2016.10.1

IoTの今が分かる新サイト「IoT Today」 オープンしました!
JBpress「プレミアム会員」初月無料をお試しください。

古森 義久

 

産経新聞ワシントン駐在客員特派員。1963年慶應義塾大学経済学部卒業後、毎日新聞入社。72年から南ベトナムのサイゴン特派員。75年サイゴン支局長。76年ワシントン特派員。81年米国カーネギー財団国際平和研究所上級研究員。83年毎日新聞東京本社政治部編集委員。87年毎日新聞を退社して産経新聞に入社。ロンドン支局長、ワシントン支局長、中国総局長、ワシントン駐在編集特別委員兼論説委員などを経て、2013年から現職。2010年より国際教養大学客員教授を兼務。2015年より麗澤大学特別教授を兼務。『日中再考』『オバマ大統領と日本沈没』『憲法が日本を滅ぼす』『「無法」中国との戦い方』など著書多数。

北朝鮮崩壊の前に事前協議を、米国が中国に働きかけ 国際

北朝鮮崩壊の前に事前協議を、米国が中国に働きかけ
政権崩壊時に危惧される米中の軍事衝突

国際 オバマ政権の北朝鮮政策はこのところ行き詰まりの観がある。だが超党派の大手外交政策研究機関の報告による… 2016.9.28
大物強硬派のトランプ陣営入りで北朝鮮に先制爆撃? 国際

大物強硬派のトランプ陣営入りで北朝鮮に先制爆撃?
元CIA長官ウールジー氏が上級顧問に就任

国際 ドナルド・トランプ氏の陣営に、元CIA長官のジム・ウールジー氏が国家安全保障政策の上級顧問として参加し… 2016.9.27
どこが平和なのか?国民が拉致されたままの日本 国際

どこが平和なのか?国民が拉致されたままの日本
「拉致国民大集会」で拉致被害者家族が見せた怒り

国際 増元照明さんと横田早紀江さんが日本国のあり方を非難するのもきわめて当然だろう。国家にとって自国民を守… 2016.9.21
PR PR
2016年は“新聞が死んだ年”になってしまうのか 国際

2016年は“新聞が死んだ年”になってしまうのか
「米国新聞協会」が改称、ついに消える「新聞」の文字

国際 ――。こんなショッキングな書き出しの記事が「ニューヨーク・タイムズ」(9月5日付)に掲載された。 2016.9.14
いつでも自由に尖閣に近づける状態にしたい中国 国際

いつでも自由に尖閣に近づける状態にしたい中国
米海軍大学教授、トシ・ヨシハラ氏に聞く中国の狙い

国際 「中国はまず尖閣海域に恒常的なプレゼンスを確立して、日本側の施政権を突き崩そうとしているのだと思いま… 2016.9.10
PR 北朝鮮崩壊の前に事前協議を、米国が中国に働きかけ
政権崩壊時に危惧される米中の軍事衝突
[古森 義久] 2016.9.28
大物強硬派のトランプ陣営入りで北朝鮮に先制爆撃?
元CIA長官ウールジー氏が上級顧問に就任
[古森 義久] 2016.9.27
どこが平和なのか?国民が拉致されたままの日本
「拉致国民大集会」で拉致被害者家族が見せた怒り
[古森 義久] 2016.9.21
PR 2016年は“新聞が死んだ年”になってしまうのか
「米国新聞協会」が改称、ついに消える「新聞」の文字
[古森 義久] 2016.9.14
いつでも自由に尖閣に近づける状態にしたい中国
米海軍大学教授、トシ・ヨシハラ氏に聞く中国の狙い
[古森 義久] 2016.9.10
失踪の米国人青年、「北朝鮮が拉致」と世界が報道
平壌で英語教師になっていた~12年目にして発覚した新事実
[古森 義久] 2016.9.7
PR 「米国は旗色を鮮明にせよ」と元米国防総省日本部長
尖閣問題に米国はどう関与するのか
[古森 義久] 2016.9.2
国際社会を味方につけて中国の尖閣奪取を阻止せよ
ジョージ・ワシントン大学ロバート・サター教授に聞く日本の対抗策
[古森 義久] 2016.8.31
ランド研がリアルに予測、米中戦争はこうして起きる
発端は尖閣紛争?日本の動きが決着を左右する
[古森 義久] 2016.8.24
「中国への対応は日本が決めること」と米専門家
エスカレートする中国の尖閣侵入、米国はどう見ているのか
[古森 義久] 2016.8.20
尖閣に迫る中国、日本はどう対応すべきか
米専門家が警告、中国の尖閣奪取計画は確実に次の段階へ
[古森 義久] 2016.8.17
ベトナム戦争に見る共産党の“連合”戦略の裏側
共闘する味方を裏で操り、容赦なく切り捨てる
[古森 義久] 2016.8.10
米国の大学で中国人留学生の「不正」が蔓延
米国議会に諮問機関が警告、このままでは米国の教育が危ない
[古森 義久] 2016.8.8
米国の北朝鮮政策は「政権崩壊」が前提に
金正恩を名指しで犯罪人扱いするオバマ政権
[古森 義久] 2016.8.3
にわかに日本会議を叩き始めた欧米メディア
「日本会議が日本に軍国主義を復活させる」と報じる
[古森 義久] 2016.7.27
北朝鮮市民の模範的生活、“演出”だったと暴かれる
波紋を呼ぶ映画「太陽の下」、妨害工作はMoMAに対しても
[古森 義久] 2016.7.20
改憲論議で無視してはならない日本国憲法の「出自」
憲法を書いた実務責任者が語った驚くべき舞台裏とは
[古森 義久] 2016.7.18
中国が沖縄で展開する日米同盟分断工作
米国議会の政策諮問機関が警告
[古森 義久] 2016.7.13
「中国軍はヘリで尖閣を急襲する」と米研究機関
東シナ海制覇を目論む中国の野望
[古森 義久] 2016.7.6
英国のEU離脱、米国では「よくやった」の声も
改めて問われるEUの存在意義
[古森 義久] 2016.6.29
次へ