

510[金]
13:0014:00

総務

第7回総務部門編

番組内容

「攻めの総務」が企業を強くする
今こそ「戦略総務」へと進化するとき

受け身で定型業務をこなす総務から、自ら積極的に業務を変革し、ビジネスの成長を加速させる総務へ―。このような考え方で注目を集めているのが「戦略総務」です。ハイブリッドワーク全盛の今、経営者のパートナーとしてビジネスの成長を強力にサポートする総務部門の存在が、企業の競争力をも左右する時代が到来しました。いつまでも「縁の下の力持ち」とは言わせない。そんな強い総務部門の在り方を学びます。

出演者

金 英範氏

HOST

金 英範

Hite & Co.
代表取締役社長

プロフィール
金 英範氏

金 英範

Hite & Co.
代表取締役社長

Hite & Co.代表取締役社長。「総務から社員を元気に、会社を元気に!」がモットー。25年以上にわたり、日系・外資系大企業の計7社にて総務・ファシリティマネジメントを実務経験してきた“総務プロ”。インハウス業務とサービスプロバイダーの両方の立場から、企業の不動産戦略や社員の働き方の変化に伴うオフィス変革&再構築を主軸に、独自のイノベーティブな手法でファシリティコストの大幅な削減と同時に社員サービスの向上など、スタートアップから大企業まで幅広く実践してきた。 JFMAやコアネットなどの業界団体でのリーダーシップ、企業総務部への戦略コンサルティングの実績も持つ。Master of Corporate Real Estate(MCR)認定ファシリティマネジャー、一級建築士の資格を保有。

山谷 秋晴氏

GUEST

山谷 秋晴

第一生命保険
総務部長

プロフィール
山谷 秋晴氏

山谷 秋晴

第一生命保険 総務部長

1995年第一生命保険入社。以降、主に営業部門と人事部門に従事したのち、2015年より5年間、シンガポール・インドネシアにて、現地グローバルスタッフの営業活動を支援。2020年度より総務部ファシリティサービス課にて、本社リノベーション計画を担当。2021年度から現職。ワークプレイスの改革を通じ、インフォーマルなコミュニケーションの活性化を図り、well-beingの向上、従業員の新たなチャレンジを支援。

詳細はこちら

514[火]
13:0014:00

第8回(最終回)Overall

supported by

番組内容

ワールドクラスの“バックオフィス”のつくり方
バックオフィス部門は“真”のビジネスパートナーへと進化せよ

「人事」「経理・財務」「総務」「法務」「情報システム」「経営企画」といった部門は、これまで「バックオフィス」という言葉で語られてきました。しかし今、その在り方が大きく変わろうとしています。正確に言うならば、“変わらなければならない時”が到来したのです。変化は怖いものです。しかし、その恐怖を乗り越え変革を実現した先にこそ、私たちの未来は描けます。

「ザ・ガーディアンズ-第1期-」の最終回では、書籍『ワールドクラスの経営』(橋本勝則氏、昆政彦氏との共著 )で、“ワールドクラス”のグローバル企業の行動原理や組織の設計思想を解き明かし、「ファイナンス」「HR」「リーガル」「テクノロジー」のコア・ファンクションの在り方を体系化した日置圭介氏にホストをお務めいただます。ゲストにお招きするのは、早稲田大学ビジネススクールの入山章栄教授です。日本と世界のエクセレントカンパニーを分析し続けてきた両名が、「真のグローバル企業=ワールドクラス」へと脱皮するために日本企業に求められる各部門・機能の在り方、進化の方向性を徹底的に考察。

「ビジネスパートナー」への進化を目指す全てのバックオフィス部門関係者必見の1時間。お見逃しなく!

