2018.6.23

JBpress「プレミアム会員」が続々と増えています。
登録(月額540円、初月無料)はこちらから!

  • 新着一覧
  • ランキング
  • facebook
  • twitter
  • RSS
  • 会員登録

スポーツ

日本のスポーツを強化する方法、スポーツのあり方、世界各国のスポーツ事情、スポーツの楽しみ方などについて考えます。
W杯まもなく開幕、サッカーの至上の歓び 国際

W杯まもなく開幕、サッカーの至上の歓び
問題が多々あっても、ロシア大会には祝う価値がある

国際 6月14日にロシアで始まるサッカー・ワールドカップ(W杯)には、数十億人のファンが自らの希望を託すことだ… 2018.6.14
人生をリセットしたいときに読むスポーツ文学(2) ライフ

人生をリセットしたいときに読むスポーツ文学(2)
スポーツの挑戦、伝説、敗者、娯楽を目撃するノンフィクション

ライフ スポーツは、勝敗がはっきり決まるシビアな世界だ。一度は負けた者たちが過去をリセットし、もう一度立ち上… 2018.6.7
人生をリセットしたいときに読むスポーツ文学(1) ライフ

人生をリセットしたいときに読むスポーツ文学(1)
ダメだ、と思ったところから始まるスポーツ小説4選

ライフ スポーツは、勝敗がはっきり決まるシビアな世界だ。一度は負けた者たちが過去をリセットし、もう一度立ち上… 2018.6.5
PR
PR
地元漁協が挑んだ「マス釣りの聖地」中禅寺湖の復活劇 地域

地元漁協が挑んだ「マス釣りの聖地」中禅寺湖の復活劇
釣り客と民間企業に支えられた奇跡の舞台裏に迫る

地域 福島第一原子力発電所の事故を機に、栃木県日光市の中禅寺湖を訪れる観光客や釣り客は激減。地域経済を支え… 2018.6.4
あえて言う「やはり土俵は女人禁制」 ライフ

あえて言う「やはり土俵は女人禁制」
山の神を女性と見なし崇拝する修験道の原理が根底に

ライフ 土俵の女人禁制に批判が集まっているが、一般に信じられているような「血の穢れ」が理由ではない。相撲の女… 2018.5.17
PR
PR
PR
W杯まもなく開幕、サッカーの至上の歓び
問題が多々あっても、ロシア大会には祝う価値がある
[The Economist] 2018.6.14
人生をリセットしたいときに読むスポーツ文学(2)
スポーツの挑戦、伝説、敗者、娯楽を目撃するノンフィクション
[大矢 博子] 2018.6.7
人生をリセットしたいときに読むスポーツ文学(1)
ダメだ、と思ったところから始まるスポーツ小説4選
[大矢 博子] 2018.6.5
PR
地元漁協が挑んだ「マス釣りの聖地」中禅寺湖の復活劇
釣り客と民間企業に支えられた奇跡の舞台裏に迫る
[大島 七々三] 2018.6.4
あえて言う「やはり土俵は女人禁制」
山の神を女性と見なし崇拝する修験道の原理が根底に
[新潮社フォーサイト] 2018.5.17
野球の歴史を変えたベーブ・ルースと大谷翔平
映画と旅する歴史の舞台~米国篇(17) 狂騒の時代のヒーローとヴィラン
[竹野 敏貴] 2018.4.25
PR
あんなにいた『巨人ファンはどこへ行ったのか?』
自分で調べる必要はないが誰もが抱く素朴な疑問
[HONZ] 2018.4.24
「野球クジ」で野球人気の先細りは救えない
野球界はこれまでの姿勢を貫き、自ら再生する努力をせよ
[新潮社フォーサイト] 2018.3.22
「遅咲き」宮里優作が「父との約束」を実現する日
大きな浮き沈みを経てようやくつかんだマスターズへの切符
[新潮社フォーサイト] 2018.3.15
大相撲の闇の部分を暴く宝島社の自信作
スポーツファンにお薦めするノンフィクション3冊
[栗澤 順一(さわや書店)] 2018.3.10
平昌でも露呈、欧米えこひいきの冬季五輪採点
氷上のバンブーシーリング、変らぬ欧米偏重主義の実態はこうだ
[末永 恵] 2018.3.2
Yuzuru Hanyu speaks at FCCJ in Tokyo, Japan after the Olympics [The Japan Times] 2018.3.1 Unveiling the official mascots for the Tokyo 2020 Olympic and Paralympic Games [The Japan Times] 2018.3.1 「美女応援団」を霞む存在にした日本の女性選手たち
不屈の努力、ここぞという勝負魂、そして笑顔
[筆坂 秀世] 2018.2.27
「相撲道」の精神を失った角界に愕然
協会の権威失墜がもたらした混乱に終止符を
[森 清勇] 2018.2.27
仰天内容続出!青瓦台の「国民請願」爆走中
サムスン裁判判事を罷免せよ、五輪選手地位剥奪を
[玉置 直司] 2018.2.22
過激な表現で平昌五輪を揶揄するラップが大流行
平和五輪どころか韓国内の分裂を煽る文政権に呆れる国民
[アン・ヨンヒ] 2018.2.8
冬季五輪まで1週間-韓国での関心は裁判所にも
開幕式前後に重要裁判目白押し
[玉置 直司] 2018.2.1
初優勝の栃ノ心、ユーラシア・怪力の系譜
ジョージア格闘史を振り返る
[前田 弘毅] 2018.2.1
新春恒例の大予測:FT執筆陣が占う2018年の世界
メイ英首相の今後から米中貿易戦争、ビットコインまで
[Financial Times] 2018.1.5
次へ
1 2 3 4
有料会員のご案内

初月無料 / 月額540円

  •  - プレミアム会員限定の記事を配信
  •  - 人気コラムニストの特別セミナーへご招待
  •  - スマホでの閲読がより快適に
PR