2018.4.25

JBpress「プレミアム会員」が続々と増えています。
登録(月額540円、初月無料)はこちらから!

  • 新着一覧
  • ランキング
  • facebook
  • twitter
  • RSS
  • 会員登録
The Economist
1845年創刊の英国の有力経済誌で、特に経済、国際政治に関して世界的に権威のある媒体とされる。知識層からの信頼が厚く、歴史観と見識に富んだ鋭い分析、オピニオン記事に定評がある。世界発行部数は約142万部。
トランプ一強時代の危うさ 国際

トランプ一強時代の危うさ
米共和党は一体全体どうなってしまったのか?

国際 共和党か民主党かを問わず、大統領は自分の政党を自分のイメージに合わせて作り直したいと考えるのが常だ。… 2018.4.24
フェイスブック騒動:ザッカーバーグ、都へ行く 国際

フェイスブック騒動:ザッカーバーグ、都へ行く
会社側が対策を講じない場合、議会がその役目を担うのか?

国際 「あの人たち、『俺を信用』してるんだよ・・・ばかだよなぁ」。フェイスブックのマーク・ザッカーバーグ最… 2018.4.20
モラー特別検察官の捜査と「法の支配」の危機 国際

モラー特別検察官の捜査と「法の支配」の危機
ロシアの選挙介入だけではない、法治国家の根底を揺るがす問題

国際 古いことわざには、「権力は腐敗する」とある。しかし、ドナルド・トランプ大統領の政権はその反対の事例だ… 2018.4.18
PR
PR
殺人事件の脅威から世界を救え 国際

殺人事件の脅威から世界を救え
戦争より多くの命を奪う暴力犯罪、殺人発生率を下げる方法とは

国際 途上国の一部の都市で殺人が急増する見通しだ。地球はこのところ、まれに見る平和な日々を送っている。コン… 2018.4.13
テスラに迫り来る資金ショートの危機 国際

テスラに迫り来る資金ショートの危機
笑えないエープリルフールの冗談、自動車ビジネスは地獄

国際 「悲しいお知らせです。テスラが完全に経営破綻しました」。電気自動車(EV)メーカー、テスラのイーロン・… 2018.4.11
PR
PR
PR
トランプ一強時代の危うさ
米共和党は一体全体どうなってしまったのか?
[The Economist] 2018.4.24
フェイスブック騒動:ザッカーバーグ、都へ行く
会社側が対策を講じない場合、議会がその役目を担うのか?
[The Economist] 2018.4.20
モラー特別検察官の捜査と「法の支配」の危機
ロシアの選挙介入だけではない、法治国家の根底を揺るがす問題
[The Economist] 2018.4.18
PR
殺人事件の脅威から世界を救え
戦争より多くの命を奪う暴力犯罪、殺人発生率を下げる方法とは
[The Economist] 2018.4.13
テスラに迫り来る資金ショートの危機
笑えないエープリルフールの冗談、自動車ビジネスは地獄
[The Economist] 2018.4.11
国際貿易、トランプ大統領が目論むディールの危険
たとえ米国が譲歩を勝ち取っても、世界は心配した方がいい
[The Economist] 2018.4.6
PR
AIに監視される未来の職場
希望と懸念を生む技術の進歩、バランスを取るために必要なこと
[The Economist] 2018.4.4
中国がコバルト市場を牛耳ったらどうなるか
「精霊の金属」のいたずら? バッテリー用鉱物の争奪戦
[The Economist] 2018.3.30
ポスト・プーチンをめぐる争いの狼煙
権力の絶頂にいるロシア皇帝と台頭する次世代エリート
[The Economist] 2018.3.28
ベネズエラの暗号通貨は起死回生策か、ただの詐欺か
原油を裏づけとした「ペトロ」、インフレ対策としては一理あり
[The Economist] 2018.3.23
デジタル覇権をめぐる米中の争い
2大経済国が真っ向から衝突、トランプ大統領の対策は「落第」
[The Economist] 2018.3.21
南アジアで中国のインフラがもたらす債務と敵意
インド洋の覇権争い、次の舞台はモルディブの小さな島?
[The Economist] 2018.3.16
国際貿易に大きな脅威
トランプ大統領の保護主義でルールに基づく体制が重大な危機に
[The Economist] 2018.3.14
米国の税制とドル相場の行方
資本が本国へ還流するが、その理由は好ましくない
[The Economist] 2018.3.9
西側はいかにして中国を誤解したのか
独裁国家へと歩み始めた中国、世界の地政学に大きな影響
[The Economist] 2018.3.7
中国のラストベルトから得られる教訓
さびれた工業地帯の「汚職工場」、経済全体の行方を左右
[The Economist] 2018.3.2
西側民主主義国に干渉するプーチン大統領
ロシアが駆使する卑劣な手段、脅威への対応が不可欠
[The Economist] 2018.2.28
米国財政、巨額赤字の「実験」をどう解釈するか
最大のダメージをもたらすのは政治的な影響かもしれない
[The Economist] 2018.2.23
朝鮮半島のデタントは息抜き
南北対話に万歳二唱、手放しでは喜べない理由
[The Economist] 2018.2.21
「死の収容所」に関するポーランドの新法が物議
アウシュビッツ解放から75年、歴史をめぐりなお続く戦争
[The Economist] 2018.2.16
次へ
有料会員のご案内

初月無料 / 月額540円

  •  - プレミアム会員限定の記事を配信
  •  - 人気コラムニストの特別セミナーへご招待
  •  - スマホでの閲読がより快適に
PR