2018.8.17

JBpress「プレミアム会員」が続々と増えています。
登録(月額540円、初月無料)はこちらから!

  • 新着一覧
  • ランキング
  • facebook
  • twitter
  • RSS
  • 会員登録
中田 行彦
立命館アジア太平洋大学名誉教授。工学博士(大阪大学)、博士(技術経営:立命館大学)。1946年、京都生まれ。神戸大学大学院卒業後、早川電機工業(現・シャープ株式会社)へ。太陽電池の研究開発、液晶の研究開発に関わり、液晶事業本部技師長等を歴任。その間、シャープアメリカ研究所研究部長等も務める。2004年から、立命館アジア太平洋大学の教授として「技術経営」を教育・研究。現在は名誉教授を務める。著書に『シャープ「企業敗戦」の深層』『シャープ「液晶敗戦」の教訓』等がある。
シャープ白物家電撤退の衝撃、これが戴社長の真意だ 国内

シャープ白物家電撤退の衝撃、これが戴社長の真意だ
戴正呉社長の鴻海流「日本型リーダーシップ」の行方

国内 シャープが白物家電の国内生産から撤退することを発表した。鴻海傘下で再建が進んでいたはずの同社になにが… 2018.8.9
シャープOBが株主総会で見た鴻海流合理化精神 産業

シャープOBが株主総会で見た鴻海流合理化精神
脱液晶を宣言したシャープ・鴻海連合の「光と影」

産業 シャープで長年にわたって太陽電池や液晶の研究開発に従事し、その後大学で技術経営を教えてきた筆者が、古… 2018.6.28
シャープと東芝、何が運命を分けたのか ビジネス

シャープと東芝、何が運命を分けたのか
東芝パソコン事業を飲み込むシャープ復活の軌跡

ビジネス シャープと東芝、ともに存亡の危機に瀕した企業だ。しかし、シャープは完全復活し、一方の東芝はまだ危機か… 2018.6.18
PR
PR
有料会員のご案内

初月無料 / 月額540円

  •  - プレミアム会員限定の記事を配信
  •  - 人気コラムニストの特別セミナーへご招待
  •  - スマホでの閲読がより快適に
PR