出演者

日置 圭介氏

HOST

日置 圭介

re-Designare 代表
立教大学大学院 ビジネスデザイン研究科 兼任講師

プロフィール
日置 圭介氏

日置 圭介

re-Designare 代表
立教大学大学院 ビジネスデザイン研究科 兼任講師

税理士事務所勤務から英国留学を経て、PwC、IBM、デロイト、ボストンコンサルティンググループ(BCG)でコンサルティングに従事。デロイトでは執行役員パートナー、BCGではパートナー&アソシエイトディレクターを務める。メドレー社外取締役就任を機に、re-Designareを設立し、代表に就任。立教大学大学院ビジネスデザイン研究科兼任講師、日本CFO協会/日本CHRO協会シニア・エグゼクティブ等としても活動している。

入山 章栄氏

GUEST

入山 章栄

早稲田大学大学院
早稲田大学ビジネススクール
教授

プロフィール
入山 章栄氏

入山 章栄

早稲田大学大学院 早稲田大学ビジネススクール
教授

慶應義塾大学卒業、同大学院経済学研究科修士課程修了。三菱総合研究所でコンサルティング業務に従事後、2008年 米ピッツバーグ大学経営大学院より Ph.D.(博士号)取得。同年より米ニューヨーク州立大学バッファロー校ビジネススクール助教授。2013 年より早稲田大学大学院 早稲田大学ビジネススクール准教授。2019 年より教授。専門は経営学。国際的な主要経営学術誌に論文を多数発表。メディアでも活発な情報発信を行っている。

特別セッション

番組内容調整中

概要が固まり次第、本サイトで告知いたします。

箕輪 久美子氏

SUPPORTER

箕輪 久美子

Tagetik Japan
代表取締役社長

箕輪 久美子氏

箕輪 久美子

Tagetik Japan
代表取締役社長

プロフィール

詳細はこちら

「ザ・ガーディアンズ」番組概要

配信日時

第1回 法務部門編 3月27日(水)13:00-14:00

第2回 人事部門編 3月28日(木)13:00-14:00

第3回 Special Issue:
従業員エンゲージメントと企業文化 編
 4月8日(月) 13:00-14:00

第4回 情報システム部門編 4月22日(月)13:00-14:00

第5回 経理・財務部門編 4月23日(火)13:00-14:00

第6回 経営企画部門編 5月9日(木)13:00-14:00

第7回 総務部門編 5月10日(金)13:00-14:00

第8回(最終回) Overall 5月14日(火)13:00-14:00

視聴方法

無料(事前登録制)

・Japan Innovation Review/JBpressの会員(無料)であれば、どなたでもご視聴いただくことができます。

・ご視聴には事前登録が必要です。各回の視聴登録の締め切りは配信日の前営業日の15:00です。

ご注意事項

・番組内容は変更になる可能性があります。あらかじめご了承ください。

・会員登録(無料)された方以外の視聴は固くお断りいたします。

・視聴できるのは、事前のご登録をいただいた方のみとなります。

・動画の内容は著作権で保護されています。録画、録音、スクリーンショットおよび転送などについては固くお断りいたします。詳細は「著作権について」をご参照ください。

・ネットワーク環境が良い場所でご視聴ください。

・動画配信システムの安定運用に万全を尽くしておりますが、システムトラブルやお客様の環境、配信時の回線状況などによりましては、やむを得ず中止・中断・遅延する可能性がございますので、あらかじめご了承ください。

・動作環境に関しましてはこちらをご確認くださいませ。

協力
Lisse

第1回 法務部門編
3月27日(水)13:00-14:00

techouse

第2回 人事部門編
3月28日(木)13:00-14:00

yappli

第3回 Special Issue 従業員エンゲージメントと企業文化編
4月8日(月)13:00-14:00

joshis

第4回 情報システム部門編
4月22日(月)13:00-14:00

sansan

第5回 経理・財務部門編
4月23日(火)13:00-14:00

sansan

第6回 経営企画部門編
5月9日(木)13:00-14:00

tagetik

第8回(最終回)Overall
5月14日(火)13:00-14:00

お問い合わせ Japan Innovation Review 運営事務局
(jir_info@jbpress.co.jp)
新規会員登録(無料)および
視聴登録はこちら
既存会員の方の
視聴登録はこちら